Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.25
5つ星のうち3.2
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
2
星2つ
1
星1つ
0
価格:¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

ロードレーサーで100kmくらい普通に走れる様になり、レースには参加しないけれどもロングライドには興味がある、といったライダーを対象読者にしたのだろうとは思うが、内容的にやや中途半端さを感じた。

氏が出版している雑誌「ランドヌール」読者からすると、ムック形式の同誌とは違い写真が少ない上にモノクロだし、目新しい情報も少ない(同誌の記事をそのまま使いまわした頁もある)上に、初心者向けのまとめとしても情報量は豊富とはいえない。ブルベを含む自転車趣味は機材スポーツの特性が強い一方で、ブルベ自体はマイナーな遊びだから、機材の具体的解説が弱いというのは、初心者向けの解説本としてはどうか。自分で工夫して楽しむ遊びだから、あまりマニュアルマニュアルした本を出版するのは違うという言い方もできるが、「技術」と銘打った本なのだからそういう意図でもないのだろうし。

また、本書のメインテーマではないのだろうが、自転車で風を切って遠くまで行くこと、旅することの楽しさも、本書からはあまり感じられない(どちらかというとブルベの苦行的側面を機材でどう切り抜けるか、という内容に仕上がっている様にも感じられる)。ロングライドは非常に趣味性の高い遊びで、つまりは苦行を楽しむといった風情のある自己満足度の高い趣味だから読者を選ぶのかもしれないとも思うが、自転車で旅することの楽しさ、ロングライドのワクワク感もどこか薄かったのも惜しい。
0コメント|24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年7月14日
著者はさすがにその道の人というだけあって、実力はあるのでしょう。
実際に2回(うち1回は24時間以内)も500kmを走破できたというのは羨ましい限りです。
しかし、優秀な学生が必ず優秀な先生になれるかというと、決してそんなことはないわけで。

1章ではロングライドのための車種の選定、携行する装備、専用ウェアの紹介。
2章ではロングライドの第一段階として100kmを目指すための準備(整備、洗車)、目的地の選定、サイクリングロードの活用法、心拍計の活用法、休憩や補給の方法など。
3章からは「本格的なロングライドの説明」とありますが、少し考えれば分かること、少し調べれば分かること、などばかりで、読むのが億劫になってきます。

ウェアの選び方は走る時期を考えれば分かります。輪行は用意する段階で調べるだろうし、ギア比もGPSもルート選びの段階で決めるでしょう。
どれもインターネットで調べれば簡単に分かるような情報ばかりで、詳細な解説というわけではないです。
ロングライドに興味があれば自ずと知っているような情報ばかりだし、「ブルベ 反省」あるいは「ロングライド 必要 装備」などの検索で、この本よりももっとためになる経験談をブログなどの記事で読むことができます。

4章以降で、ようやく実用性のある内容が入ってきます。
ブルベ参加の方法と必須装備(これは調べれば分かる)、ブルベ難易度の大まかな見分け方、キューシートの活用法、筆者が実際に使用した携行品のリスト、経験談からの時間の活用法などなど。5章はさらに長距離を走るためのコツ(?)のようなもの。

前半、ロングライドやスポーツ自転車自体に馴染みのない人に説明するのには良い項目だとは思います。
が、一つ一つ丁寧に解説してあるかというとそうでもなく、実体験との絡め方が少なく、あまり参考にはならないでしょう。
後半、欲しい所に図説がなくボリュームも少ないという難点があるものの、(前半よりは)参考になります。

全体を通して、実用的な範囲はわずか三分の一以下といったところ。実走した500kmのくだりはエピローグのみ。そもそもターゲットの読者層が不鮮明で、まったくスポーツ自転車を知らない初心者には前半の導入が不十分です。ロングライドには挑戦したことがない、あるいは挑戦しているが距離が稼げない、という経験者には前半の内容は必要ないでしょう。痒いところに手が届かず、帯に短し襷に長し。タイトルからしてスポーツ自転車を知らない人間が手に取ることはあまりなさそうだし、ある程度知っていて、その上で長距離を走れるようにノウハウを知りたいという人間の方が手に取ることが多いのではないでしょうか。
必要な情報は後半にしか無い上に、ただ一人の経験を基にしたものであるということ、ちょっと調べれば体験談はそこら中に転がっていて、しかも全て無料で読めるということを加味すれば……。

