カスタマーレビュー


4レビュー
星5つ:
 (2)
星4つ:    (0)
星3つ:
 (2)
星2つ:    (0)
星1つ:    (0)
 
 
 
 
 
おすすめ度
あなたのご意見やご感想を教えてください
自分のレビューを作成する
 
 

評価が高い有用性のあるレビュー
評価が高くない有用性のあるレビュー


15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 かなりお勧めの一冊です
最初に注意すべきは、本の約半分くらいは下書きというか、素描です。
でも、この素描も、殴り書きのようなものではなく、どれもしっかりと形を認識出来るすばらしいものでした。
第二に、クリーチャーの絵も3分の1から2分の1程度(上記の素描の多くがこれらクリーチャー)あるということです。
表紙のような風景や、クリーチャーに興味のある方ならば、とても楽しめる1冊だと思います。
逆に、「クリーチャーには興味がない。」という方には、その数が多く感じられると思います。
値段も2千円ぐらいで妥当かと思いました。

私はとても満足していますので、お勧めします。
投稿日: 2008/3/30 投稿者: ドリューが好きです

対
8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 全体観と細部
全体観はあるけれど、細部はあまり描かれていない。
遠景はフォグがかかっていて詳細がよく見えず、多くを見るものの想像力に任せてある絵だと思った。
投稿日: 2009/10/14 投稿者: はるさん


有用性の高い順 | 最新のレビューから

15 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 かなりお勧めの一冊です, 2008/3/30
レビュー対象商品: Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere (ペーパーバック)
最初に注意すべきは、本の約半分くらいは下書きというか、素描です。
でも、この素描も、殴り書きのようなものではなく、どれもしっかりと形を認識出来るすばらしいものでした。
第二に、クリーチャーの絵も3分の1から2分の1程度(上記の素描の多くがこれらクリーチャー)あるということです。
表紙のような風景や、クリーチャーに興味のある方ならば、とても楽しめる1冊だと思います。
逆に、「クリーチャーには興味がない。」という方には、その数が多く感じられると思います。
値段も2千円ぐらいで妥当かと思いました。

私はとても満足していますので、お勧めします。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


8 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 全体観と細部, 2009/10/14
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere (ペーパーバック)
全体観はあるけれど、細部はあまり描かれていない。
遠景はフォグがかかっていて詳細がよく見えず、多くを見るものの想像力に任せてある絵だと思った。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 コンセプトアートワークの制作の為に。, 2012/2/12
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere (ペーパーバック)
映画やゲームの世界観を構成するために、大量のアートワークが必要になります。
そんなお仕事の方、または目指す方には参考になるでしょう。
掲載されている絵は、フルデジタル(おそらくフォトショップかペインターで描画)とアナルっぽいライン+デジタル彩色と
表現手段の技法の勉強にももってこいの一冊だと思います。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


4 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 人間不在の世界, 2012/8/20
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere (ペーパーバック)
この本は全体が5つのチャプター(章)に分かれていて、チャプター1はSF小説のブック・カバーに使用された絵などを収録しています。
巨大な宇宙船、超高層ビル群の林立する、壮大、壮麗な光景等確かにハイレヴェルで、視覚的には面白く、幾何学的な構造のおもしろさなど素晴らしいと感じるのですが、明確な個性に欠け、主張のない絵という印象を受けます。それはそれで悪くはないのですが、僕の場合、主張のない絵には心に響くものがなく、空虚感を覚えます。
チャプター2,3、4に収録されているクリーチャーについても、明確なヴィジョンを持って描いたというよりも、手を動かしているうちに出てきたものを手先で上手くまとめているという感じがします。技術的には高いレヴェルの方なので、一応説得力のある絵にはなっています。が、何か物足りないという印象をぬぐいきれませんね。
最後のチャプター5はこの本の表紙に使われている絵の制作過程を、解説文を添えて収録しています。
結局この方の描く絵は、情緒的なもの、人間の喜怒哀楽といったものを一切欠いた絵ということでしょうか。僕の場合はそういう絵はどうも楽しめませんが、一つ一つの絵の完成度は高いので、人によっては高い評価をされる方がいても不思議ではないと思います。
たぶん、心をニュートラルな状態にして、視覚効果だけを楽しむことができる方には受けるのではないかと思います。
レビューを評価してください 
このレビューは参考になりましたか? はい いいえ


有用性の高い順 | 最新のレビューから

この商品

Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere
Quantumscapes: The Art of Stephan Martiniere 作成者 Stephan Martiniere (ペーパーバック - 2006/12/30)
¥ 2,221 ¥ 2,197
在庫あり
カートに入れる ほしい物リストに加える
この商品のカスタマーレビューだけを検索する