カスタマーレビュー


8レビュー
星5つ:
 (5)
星4つ:
 (2)
星3つ:    (0)
星2つ:
 (1)
星1つ:    (0)
 
 
 
 
 
おすすめ度
あなたのご意見やご感想を教えてください
自分のレビューを作成する
 
 

評価が高い有用性のあるレビュー
評価が高くない有用性のあるレビュー


46 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 書かれた時点での筒井文学の集大成
 出版された当時、この本は長年筒井作品を愛読してきた人達にとってのこの上ないプレゼントのような作品でした。
 今までの作品に幾度も登場してきたシチュエーションが全て一つの物語に収縮して行くスリルは、まるでそれまで筒井作品を愛読して来た事への見返りの様に感じられた物です。
 脱走と追跡のサンバで迷路に一緒に入ってしまったファンにとって、これが決着となった作品でも有ります。
 まだ筒井康隆の作品をあまり読んでいない人は、この作品は後回しにした方が良いでしょう(でもいずれは絶対読んだ方が良いです)。その方がより楽しめる筈です。
 
 この作品の結末に喝采を叫んだ瞬間は、私の読書人生での今までの所のハイライトです。その後これ以上の興奮を活字を通して得た事はありません。絶対のお奨め作です。
投稿日: 2005/5/5 投稿者: rjtbu

対
18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 読む人によって極端に評価の分かれる最たる作品であり、一般の読者にはお勧めできない
今では七瀬シリーズ三部作の「七瀬ふたたび」のようなポピュラーな作品で知られる筒井康隆は、一方では、読む人によって、極端に評価の分かれる作品を書く人でもある。この「夢の木坂分岐点」などは、その最たるものだろう。私が最初にこの作品を読んだときには、あまりに奇妙奇天烈なストーリーに付いていけず、途中で読むのを止めてしまったくらいであり、久し振りに完読に挑戦してみた今回も、途中で投げ出したくなる気持ちを抑えて、ようやく最後まで読み通したという感じなのである。...
投稿日: 2008/10/12 投稿者: gl510


有用性の高い順 | 最新のレビューから

46 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 書かれた時点での筒井文学の集大成, 2005/5/5
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
 出版された当時、この本は長年筒井作品を愛読してきた人達にとってのこの上ないプレゼントのような作品でした。
 今までの作品に幾度も登場してきたシチュエーションが全て一つの物語に収縮して行くスリルは、まるでそれまで筒井作品を愛読して来た事への見返りの様に感じられた物です。
 脱走と追跡のサンバで迷路に一緒に入ってしまったファンにとって、これが決着となった作品でも有ります。
 まだ筒井康隆の作品をあまり読んでいない人は、この作品は後回しにした方が良いでしょう(でもいずれは絶対読んだ方が良いです)。その方がより楽しめる筈です。
 
 この作品の結末に喝采を叫んだ瞬間は、私の読書人生での今までの所のハイライトです。その後これ以上の興奮を活字を通して得た事はありません。絶対のお奨め作です。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 現実の虚構性と人間の深層心理を鋭く描いた奇跡的傑作, 2008/4/12
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
筒井一流の高度な小説技法を駆使して、一人の男が辿り得た複数の人生を重層的に描く事により、現実の虚構性と人間の深層心理を鋭く描いた、まさに夢のような傑作。作中でも触れているが、SFで言えば多次元宇宙を単一宇宙に凝縮したような離れ業。