少なくとも、実際に手に取って内容を軽く確かめるまで購入するのはちょっとおすすめできません。
情報の新鮮さや量はネットに適わないのだから、せめて情報の精度を上げるために文献を引用するとか、科学的な観点からロングライドのコツを語るとか、そういった試みをしても良かったんじゃないでしょうか。
「非体育会系」という謳い文句は文化系や頭脳派という意味ではなく、ただ一人の「経験則」の言い替えであることに注意です。
0コメント|123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2014年8月13日
他家のガレージに停めてあった自転車を撮影し、オークションに出品し、
落札された自転車は、盗んで‥というとんでもない芸人さんのニュースを
覚えている方も多いと思うが、あの事件の被害者こそ、この本の著者、田村氏である

高校時代に、鉄道でもバスでも、非常に通学しにくい学校に進学してしまった田村氏、
自転車通学に目覚め、どちらかというとオタク系の趣味を持っていたと思われる
田村少年は、ガチガチのチャリンコ少年になっていく。

長じて、今は自転車雑誌を2誌も出す、出版社を経営されているのだが、
自転車雑誌の中でも、長い距離をゆるく(といっても、普通の人がいきなりは
走れない速度ですが‥)走る方に特化した雑誌なので、
同じ趣味をもつ方を広めれば、自社の刊行物を販売促進にもなる
ということなのか、時々、自社以外の大手出版社から
著作を出されています。

『鉄道で広がる自転車の旅 「輪行」のススメ』と2作を拝読しましたが、
こちらの作品の方が、突き抜けた田村イズムが良く分かり、
自転車乗りからは拒絶反応があるかも知れませんね

まず、田村氏、謙遜されておられるが、全くの市井の自転車のりとしては、
かなり走れる方です。しかも『仕事』の一環としてトレーニングして、レースで
走れちゃうのがずるい。

そして、これもジャーナリスト特権ですが、使用品は全て一流品。
本書で紹介される、氏の愛車は、2台ともオーダーメード品です。
家計の都合もあって、これは中々出来ないですな!

さらに、経営者としてお忙しいということで、時間を金で買うということを
徹底されています。一番驚いたのは、ドロップハンドルの自転車の
ハンドルに巻きつけてあるテープ(バーテープと言います)まで、
お店の人に巻いて貰っていると書いてあること。まあ、大相撲の
力士で、自分でお尻が拭けず、付き人に拭いてもらう人がいる
という話は、聞いたことがありますが(今はウォッシュレットでしょうね‥)
自転車のりにとってはそれくらい唖然とする話です

このように、自分の置かれた環境を考慮しながら、とことん理知的に
攻めて行くのが田村流。冷静に読めば、決して個人的な経験、感想に
基づいて書かれている訳ではなく、機材選びも、実際には
色々試行錯誤の末の機材選択なのが分かるのですが、
中々そういう風には読めませんな。

私が冷静になれたのは、最近、仕事が忙しくて自転車に乗れてないから
かも知れません。

この本の欠点は、余りにも生の情報を濾過しすぎていて、人を惹きつける
力に欠けること。たとえば、冒頭の著者の出身校の話題にしても、
私は、実家が彼と同じ学区内にあったので、彼の母校はきっと
あそこだな、彼は某上水を遡り、某街道に出ていたのかな?とか
道筋まで想像できますが、別にリアルな学校名を出しても
差し障りはないはず。そうすると、紙数が何倍かに
膨れますが、それで良いのではないですかね。
ちょっと、分野違いですが、石田ゆうすけさんの本だって
結構分厚くても売れてますからね!
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月21日
最近のプロ選手は小さめのバイクに乗っていて、それを見て小さめのバイクを選ぶのは如何なものかという意見は賛同します。プロは早く走るためにそうしているのであって、長い距離を楽に走るのにはどうかと?まったくの同意見です。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年8月13日
私自身ブルベをやる予定はないです。
でも100km以上のロングライドへの
関心はあります。ロングライドの入門
編として参考になりました。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告