Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
22
5つ星のうち4.8
星5つ
17
星4つ
5
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2013年5月9日
 NHKスペシャルで放送された番組NHKスペシャル 激走! 日本アルプス大縦断 ‾トランスジャパン・アルプス・レース‾ [DVD]の舞台裏だけでなく、テレビよりもより生々しい光景が見えてくるノンフィクションです。
 番組のほうでは、主に雄大な日本アルプスの風景とそこを疾走する選手を描くことが中心で、時には大嵐に巻き込まれながらも走り続ける選手や、無念のリタイヤをする選手の涙がこのレースの過酷さと感動を見せてくれます。しかし、本書を読んだ後に番組を見ると、その裏側にあった選手の思いや背景、番組にほとんど登場することのなかった選手も含め、撮影に挑んだスタッフ、運営者たちのことも見えてきます。多くの人々の思いがこのレースを支えているのだなと思いました。
 選手たちがすき家の牛丼で胃袋を満たしていたり、突然姿を消してライバルと差を広げようとする選手、番組の終盤に「3時間でたった100mしか進まなかった」選手に一体何が起こっていたのか。本書を読んだ後、録画した1時間15分の番組を改めて見ると逆に番組に物足りなさを感じてしまうのは、私だけではないと思います。決して番組に力が感じられないというのではなく、「なぜ彼らは走るのか」をじっくり体感しながら進んでいくには本書にさらに助けを借りる必要がありそうなほど、しっかり描かれているのです。
 買ったときは、1日につき1章(選手たちの1日分)を読んでいこうと思っていましたが、あまりにおもしろく、私も先頭を走った望月選手のように、時間を惜しむように一気に読んでしまいました。読み終えた後の爽快さと、何かが終わってしまった物悲しさを感じつつ、次回2014年のレースでは公開されるであろうGPS情報を使って選手たちをネットから追いかけてみたいと思いました。
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月1日
あの過酷なレースの裏側はこんなにも凄かったのか!
NHKスペシャルで放映された映像以外にもこれほどまでに選手たちの駆け引きがあったのかと、読んでいてぐんぐん引き込まれました。
取材スタッフも80人を超え、ここまで大規模に取材された草レースがあっただろうか?
人はなぜ走るのか?という問いに対する答えは人それぞれ違うのだなと。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月28日
テレビを見ていませんでしたが、タイトルにつられて購入しました。
何なんだ…このレースは! すっかり惹きつけられると共に感激し、一気に読んでしまいました。近年ないことです。

私は一時期登山にはまりましたが、どこも登山道は整備され、客も増え、観光地と化していくことに失望を感じて遠ざかりました。
しかし、このレースでは自分達のルールを作り、新たな冒険・挑戦の場を作っています。
それに果敢に挑戦するスーパースターもいれば、特に走ることが得意でなかった人もいたり・・・。
様々な想いを抱きながら挑戦するランナーたちの姿が克明に描かれており、感動しました。

自分が挑戦するのは難しいでしょうが、でもこのレースが2年毎に行われることは意識していきたい。それだけでも何だかうれしい。
まずはDVDも購入してみたいと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月31日
昨年放送された「NHKスペシャル」に感銘を受け、もっと深い内容を知りたいと思い、本を購入しました。
常人にはとても考えられないこの過酷なレースにおいて、自分の限界を設定せずに様々な困難に立ち向かい、壮大な山を走破し続ける中年ランナー達の姿にロマンを感じずにはいられません。
また本書では、ランナー達の息遣いが聞こえてきそうなほど内面に迫っているため、つい感情移入してしまい、ゴールシーンではランナー達と抱き合って喜びたくなるような感動と爽快感を与えてくれます。
全て読み終えて感じる事は、様々な動機と目標をもって走るランナー達と同じように人それぞれかと思いますが、「高い目標を持って挑戦する」ということに背中を押してくれる事は間違いないと思います。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年7月23日
日本最強のTJARの記録です。
数年前にNHKスペシャルを見た方がおおいとおもわれますが、時間の関係で「レースの裏側」はなかなか見られませんでした。