主人公の名前が小畑から大畑に変った時点で、遅まきながら作者の意図に気付いた。誰しも色々な人生の分岐点がある。「もし、あの時別の選択をしていたら、私の人生は変わっていたかも知れない」とは我々が良く抱く夢想である。作者は、一人の男がその分岐点で選択し得た様々な人生を一連の"切れ目のない"物語として描く。しかも、ある人生にとって他の人生は主人公の夢の中の出来事で、加えて人生毎に登場人物の立場が入れ代わると言う凝り様。異なる人生間での交流もある。主人公が執拗に見る時代劇の夢も遠い過去の人生なのだろう。主人公が観る映画の中でも別な人生が語られる。更に幾つかの人生中で問題解決を目的として、主人公を含む登場人物が立場を変えた心理劇(サイコドラマ)を演じるので、読者は二重、三重に屈曲した深層心理を味わう事になる。これだけ卓抜した小説技法を用いていながら、管理社会における一人の男の自我の彷徨物語として単純に読んでも面白いのだ。まさに筒井ならではの神業である。筒井を批判する通俗評論家を意識した皮肉を随所に散りばめているのも笑わせる。そして人生の分岐点「夢の木坂」。象徴的な題名であるが、この坂(木)も現実のものか夢の中のものなのか判然としない。現実と虚構が織り成すメビウスの環に作品全体が包まれているのだ。

高い文学性とエンターテインメント性を兼ね備え、独創的なテーマを超絶の小説技法で描き切った奇跡的傑作。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 著者の夢世界にひきずりこむ文章技巧が凄い。, 2010/7/11
投稿者 
街道を行く (大阪府) - レビューをすべて見る
(VINEメンバー)    (トップ500レビュアー)    (殿堂入りNo1レビュアー)   
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
この本を読了するのに、かなりのエネルギーを要しました。
夢と虚構と現実が次々と入れ替わってきます。
ぼんやり読んでいると、あれっという感じで場面がまったく変わっていて、主人公すら名前が変わっています。
著者の文章は、脈絡がなく、確実性のないふらつくような表現で延々と場面だけが変わってゆく終わりのない”夢”のようです。
200ページを過ぎたあたりから、夢が脳の表層から深層下部に進んでいたことがわかってきます。ここでようやくそこまでの延々と続いた夢の話がわかるような仕掛けになっています。
この本は、体験と考えたほうが近いと思われます。著者ならではの実験精神溢れる作品であり、なんと言っても著者の設定した夢世界に読者を引きずり込んでしまう文章技巧が凄いです。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


18 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 読む人によって極端に評価の分かれる最たる作品であり、一般の読者にはお勧めできない, 2008/10/12
投稿者 
gl510 - レビューをすべて見る
(トップ1000レビュアー)   
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
今では七瀬シリーズ三部作の「七瀬ふたたび」のようなポピュラーな作品で知られる筒井康隆は、一方では、読む人によって、極端に評価の分かれる作品を書く人でもある。この「夢の木坂分岐点」などは、その最たるものだろう。私が最初にこの作品を読んだときには、あまりに奇妙奇天烈なストーリーに付いていけず、途中で読むのを止めてしまったくらいであり、久し振りに完読に挑戦してみた今回も、途中で投げ出したくなる気持ちを抑えて、ようやく最後まで読み通したという感じなのである。 

この作品は、主人公やその家族、職場の同僚や職場などの名前・名称が、夢から醒めたりして場面が変わる度に、1字ずつ変わっていくというだけでなく、物語の基本的な設定も少しずつ変わっていくので、まず、これを理解しようとするだけでも、頭が痛くなってくるのだ(実際、私は、一覧表にまとめなければ、理解できなかった!)。どの存在が現実で、どの存在が夢や虚構かもさっぱりわからないまま、中盤過ぎからは、人物の入れ替わりこそ一息つき、主人公が「彼」に一元化されていくのだが、今度は、やたらと哲学的で、難解な描写が際限のない深みに入っていき、読んでいても、もう、何がなんだか、さっぱりわけがわからなくなってくるのだ。

このような前振りの果てに行き着いた締めの262ページ以降の描写は、私には、こんな長々とした、奇妙奇天烈かつ難解な前振りが本当に必要であったのかどうかもよく理解できないものであり、ラストの意味も、私には理解不能だった。小説を読むのに、これほど頭を使わなければならないというのは辛い。この作品は、こうしたジャンルの作品に特に興味のある一部の読者向けと思った方がいいだろう。私のような、ごく一般的な読者の方には、「私のグランパ」などの、他のもっと読み易い作品の方を読むことをお勧めしたい。 
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


