Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.315
5つ星のうち4.3
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2014年12月12日
筋が良くなるという本書は、「(わが国の)400年の囲碁史上初の理論」だそうで、筋悪だのイモ筋だのと有段者の先輩に言われている私は早速、購入しました。先生が「大切な基本」という「手割り」から説明されていて、「なるほど」とうなづくことばかり! つながっていれば安心、というのでは石の効率が悪くなるという言葉や、アキ三角に打つ筋悪の見本が、まるで私の碁のようで、恥ずかしいばかり。でも、「手割り」を理解し、「筋場」に打たないように気をつけているだけで、いつも自由置碁で教えてもらっている先輩から、「石の形が見違えるようになった」と誉められました!!  これで待望の初段もだいぶ近くなったかな、と思っています。
 ただし、依田先生の言うように、「自分では筋場に打たずに、相手を筋場に打たせる」とか、「相手が打った石が筋場に行くように打つ」というのは、図面を碁盤に並べながらでないと、なかなか理解するのが難しく、実戦で相手を筋場に打たせるようになるまでは、まだ時間がかかりそうです。先生の説明にように、繰り返して碁盤に並べながら読んで、早く初段になりたいです!!
 
 あと、この本が私が碁を覚える前に出ていれば、と思いました。筋の意味が「なんとなく」でしか分かっていなかったので、この本のように書いてあれば、私も筋悪にならなかったかも。「手割り」が理解出来ないと「石の効率」も理解出来ないと思いますが、とても分かりやすく書いてあったので、初心者の人に特にお奨めしたいです。私も、初心者のうちから「筋」の良し悪しを本書のように形で理解していれば、もっと早く上達していたのになあ〜!!!  と思います。まだ半分くらいしか再読していませんが、大事に読みます。先生、ありがとうございます!!!
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月21日
サブタイトル「囲碁400年の歴史を変える究極の打ち方」は決して大袈裟ではありません。
囲碁の求道者、依田紀基先生が発信する渾身の話題作です。

2年程前にNHK杯で解説者だった依田先生が、この筋場理論を紹介されてから、
囲碁愛好者は皆さん興味を持たれたと思います。
実際、依田塾の生徒さんが、昇段したとか…、DVDにもなっているほどです。

プロ棋士や高段者は、(この本で言う)筋場と言うものが当たり前のように
身体に染み付いているものだそうですが、具体的に言及された方は今までいなかったそうです。
他の棋士の先生方はよく、「筋の良い手」と言われますが、
依田先生だけは、「相手に俗手(効率の悪い手)を打たせる」と必ず表現されます。
それだけ「筋」に関しては他の先生とは一線を画してます。
この本は、囲碁における有利になる「筋」について、徹底して述べられています。
(ちなみに筋場とは、石の働きが悪い場所だそうです。)

本因坊道策の「手割論」から始めて棋理が誕生されたそうですが、
この「筋場理論」も今までにない革命的な棋理であり、
囲碁にも将棋の升田幸三賞のようなものがあれば、必ず受賞するでしょう。

購入前は、同じ講談社の既刊書「依田ノート」をイメージしていましたが、
全く違って見やすくなっています。かなりのクレームから反省したからでしょうか?
但し、図と文章のページがずれているのは「依田ノート」と同じですが。

この本も「依田ノート」同様、ロングセラーになりそうです。
0コメント|21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月26日
筋の良い悪いってなんでしょう?
指導碁を受けて「これは筋が悪い」の一言で片付けられてしまい、
何が悪いのかよくわからないままにしてしまっていませんか?

形の悪さが筋の悪さ、そのことをわかりやすく説明してくれています。
筋の良い手か悪い手か、どなたにも役立つ一冊でしょう。
理論的に打ちたい方におすすめです。
0コメント|10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月15日
筋場の意味が良く理解できます。
筋悪の私としては、実戦で活かすには時間がかかりそですが、石が接近する際、打つ前に筋場を意識するようになったので、ノータイムで安易に打っていた癖が直せそうです。
今まで、上手に効率悪く打たされていたようです。
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月8日
わかりやすく書かれているのに加え、斬新な内容なので読むのが楽しいです。
楽しみながら強くなれる気がします。
読んだ後、
碁における視野が広がる感覚もありました。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年12月22日
これは囲碁史に残る本だと思います。1930年代の新布石や1970年代の梶原理論など一世を風靡した理論とは違い、その理論に即した布石や定石が流行することは今のところはなさそうです。

でも画期的な新理論であると私は思います。新布石や梶原流は今ではほとんど忘れられていたり否定されているのに対し、道策の手割り論は、時を経るにしたがって常識となり、誰もその有効性を否定していません。
この本の副題に「囲碁400年の歴史を変える究極の打ち方」とあります。笑ってしまうんですが、依田先生の云わんとするのは、筋場理論は道策先生の手割り論以来400年ぶりに登場した普遍的な理論だと言うことなのでしょう。

筋場理論は石の働きを解明する仮説なので、接近戦での打ち方を考えるツールであるがゆえに布石にはあまり関係ないと思います。
従来の定石を筋場理論を用いて検討・再評価して、理論の普遍性を証明しないと一般的なレベルの碁打ちにはよくわかんないと思います。この本は有力な仮説を提示したけれど、その有効性・普遍性はまだ証明できていない・・極めて魅力的な理論だけどその真価はまだ見えていないと私は思います。

この理論の有効性は近い将来確認されると私は予想します。
筋場理論を取り入れたアルゴリズムによって今より強い対局ソフトが出るだろうと期待しています。
0コメント|6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月20日
論旨明瞭で参考図の手割も鮮やかな良書だと思います。但し、ダメな例を示されて批判的に読みつつ上達できる人は、本書を読まずとも既に筋と形を身につけている可能性が高い。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月17日
これから勉強、がんばります。筋悪の私が良くなるでしょうか?勝敗アップめざして、ファイト!
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月21日
棋力は2段ですけど、やはり意味が半分くらいしか理解できません。実践に役に立たないと思います。正直囲碁辞めたい気分です。
0コメント|1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年8月27日
手筋や形を身体に刻み込む、という形のこれまでの多くの技術書に比べ、本書には碁の根本原理究明の精神が貫かれており、最も「原子」的な手筋原理まで達しているので、実戦場面での応用もまたかなり自由にできました。この基本的な手筋原理にこだわって打っただけで、とても自由な気持ちで打ちながら、負けていた相手に連勝しました。この「筋場理論」の背景にはさらに、「ダメづまり」(「死」)という囲碁ルール原理があるような気がしました。依田紀基氏の今後のさらなる囲碁理論発展とその発表を心待ちにしています。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告