Androidアプリストア AmazonBabyPrecious 池上彰ほか新作タイトル続々配信 Amazon Cloud Drive kakutei Amazon MasterCard Studless tire and Tire chain さあ、楽器をはじめよう アウトドアセール Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick バレンタイン特集 2016 冬の健康管理特集 Amazon_meets_LAST Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.01
5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
形式: ペーパーバック変更
価格:¥4,200+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年5月8日
Webの高速化のために本書では、(1)データ受信時間の短縮 (2)クライアント処理の改善 (3)その他 といった観点で様々な技法について解説しています。

(1)データ受信の短縮のためには、(a)Ajax技術やネットワーク設定変更などにより出来る限り同時ダウンロード数を増やしたりダウンロード開始時間を早めたりといった手段と、(b)劣化なしに画像ファイルのサイズを切り詰めたりgzipエンコードが有効ではない環境でも再度gzip化の可否を判定して圧縮して転送するといったファイルサイズを削減するという大きく分けて2つの方法について説明しています。
(2)ブラウザ上では、JavaScript処理の効率化やどのようなCSSセレクタが遅いか、といった内容について述べています。
(3)その他に、Comet技術によるサーバ側からのデータのリアルタイム配信といった別の観点の話題もあります。

「高速化」にとどまらず、Webに携わる全ての方が知っていて損の無い知識ばかりです。
なお、JavaScriptの章はN.Zakas氏が担当されていますが、該当章の内容を新ブラウザで実験しなおしてより詳しく解説した"High Performance JavaScript"が出版されていますので、そちらも併せて検討されるとよいでしょう。
0コメント1人中1人のお客様がこれが参考になったと述べています。. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告