Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 真夏の健康アイテム特集 DIY・ガーデニング タネ・苗ストア Kindle Amazon MP3 マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
4
5つ星のうち3.8
星5つ
1
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
形式: 新書|変更
価格:¥864+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

本書が「ネットオーディオ」と呼んでいるものには、大きく二つのカテゴリーが含まれます。
一つはネットワークプレーヤーによる「ストリーム再生」によるもの。
もう一つはPCオーディオに代表される「USB再生」によるものです。

著者は入門書としての本書では「ストリーム再生」のネットオーディオを推奨しています。
理由は、本書をお読みになっていただければ納得されると思います。

本書の章立てを上げておきます。
 序章  いま、音楽ファンは本当に幸福でしょうか?
 第1章 1回限りの体験から追体験のできる「再生」へ
 第2章 ネットオーディオのメリット
 第3章 ストリーム再生
 第4章 一気に増える音源のバラエティー
 第5章 飛躍的に向上する選曲の楽しさ
 第6章 CDの問題点をすべて解消する
 第7章 オーディオの極致‐ハイレゾ音源の快感
 第8章 激動期のオーディオ機器
 第9章 オーディオコンポーネントとしてのパソコン
 第10章 様変わりするハイエンドオーディオ
 付録  代表的なネットオーディオコンポーネント
以上ですが200ページ弱の中で非常に明解な文章でコンパクトにネットオーディオのエッセンスをまとめてあります。

序章では、オーディオでの音楽の楽しみ方の現状から話が起こります。
第1章で、オーディオの歴史を、音楽体験の立場から俯瞰します。
第2章では今日のネットオーディオの何が良いのかと、その手段が「ストリーム再生」と「USB再生」に分けられることを示します。
第3〜8章は本書の主役となる「ストリーム再生」について、NASやネットワークプレーヤーの話題を中心にネットオーディオの解説となります。
第9章ではDSD音源の再生の中心にあるPCオーディオ=USB再生に触れます。
第10章ではネットワークとパソコンの普及が、オーディオにどのような変化を与えているかを、入門を離れたハイエンドオーディオについて触れています。
付録の製品リストは2013年9月現在ということで、最近のものは反映されていませんが、こちらはネットやオーディオ雑誌などで補えるでしょう。

著者の山之内正氏はオーディオ評論家として活動されていますが、元々理系出身で、その解説は良くありがちな曖昧な修飾語を多用せず、明快で歯切れの良いものです。
内容も、解説の仕方もネットオーディオ初心者の方に安心して薦められるものです。
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月15日
ブーム?のPCオーディオについて、少しは勉強してみようと、購入してみました。

文章は判りやすくて良かったですし、PCオーディオというものの現状が大略理解
できたと思います。

ただ変化の度合いもかなり早いようで、かなりの投資でシステムを完成させても
すぐに陳腐化しそうな点も気になりました。
この辺はPC関係の進化が日進月歩なのと同列の話のようですね。
従って、始めたら最後、始終お金のかかりそうな不安も感じました(^^;

自分のように貧乏かつPCオンチな人間にとっては、まだまだ敷居は高そうです。
そのことだけは判りました。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年11月23日
門外漢の私でも、ハイレゾ音源が今まで開発されてきた音源の中で、どういう位置づけなのか理解できました。現状のCDの音質に関わる問題も飲み込めました。CDはデジタル化するための指標として、周波数レンジ、ダイナミックレンジを扱いますが現状のデジタル録音技術から考えると劣ってるということです。つまり、開発された時点では最先端だった仕様もデジタル録音技術が進んだために、音質の限界が見えてしまっている状況です。
それを克服するために、CDの素材を変えたSHM−CDも開発されました。世の中一般には受けいれられてません。私も何枚かSHM-CDを持ってますが、微妙な音の違いがプレーヤーの原因なのか良さがわかりません。

そこで、ネットオーディオという専用プレーヤーの登場。結局のところ、原盤の音に近い音源としてハイレゾ音源というものがあり、環境のシステム構成としてミュージックコンポーネントがあり音楽データ保存用だったりミュージックサーバーを通して聴くっていうスタイルです。読み終わると購入意欲が湧きました。ネットでも調べてみました。末尾に紹介されてたりもします。
ネットで口角泡を飛ばしてレビューしているの気持ちが少しわかりましたよ 笑。
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月3日
お金をかけた今風の音楽の楽しみ方を知りたい方はオススメです.

ネットラジオやハイレゾ音源のサイト,再生ソフト,DAC,ネットワークオーディオプレーヤー,スピーカーなどいい商品を紹介してくれてます.

星2つっていうのは,僕はそこそこの値段で楽しめるノウハウが知りたかったってだけの話なので,上記の情報を知りたければ良書かと思います,
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告