そこでこの本です。

このレースの選考会を通る書類審査と事前選考会レースに出るだけでも「大変な苦労」があり、そこで断念される方も多いのです。

更に「本レース」となるとこれまた大変なことで、参加しているだけでも「超人」だと思います。

そんな日本一過酷なレースの裏側が垣間見えるだけでも凄いことです。
各スペシャリストの苦労と裏話が満載でこれは登山する方が一読しておくべき本だと思います。

正直、感動しましたし、当時のNHKスペシャルでは語られなかった裏側が垣間見えて驚きました。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年10月25日
テレビの放送が大好きで録画で何度も見直してとうとう本まで購入
スタートからテレビには無かった情報が満載で面白く、テレビ放送には全く触れられなかった人達にも触れているので
楽しく読み進めていきました。
もちろんDVDも購入しようかと思いましたが、レビューでテレビ放送内容とあまり変わらないとの話なのでまだ購入
していません。何故?あれだけのVTR量を追加して再編集番を出さなかったのか不思議?編集がめんどくさかったのか?
あのVTRはあれで完成したと変な自信があるのか?もったいないし文章だけでなく映像も追加特典というより別作品として
再編集して販売していただきたい。
内容的には撮影班も大変だった事がよくわかる内容になってます。少しそこを書きすぎな気もする。
南アルプスからが半分の距離があるのに望月選手の南アルプスの映像が少なく感じていたが、その理由が書いてあり
わざわざ大変な撮影機材担いで上がった、スタッフ達のコミュニケーションが取れていなかったことが残念でならない。
テレビ放送を見て楽しかった方は是非とも見て欲しい本です。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2014年2月11日
TJAR(Trans Japan Alps Race)とは、日本海/富山湾を午前零時にスタ-トし、北アルプスから中央アルプス、そして南アルプスを越え、太平洋/駿河湾までの距離:約415Kmの道程を交通機関を一切使わず、自身の足(走り、歩き)のみで1週間 (+予備日1日)以内に踏破することをめざすちょっとハ-ドな山岳アドベンチャ-レースです。

2012年8月第六回大会が行われた。この大会を初めてNHKが取材しカメラに収めた。その取材を記録したものが本著である。

私はこの放映をテレビで見たのだが、まずこんな過酷なレースの存在自体に驚いた。そしてこれを踏破できる選手がいることに驚きと感動を覚えた。本著はその放映の裏側を描いたものだ。放送するためには、選手にカメラを向けなければならない。選手はそれでお金をもらっているプロではないのだからカメラを向けられるのが嫌なときもある。だがカメラはぎりぎりまで選手を追う。読み手である我々もそこまでしなくてもと思いながら、一方でこの映像があるからこそ、この過酷なレースに感動できる一面もあることに気付く。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月2日
テレビでは語りつくせなかった個々人の略歴、このレースに臨んだ理由などが描かれ、DVDと併せてみると楽しさ倍増です。
また、スタッフの撮影秘話、ランニングカメラマンの活躍(実は過去の優勝者や上位入賞者からなる選手よりすごい人たち)の話も盛り込んであり、面白さ抜群。
ぜひDVDも購入し併読、併観することをお勧めします。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年6月8日
とても勉強になり、やる気も出ます。
いつかは自分もと言いたいですが、無理そうです(涙)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月18日
テレビ放送を見そびれてしまい、残念に思っていたが、
新聞広告で書籍発売を知り、すぐに購読することとした。

8日間のレースの日々を追う構成。
各参加者の人物像にも切り込んだ内容が面白く、一気に読みきってしまった。

過酷なレースの中で、参加者に立ちはだかるのは、
「自然」、「ライバル」、「記録」そして「自分」。

執筆者が言うように、私も読んでいて僧侶の「荒修行」を思い浮かべた。
体力、精神を極限まで追い込み、「なぜ参加するのか」「なぜ走るのか」。

このレースには、きっと参加者だけにしかわからない各々の「何か」があるのだろう。

最近、疲れ気味であったり、少し煮詰まってしまった方へもお勧め。
何だか元気が出てきます。
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告