カスタマーレビュー

6
5つ星のうち3.8
星5つ
2
星4つ
1
星3つ
3
星2つ
0
星1つ
0
シャーロック・ホームズの科学捜査を読む
形式: 単行本変更
価格:¥2,160+Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2014年10月18日
 シャーロック・ホームズとはヴィクトリア時代に活躍した世界最初の諮問探偵です。
 彼を作り上げたコナン・ドイルの意図はともかく、出版時には最初のもたつきののちに一大ブームを巻き起こし、今もなお大英帝国が世界に君臨したヴィクトリア時代へのノスタルジーと共に根強いファンを持っています。
 しかし彼の本質は、当時まだ経験と勘に頼るだけの警察の捜査活動に、「近未来的」とさえ言えるほどの画期的な科学的手法を取り入れた、新しいヒーロー像だったと思うのです。そこには、超自然も超科学もありません。彼は、19世紀から20世紀へと近代化が進む中で、当時の一定以上の教養レベルの人なら見まわしてこれなら自分にもできるかもしれないと思わせる、足が地に付いた科学的捜査を率先して行ったのです。
 その手法は、100年という時が経過した今では、もはや古びた形骸でしかありません。悲しいかな、これは事実。しかしその精神は、今なお生きています。
 作者は犯罪史・法医学史の専門家の立場で、ホームズ譚のさまざまな記述を例にとりつつ、ヴィクトリア時代前後に科学的捜査法にどんな発達があったのかを描いています。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
10人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2009年3月4日
 シャーロック・ホームズが活躍した19世紀末から20世紀初頭の頃、日常身辺の科学が急速に発達した。それは、その後犯罪捜査に活かされ、指紋・足跡・弾道痕・血痕・毒物・付着物などが犯人検挙に使われるようになった。ホームズは、まさに犯罪捜査における時代の変わり目に活躍した探偵であったと言える。

 本書は、ホームズ物の小説の中で交された会話の断片を中心にして、それ以前に起こったさまざまな殺人事件の捜査のあらましと、それ以後に開発され警察が採用するに至った科学捜査の手法を対比しながら、犯人検挙の虚々実々の歴史をたどったものである。現実に起こった数々の事件を振り返りながら、科学の知見が現実の犯罪捜査に活かされるようになった歴史がよくわかるし、推理小説の種本を読む思いがする。

ホームズの生みの親コナン・ドイルにはさまざまな先達がいた。良き恩師でありホームズのモデルとなったジョゼフ・ベル、変装の名人で犯罪の手口に詳しかったユージーン・ヴィドック、犯罪学教授にして捜査規範を出版したハンス・グロス、ささいなことにも注意を払うことを奨励したヘンリー・ゴダードなどである。ドイルは、彼らならどう対応しただろうかと想像しながら筆を進め、また同時代に起こった事件についてあれこれ推理したのであろう。現実の事件と類似した状況を小説に取り入れ、ホームズに名推理を展開させているからだ。著者のうんちくをこれでもかと言わんばかりの数々の事件の裏話が実に興味深い。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
11人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2010年3月23日
内容については★5だったが、訳しかたがイマイチでね。
偏見も多く感じる。それがホームズや他の登場人物の時代背景ならそれなりの記しかたがあるだろう。
日本語としての文章表現がね……良さが薄らぐ。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
10人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2009年5月21日
ホームズが語ればこうなるか?という客観的な事象の捉え方、構成にホームズファン(シャーロッキアン)はポイントをおくと思う。
索引は詳しく充実している。
先にレビューを書いた方と同様に、ショッキングな描写が多々あるので、そういうものに嫌悪がある方にはおすすめできない。(女性科学者の視点と思うとまた違った見方ができるかもしれないけれど。)
日暮雅道氏の翻訳に慣れていないせいか、日本語として読みづらい箇所があり、意味をつかみづらいところも多い。英文の関係代名詞をそのままに訳しているのでは?という部分・原文どおりでなくても改行すべきでは?など、意訳でも良いので読みやすい「日本語」にして欲しかった。
1コメント1件このレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
5人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
2009年8月6日
 この本を読むまで、ホームズはやや自信過剰気味に好き勝手な推理をして
犯人を当てていたのだと愚かにも思っていましたが、
 そして、同時進行的に、法医学は20世紀に入ってから発達したのかとも思っていましたが、
ホームズの時代、すなわち19世紀半ばには急速に発展していきました。
それまで、ちょっと分からない難事件・怪事件につきあたると、あやかしの世界のせいに
していた社会が、「科学」という「動かせない事実」を基に、理論的に犯人を
突き止めるようになったのです。
 ホームズの時代はそんな時代の黎明期でした。
この本では、ホームズが活躍する前後に、実際にヨーロッパのあちこちであった
殺人事件を元に、指紋・血痕・毒物など精密・複雑な科学捜査や法医学のなりたちと発展が
書かれています。
 イラストや写真はありませんので、生々しい描写と言っても
本人の想像力しだいで何とかなりそうです。
 法医学に興味のある人、シャーロキアンにはとても魅力的な本です。
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
9人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
VINEメンバー2009年4月13日
現代の犯罪捜査で使われる科学捜査の黎明期の様子をシャーロック・ホームズの物語と絡めて紹介しています.実際の事件とそこに用いられた捜査方法は興味深いものですが,先にホームズ物語を一通り読んでおくと「あの場面か!」といった感動が得られるのではないかと思います.

また,科学捜査といってもあくまで殺人事件などの凶悪犯罪に対する捜査ですので,テレビで見るようなスマートなものではなく,かなり生々しい記述で書かれています.この手の話が苦手な方はやめておいた方がよいでしょう.
0コメントこのレビューは参考になりましたか?はいいいえフィードバックを送信中...
フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
     
 
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
シャーロック・ホームズの思考術
シャーロック・ホームズの思考術 作者 マリア コニコヴァ (単行本 - 2014/1/24)
¥ 2,592


最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件
最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事
作者 ケイト・サマースケイル (単行本 - 2011/5/20)
¥ 3,024