9 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 シュールな《英雄神話》。, 2009/6/27
投稿者 
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
一人の平凡なサラリーマンが、《夢》と《虚構》と《現実》の狭間をさまよい歩く、幻想的な傑作長編です。これは、とにかく面白いです。この《面白さ》は、なかなか説明できません。作品の中に、奥深い《テーマ》が隠されていそうですが、私の読解力ではよく分かりませんでした。それにもかかわらず、とにかく面白いです。作品全体が《オデュッセウス》をモデルにした、一種の《英雄神話》として成り立っているような気がします。《再読マニア》の私としては、何度も読み返して、この作品の《謎》を解き明かしてみたい、と思いました。

(追記:この作品は、もしかしたら、英雄神話というよりも、《英雄誕生神話》なのかも知れません。凡庸な主人公が、遍歴の旅の果てに、《古き自我の死》と《新しき自己の誕生》を経験する。本作は、そういう《英雄誕生神話》としても読めます。単純解釈かも知れませんが。)
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


17 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 饒筆体, 2003/6/12
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
単行本刊行昭和62年、文庫本発行は平成2年。一般的に主人公と思われる役柄を背負った登場人物の名前が徐々に微妙に変化する。「座右の駅」(収録「串刺し教授」)の手法がより高度化している。いつまでも付いてくる自己を見つめる目が同居する不思議。外に広がるのではなく内部にどんどん沈潜する感覚。時々はさまれる心理劇がもっとも論理的進行というのもおもしろい。細かい言葉遊びやギャグ、ドタバタもあるが程々。移ろいゆく場面に不自然さはない。「虚人たち」の分散した感じに付いていけなかったが、この作品は空間的に夢の木坂というへそを置いているので読みながら不安を覚えることはなかった。夢を語るというのは無意識を意識で語るのだから後知恵だと思う。著者の手法はこの問題をある程度解決!している。もっとも好きな場面はやくざと若侍の対決。少しずつずれた場面が繰り返されるのだが、これを一つの作品として書いてもらえるとおもしろくなるのだろうなあ。だけど著者はドタバタにもう飽き飽きしているので無理なんだろうなあ、おしいなあ。夢の場面は「虚航船団の逆襲」(中公文庫)に詳しいので併読をおすすめする。解説は井口時男。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まず、語彙力が凄い!, 2009/5/10
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (単行本)
筒井康隆さんの作品をはじめて読んだのですが、まず最初に思ったのが、語彙力が凄い!でした。物凄い言葉の物量戦に持ち込まれたって感じです。

読み進めていくと、主人公の男が小説を書く事によって自意識が分散していき、複数の単体を生み出しているように感じました。

そして、本体だと思っていた男は実は意識の分散の内の一つで、最後には清算を受け男の意識は一つに戻るのだと思いました。

少なくとも私はそう思いました。筒井康隆さんの本を他にも読みたくなる一冊でした。

なおこの作品は
【第23回(1987年)谷崎潤一郎賞】受賞作。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


15 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 もう終わりか, 2006/2/7
レビュー対象商品: 夢の木坂分岐点 (新潮文庫) (文庫)
 大好きな人は、もう大好きなんだろう。これはすごい。というか、楽しくて仕方が無い。

 楽しい、というのは、怖くない、という意味ではない。

 「あらすじ」を作れるような話ではないけれど、話が追えない、というわけではない。そんな小説なので、推理小説やファンタジー、恋愛小説のような、ストーリーを楽しむエンターテイメント小説の延長として興味を持った人は、「なんじゃこれは」となってしまう。そういう「系」の小説。あんまり現実的な人にはおすすめできない。

 ただ、はまった人は、読み終えたときに大きく息を吸い込んでしまうことは間違いないし、続きがもうないことを自分が寂しく思っていることに気付くはず。

 

 
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


有用性の高い順 | 最新のレビューから

この商品

夢の木坂分岐点 (新潮文庫)
夢の木坂分岐点 (新潮文庫) 作成者 筒井 康隆 (文庫 - 1990/4/27)
¥ 514
通常3~5週間以内に発送
カートに入れる ほしい物リストに加える
この商品のカスタマーレビューだけを検索する