Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.331
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2009年12月6日
最近将棋を覚えた三十路親父です。
駒の動きを含めたルールだけおぼえたもののいまひとつ将棋らしく指せなかったので、何冊か本を読んでみた結果それなりに動かせるようにはなったのですが、手取り足取り教えてくれる師に恵まれている環境ではなかったものですから、本に指示されているとおりに駒を動かしてみても”何故今この手順でこの駒を使うのだろう?”という本当に基本的な疑問がいまいちすっきり解けないということがよくありました。

この本に関してはこの”何故”の部分がかなり書かれていてとても親切だと思います。
主に序盤に重点を於いて書かれているものなので、これが一冊あるだけで全てOKだとは思いませんが、序盤の意味を理解しながらさせるだけで将棋自体がかなり楽しくなってきたのではないかと思います。

レビューを書いている自分自身がかなりの初心者なので将棋の細かいところは全然わかりませんが、この本自体が初心者に向けて書かれているものだと思うので、丁度該当の初心者の一人がオススメするに値する本だと思っていると理解していただければ幸いです!!
0コメント|87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年3月27日
将棋の本は、駒の動かし方しか書いてないような非常に簡単なものと、戦法ごとの定跡書のような非常に高度なものの両極端の本が多く、その中間的な本がなかなか見当たりません。近時、その中間的な内容を目指す本がぽつぽつと出始めてはいましたが、この本は、その決定版ともいえる素晴らしさです。

いきなり定跡を覚えるのではなく、まずは将棋の考え方というものを押さえてほしい、そうすることによって、定跡を勉強する場合に1つ1つの手順に納得感を持つことができる、という羽生さんの思いが凝縮した内容となっています。

例えば、将棋の場合初手は理屈では30手ありますが、その1つ1つについて、なぜよいのか、なぜ悪いのかを基本からここまで解説した本はなかったでしょう。また、なぜ先手2四歩が成立しないのかという初心者(=私)が持つ疑問にも懇切丁寧な回答が与えられています。
そのほかにも、なぜそのように駒を動かすのか、どういう点にポイントを置いて考えればよいのか、という基本が非常に丁寧に書かれています。読者に対して、一手一手にはこういう意味があるんだよと詳細に説明し、納得感を与えようという意気込みがひしひしと伝わってきます。私にとってはまさに目から鱗が落ちるような本でした。

実戦を重ねるとともに、この本を何度も読み込めば、脱・初心者の域に達することができると思います。その上で、定跡書などに手を出せばバッチリかと思います。

この本と巡り会えて運がよかったです。
0コメント|58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月8日
将棋の駒の動き方を覚えたばかりの初心者です。この本を読むまではiPhoneのアプリで金沢将棋という将棋ゲームのコンピュータと対戦してもなんとかLv.22がやっとで1週間挑戦しても全く勝ち目がなかったのですが、この本を読んだことで簡単に以後のコンピュータを倒すことができました。イラストもところどころ可愛くて、基礎中の基礎が身につきます。難しく考えていた矢倉囲いなどの戦法も順に解説していってくれるのですんなりと頭に入ってきました。将棋初心者のにはまずこれを読むべきです。必ず強くなりますよ!
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年2月11日
一時はアマ初段くらいの実力があったのですが、時間が空いてすっかり腕がなまっていました。
終盤は得意なのですが序盤の応用力が低いことを自認していたため購入しました。
半分くらいは既知の話でしたが、序盤のヒモをつけながら展開していく部分の説明は目から鱗でした。

一部不満だったのは、ヒモをつけて展開する重要性を強調していながら、定跡の中で起こるヒモを無視した動きに対して明確な回答がなかったことです。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年7月21日
基礎的なこと、序盤の一手一手について、どう指せばいいか、どのように考えて指せばよいか、という考え方を教えてくれます。
細かい戦術などについては触れられていませんが、考え方について丁寧に解説してあるので入門者、初心者からさらに級位者(私自身そうです)
くらいまで得ることは多いと思います。

実は子供に将棋を教えたく思っていて、なにか一緒に読み進められる本がないかと思い購入したのですが、読んでみたら自分自身の役にも立ってしまいました。

他の子供向け入門本と違い、ルールの説明については書いていませんが、指し手に意味を持たせる考え方を丁寧に書いてあるので子供にも理解しやすく、初心者の大人が読んでも役に立ちます。むしろルール説明の後いきなり「この順番でさしなさい」といわんばかりに矢倉棒銀の棋譜が登場してしまう入門本より読みやすいのではないかと思います。本書でも述べられていますが、定跡の丸暗記は危険で、なぜその手順が定跡となっているか理解した上で定跡を使えるようになる、そのための基礎の基礎が解説されています。

