消滅都市ストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.05
5つ星のうち5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
価格:¥7,920+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2009年1月28日
「横山版三国志」を見ると漢の高祖についての記述が見られますが、
今作が正に四百年の基礎を築いた劉邦と西楚の覇王項羽の戦いを描いた興亡史です。
今作は「仁の劉邦」と「武の項羽」と非常に分かり易い対比な為、直ぐに作品に入っていけるでしょう。

その武は天下を覆う程と称された項羽と百敗将軍とあだ名される劉邦でしたが、
賢臣や忠義の臣に支えられる劉邦は次第に項羽を追いつめていきます。
天下最強を自負していた項羽ですが、家来の意見をき聴かず敵対する都市の住民を虐殺する等自然と人心を失っていきました。
負けても負けても人が集まってくる劉邦と一度破れてそのまま滅ぼされた項羽の対比は、
我々現代人にとっても良き教訓となることでしょう。

今作は「史記」と違い烏江の畔で終わります。(どの場面か分かりますよね?)
横山先生は猜疑心に捕われた晩年の劉邦を再び描くのに忍びず、
あくまでも合戦物語として完結させたかったと述べています。
確かに作品の余韻としてはその方が良かったと思います(後日談が気になる方は史記を参照)

中国でも農民から皇帝に上り詰めた劉邦は英雄として崇められています。
是非今作を手に取って貴方もその魅力に触れてみて下さい!( '∀` )∩
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年11月5日
横山光輝作の項羽と劉邦の全12巻(文庫)セットです。
今のところ商品画像がありませんが、武将の顔が書かれた紙の箱にきっちりと入っていて、セット専用の特典などはありません。
一巻ごとに武将のイラストが描かれたしおりが入ってますが、これはバラで買ってもついてると思います。
本の大きさが三国志の文庫版と同じ作りで、表紙にはそれぞれ違う兵馬俑の像が大きく印刷されています。

項羽と劉邦とは、紀元前206年頃、万里の長城で有名な秦王朝が腐敗して国中が乱れる中、
中国史上初の農民による大反乱から始まり、やがて中国全土を巻き込むまでに至った項羽と劉邦
の二人の英雄による壮絶な天下統一までを描く物語です。
劉邦は農民の出ながら天下統一をはたして三国志の元となる漢王朝を創設し、優秀な部下の助言をよく聞いたため
偉大な君主が臣を輝かし偉大な臣が君主を輝かすと今でも君臣関係の理想と評されています。

項羽は覇王の語源になった人物で三国志の呂不と並んで中国史上最強の男だといわれます。
後の三国志の呉の孫策につけられた小覇王というあだ名も項羽をもじったもので、コーエーの三国志シリーズでは呂不と並んで武力の能力限界値100を独占しているほどです。

内容はさすが横山さんという面白さなんですが、三国志を何度も読んだ私としては、三国志のときなら1コマで描けたんじゃないかと思う動きを2コマ使って描いていたり、少し三国志を完結させた疲れが残っている印象を受けました。
ですが三国志を読み始めたころは中国史なんて知らなくて、だけどもっと調べたいと思っていたとき、
この項羽と劉邦は作者が横山さんだからこそ迷わず購入できた作品です。

最後に項羽と劉邦は三国志の元となる物語ですが、横山さんは三国志が完結した後でこれを描いたので、全体的に三国志を読まないとわからない描写などがあり、
まだ読まれてない方は先に三国志を読まれることをお勧めします。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年9月1日
項羽と劉邦の英雄としてのそれぞれの生き様を知ることが出来る漫画です。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年12月17日
誉れ高い傑作三国志には及ばないかもしれないが、
三国志が主力三勢力が織り成す複雑さより、単に二勢力のこちらの方が読みやすい。登場人物が漢楚どちらかのみだからだ。
また、人物の個性がよく表現されている。鴻門の会は大変面白い仕上がりとなっている。(個人的に一番好きな話。)
だが、漫画であるが故、史記と食い違っている点も所々ある。
しかし、そういった相違点が不思議と自然なかたちで、より合理的に話がすすんでいくことにこの作品がどれだけ練り込まれたモノかを感じる。と、いうとオーバーな表現かな(-л-;)

一生に一度は横山先生の作品を読んでみるべきですよヽ(^O^
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月29日
〜注意、結末等ネタバレが有ります〜日本の戦国時代の武将と原始人、どちらが優れているでしょうか?これは単純に筋力や肉体の話です。(武器は含めません)やはり古い時代の人間程筋力が発達し、武器の進化によって人間の筋力は衰えていきます。武器以外の要因としては『平和』が有るか無いかでも違いが出てくるかと思います。さて、前置きが長くなりましたが何が言いたいのかと言いますと、日本戦国<中国三國<項劉時代、という様に武将単体の強さは時代が古いほど強いと思います。『呂布最強』と信じて疑わない人は項羽を知らない人だと思います。呂布の何処が最強なのでしょうか?その武力で何を築いたのでしょうか?関羽も倒せず、張飛も倒せず、逃げる呂布。正直関羽、張飛を倒せないのであれば、その武は馬超(張飛と互角)、趙雲(言わずもがな)、黄忠(老齢なのに関羽と互角)、姜維(晩年の趙雲と互角)、ホウ徳(関羽と互角)、これ等の武将と肩を並べる程度でしょう。(蜀を贔屓している訳ではなく蜀の武将は純粋に強い人が多いだけです)では項羽はどうなのか?呂布と同じく各地を転戦しましたが、その領土を国土として占領し遂には天下統一した…と言っても過言はないと思います(少なくとも魏よりは勢力、国力が有りました)項羽の強さは桁違いです。『漢の武将16人を同時に相手をして数名を殺し、撤退させる』や、『3万の軍勢を指揮し敵陣に突っ込み100万の軍を破る』などまさしく鬼神の如く活躍をし、最期はゲームの様に馬を捨てて地上に立って戦い、数百人を殺し、戦いに飽きたように、敵に討ち取られること無く自害します。呂布の場合は優秀な軍師や武将の進言を聴かず自分の女の讒言を容れ、酒に酔った後に部下に縛られて曹操につき出され、曹操に命乞いして死にます。どちらが『漢の死に様』と呼べるでしょうか?呂布は人を裏切ってばかりのただの猪武者なのです。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告