消滅都市ストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.54
5つ星のうち3.5
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
2
星2つ
0
星1つ
0
形式: 単行本(ソフトカバー)|変更
価格:¥2,052+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月5日
ニンテンドー3DSでの前作「スーパーロボット大戦UX」の攻略本と同じような構成です。
チャート付きの各マップ攻略、隠し要素、データ集、登場作品解説など一通りの情報は載っており、目立った誤植や誤情報はそんなに見当たりません。また、巻末にはインタビューもあります。
ただし、バグや裏技的なテクニックについてはさすがに記載されていないので、知りたければ攻略サイトなどに頼って各自で調べることになります。
また、昔の攻略本によくあったような面白いコラムや企画などはそんなにありません。良くも悪くもまじめな内容です。
一番の欠点はキャンペーンマップについての情報がほとんど記載されていないこと。大雑把な攻略情報だけで、キャンペーンマップにしか登場しないキャラクターのデータやマップ情報などは一切ありません。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月3日
今回のスパロボは隠し要素が中々に曲者な上、隠し要素全部を回収しないと真EDに行けないので、8周ほどしても真EDにいけないので、買わせて頂きました。
各話のセリフイベントをするキャラが書いてあったり、隠し回収フラグが書いてあったり、中々親切なのではないでしょうか。
僕が最後に買ったスパロボの攻略本はFとかだったので、その頃に比べれば格段に親切ですね笑

各作品のあらすじや、人間関係の相関図だったりもあるので知らない作品でも大まかには理解できると思います。

正確な隠し要素の条件を知りたいだけでの購入なので、目的は果たしているので後悔はしてません。が、値段高くないですかね…。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月12日
携帯機スパロボだとファミ通だけというのが通例ですが、今回も独占です。
本の内容はというとタイトルに何のひねりも入れられないくらい、過去のファミ通のスパロボ攻略本と同じ作り。

本書の構成は以下の4つからなります。
・システム解説
・マップ攻略
・データページ
・エクストラ(原作紹介、終了メッセージ、オリキャラ&ロボ紹介、宇田Pインタビュー)
それでは順に追っていきましょう。

▼システム解説
パイロット、機体の特殊スキルや能力などに加え、各種計算式などの戦闘システムの紹介。
とくにそのあたりに興味がない人は読み飛ばしてもいいでしょう。終わり際に育成&戦闘テクニックと周回要素についての解説もあります。

▼マップ攻略
隠しユニット参入条件から始まり、シナリオフローチャート、出撃タイムテーブル、そして各マップの攻略が続きます。
マップ攻略は見開きで左にシナリオチャート、攻略テキスト、右にマップ画像と敵データというベーシックなもの。
欄外には戦闘セリフイベントの一覧もあるので、過不足はない感じですね。
キャンペーンマップやツメスパの攻略も載っています。ただし、キャンペーンマップは1ページあたり5シナリオでテキストのみの簡素なもの。
ツメスパはマップ画像つきで手順が載っているので、こちらは解法がわからない人にはいいんじゃないでしょうか。

▼データページ
パイロットデータ、ユニットデータともに、味方→敵と別れて掲載しており、ソートは作品ごとのID順です。
騎士ガンダムから始まっているので、一瞬わからない人もいるかも。
味方パイロットデータは1ページ4人ずつで、Lv1だけでなく、Lv50、Lv99のステータスも掲載。敵はパイロットは1ページ5人ずつという構成。
敵味方ともにちょっとしたコメントテキストもついていますが、ワンポイントなものでどうにも味気ない。
昔の攻略本のような面白さを求めている人にはつまらないと思います。

味方ユニットデータは1ページ3機ずつ。初期値だけでなく、5段階→10段階→15段階の数値も記載されています。敵ユニットは1ページ4機ずつ。
パイロット同様にコメントテキストはあるものの、運用方法に重きを置いており、面白みのあるものではありません。
そのほか、味方パイロットの能力早見表や精神コマンド逆引き表、MAP兵器の射程一覧なども載っています。

▼エクストラ
さて、肝心のエクストラですがキャラクター相関図つきの原作紹介、終了メッセージ集、オリキャラ&ロボット紹介、宇田Pインタビューという構成。
オリキャラ&ロボット紹介は判型の割には結構頑張っています。
キャラ、ロボットともに見開きないしは1ページ割いていて(一部ロボットは1ページ2機)、このへんはようやく制作陣もわかってきたなという感じです。
掲載されているものに関しては以下参照。

○ヨウタ・ヒイラギ(立ち絵、カットシーン等々)
○ユキ・ヒイラギ(立ち絵、カットシーン等々)
○マリ・ヒイラギ
○マコト・ヒイラギ
○ディボーティー(立ち絵、カットシーン等々)
○ジスペル(立ち絵、カットシーン等々)
○ファルセイバー
○ブルーヴィクター
○グリッターファルセイバー
○クレセディア
○セイクリフィス
○バルギアス
○バルギアス・ドラグーン
○シンデュス

宇田Pのインタビューは結構ボリュームがあり、字が細かくて目が疲れますが読み応えはあります。
寺田Pに比べると出現率が低めな人なので、なんだか新鮮な気分。

難解な条件の隠し要素はもう攻略サイトに転載されていますから、これが知りたい人はネットで十分だと思います。
とすれば、この本を買う意味はオリキャラ&ロボット紹介に尽きましょう(今回、プロダクトコードもついていないので)。
判型的にそこまで大きいイラストではないのは残念ですが、この本以外だと電撃スパロボくらいでしか公開される可能性がないので、ここに価値を見いだせる人は買いなんじゃないかなと。
しかし、さきほどの繰り返しになりますけど、隠し要素がネットの攻略サイトの答え合わせ状態になっている昨今、本独自のものが少ないのはもったいないです。
本ならではのバリュー、スパロボシリーズならやはり一昔前の攻略本のような濃さとアツさが必要なんじゃないでしょうか。
次回作の攻略本ではそこを期待してやみません。
0コメント|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年11月27日
・MAP攻略情報 普通に見られるが、MAPページのチャートで表示される隠しユニットの参入条件が、どのタイミングでフラグを立てたらよいのか分からない。
           特定ユニットを倒すなどしてクリア条件が変わった際にか、最終のクリア条件までに倒せば良いのか。
・キャラならび順 参戦作品のキャラは1ページくらいに名前とキャラ名・参戦作品の表示ページをまとめて索引できるように記載するか、
           参戦作品ではなく、仮名順にキャラが並んでいるとありがたい。
・引継ぎ要素   撃墜数は引き継がれるとの記述はあるが、隠しユニットの参入についてのフラグは引き継げるかどうかは書いていない。
・味方・敵のMAP兵器の説明が見つけにくいところにある。

BXではファミ通しか攻略本を出していなかったのと、
ネットの攻略ページを見ながらやる器用さはないので、ファミ通のものを買うしかなかった。
大丈夫?ファミ通の攻略本だよ。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告