漢字にルビもふっていない箇所がほとんどで小学校低学年の子供と読むのであれば一緒に読み進めてあげるとよいと思います。
また上にも記しましたがルール説明はされていないので別途ルール解説本を用意するなどして補う必要はあります。

解説が明瞭なのと、盤面図が豊富なので私のような級位者程度でもあっという間に読破できます。ただし考え方のところはまた反復して
よく理解をしておきたいので、他の本での勉強に疲れたらまたこの本で頭をリフレッシュしたいと思います。

初心者の大人、これから子供に教えたいと思っている人、どちらの人にもお勧めです。
0コメント|25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年4月6日
将棋を好む大学生です。

将棋が大好きなのですが、めっちゃ弱いのでこの本を読みました。

この本では、本文にも書いてありますが、定跡を覚えるための本ではなく、「指し方」を覚えるための初心者のための入門書です。

ここでいう「指し方」というのは意味のある駒の動かし方、つまり、考えがあっての駒の動かし方を言います。

ただやみくもに定跡覚えても、駒の動かし方のひとつひとつの意味、本質が分かってなければ「序盤」では形はできると思いますが、「中盤」、「終盤」では何をしたらいいのか、曖昧になってしまいます。意味、本質が分かるからこそ、次の一手も生きてくるのです。

本質を知るのは面倒くさそうと思われるかもしれませんが、そんなことありません。むしろこの本を読み進めていくと、自分はだんだん将棋を分かってきていると実感でき、快楽になります。

説明にはひとつひとつに分かりやすい図がありますので、分からなくなるということはまずないと思います。

本当に初心者のための、やさしい本です。

できればこの本を読む際には実際将棋盤で駒を本文通りに動かしながら読んでいくことをお勧めします。

図があるので、頭で考えながら読み進めることはもちろんできるのですが、やはり体に馴染ませるのがベストだと思います。

実際自分がこの本を読んで、どのくらい強くなったかというと、今まで勝てなかった先輩に勝つことができました。

対戦していて駒の動かし方に注意を払うことができるようになりました。だから大分ミスも減りました。

将棋は羽生さんも言っている通り、誰もが楽しめるものです。

この本は将棋をより楽しくさせてくれるものだと誰もが思うでしょう。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年10月24日
将棋の駒の動かし方しかわからなかった私('・ω・`)。急に将棋に目覚め、対局するも「敗退」「大敗」また敗退の日々・・・やっぱり勉強しなければダメだ!(気づくのが遅い)と何かいい本がないか人に聞いたり探したりしたら本書が第一候補に。
■あの羽生さんが監修
■この本の はじめに のページの冒頭で
  将棋のルールは一応覚えたけど、次にどうさしたらいいか。さっぱりわからないーー
↑嗚呼あゝあ 完全に私の事じゃん!羽生先生が私のために・・・ (もちろん皆のために)
と書かれていたため即購入しました。

読んだ感想は
■駒の動かし方しか わからない私でもすべて理解できる内容。
■基本的な事ばかりですが、全くできてなかった事を痛感させられました。
■今までいかに余計な事をしていたのかしみじみわかります。
■初心者向きの本のため、それ以外の方は他の本を購入された方が良いと思います。
■基本的な駒の動きを 何故こう指すのか解説しているので、将棋を誰かに教える方とかは一読する価値があると思います。
 とにかく初心者にオススメです。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年2月15日
子供向けの本ながら、なかなか定跡をじっくり勉強することが出来ない仕事持ちの初心者おじさんの私などには、基本的な考え方が噛み砕いて書いてあるので非常に分かりやすい。一気に読めましたが何度も読みたくなる本です。
0コメント|32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月8日
棒銀なら銀を繰り出し,矢倉なら金銀を集める。
駒の動きを覚えた次は,人の真似をして“なんとなく格好イイ手順”を漠然と指していました。
そういった駒組みはただの“丸暗記の手順”であり,実戦で少し違う戦形になっただけで序盤から不利になってしまう原因でした。

この本はその暗記手順にはちゃんとした意味があることを解説し,その意味から発展させて応用力を養う本です。
いわば初心者を脱出し,より強く成長させてくれる急所の本です。

すべて自己流で覚えてきた中級者の方でも,定跡の基本を知る良いきっかけになると思います。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年2月4日
私のようなヘボ将棋しかできない人にちょうどよい入門書です。
特に序盤の駒の動かし方は勉強になりました。
これを読むと「守り」もしっかりマスターできるでしょう。
崩されにくい形を作れるようになったと思います。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告