中古品
¥ 257
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。tt5517_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

iOS4プログラミングブック 単行本(ソフトカバー) – 2011/1/27

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 257

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

iPhone/iPadアプリ開発の入門書はもう卒業して、次なるステップを目指すプログラマーに向けた上級解説書。

iOS SDK 4で追加された新機能である、マルチタスキング、マルチメディア制御、
ジャイロセンサー、iAdなどをはじめとして、RetinaDisplay対応やユニバーサル対応
までを、実際に開発に携わるプログラマー陣が直々に解説。
iOS 4対応におけるノウハウやテクニックなどが余すことなく収録されています。
今後iOS 4に対応予定の開発者にはもちろん、これからiOS SDKで開発を始める
開発者にも、リファレンスとして読みやすい内容に仕上がっています。

内容(「BOOK」データベースより)

初代iPhoneに搭載されたiOSも、様々な進化を遂げ、最新版では4.2となった。追加された機能は、iOS4だけでも1000を優に超える。これらの機能を最大限に活用し、その魅力を引き出すには、より深くiOSについて理解しなければならない。本書は、最前線の開発者による最新iOS SDK4の唯一の解説書であり、これからiOSを学ぶ開発者にとっても、よき指針を与えるものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 344ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2011/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844329766
  • ISBN-13: 978-4844329763
  • 発売日: 2011/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 547,353位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 索引 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 nowhereman 投稿日 2011/2/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
帯に書かれている通り、iOS4以降に的を絞って書かれています。

この1年でずいぶんiOS本が出ましたが、ここまでしっかり的を絞っているのはこれが初めてかな、という気がします。Objective-Cとは?というあたりから勉強したい方は、他の本をお勧めします。Objectice-CはだいたいわかったけどiOS4になって大きく変わったところ、細かく変更されたところ、また追加された新たなAPIについて知りたい方には、まさに必携と言えます。

大雑把に本書の内容を言えば「去年のWWDCの日本語総まとめ」。
高解像度ディスプレイ、マルチタスキング、マルチスレッド、アセットライブラリ、イベントキット、ローカル通知、ジャイロ、そしてiAd。マルチタスキングやマルチスレッドなどは、わりと面倒な部分ですが、図解で丁寧に解説しています。

わりとObjective-Cの本は買いましたが、その中でも萩原本と並んでiOS4についての道しるべとして、手元に置いて心強い内容です。

すでにアプリを開発されている方や、次のステップへ行こうとされている方に、おすすめできます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本はiPhone4以降に特化した機能について記載されている。
それ以前の知識はあるものと言う大前提であるので、初心者は注意が必要。

また、下位互換のあるアプリを作りたい場合は不要かもしれない。
ただし、今後はこの仕様が標準化されてくるので知らないで良い知識と言うわけでもない。

ハード的に言えば、画面サイズを中心に書かれている。

また、マルチスレッドについても記載されている。
ただ、どこまで実用性があるかは分からない。

使い方によっては、マルチタスク機能はよい方向に機能すると思うが。
内容はそれ以外の拡張部分にも触れている。

iPhone4以降のアプリを考える人には有用な情報となる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
iOS4で新規搭載された機能をプロの視点から解説した良書です。

個人的にはEventKitのところが知りたくて気になっていたので、非常に役立ちました。
最初読み始めた頃は初心者でしたが、慣れてくるとiPhoneについて理解が深まってきました。ゆえに読み解けるプログラマであれば
本書を通してiPhoneプログラミングについてある程度俯瞰出来ます。

なぜ"上級プログラマー待望の一冊"と書かれているかは読んでいただくとわかりますが、.hファイルへの宣言などがさっと
書かれていることが多く、またiOS4以前のプログラミングについてある程度理解していないと使えない本となってしまうからです。
ただ、最近プログラミングを始められた方はiOS4以降で開発されていると思われるので(自分もそうです)、
リファレンスとして一冊あればいずれ使える本になってきます。

今でも使える優れた名著です。おすすめです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック