Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard nav_flyout_biss Music Indies ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.36
5つ星のうち4.3
星5つ
2
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0

お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年10月26日
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
オンイヤーで耳の上に乗せるタイプですが圧迫感が無く非常に快適です。
アームの伸び縮みする部分には数字が書いてあって何段階伸ばしたかがすぐにわかるので、ベストな長さが決まったら数値をおぼえておけばすぐにその長さに戻せるのがとても便利です。
快適な装着感のわりには上を向いたり下を向いたりしてもずれたりしませんが、歩くとゴスゴスと縦揺れの音が伝わってくるのが少々残念です。

音質は同価格帯のヘッドフォンにはかないませんがBluetoothでワイヤレスで使えてマイクが付いていて通話も出来る事を考えれば納得がいく音質です。
見た目の割にはきちんと低域から高域まで出ていて突き刺さる様な高音が出る事もなく変にブーミーで下品な低域が出る事もなく聞き疲れしない心地良い音で鳴ってくれます。
付属のケーブルで有線接続すると明らかに音質が上がりますがBTの利便性を取るか音質を取るか悩ましいところです。

さすがに通話用ヘッドセットの大手だと感心したのは通話の音質が良くこの手のヘッドフォン型にしてはマイクの感度も良い事です。
車通りの多い道を歩きながらだとさすがにこちらの声が相手に伝わりづらいですが、少々周りがうるさい程度なら全く問題なく会話できます。
対応している電話機を持っているならミュートと再生ボタンをLEDが紫から青に変わるまで長押しするとHFP 1.6ワイドバンド音声を有効にしてさらに高音質な通話も出来ます。

ファームウェアのアップデートや設定の変更をするにはPCにUSBで接続してMyHeadset updaterを使います。
説明書にはPlantronics HUBを使うと書いてあるのですが、上手くいかなかったのでサポートに聞いてみたらMyHeadset updaterを使ってくださいと言われました。
インストール後にPCのBluetoothが動かなくなった時はCSRBTドライバをアンインストールすれば大丈夫です。
出荷時のファームウェアはバージョンが13ですが、現時点では16にアップデート出来ます。
操作時の音声案内を日本語に変える事も出来ます。

装着感もデザインも音質も良く小洒落た携帯用ポーチも付いてきて総合的にはとても良いのですが、歩いた時の振動が聞こえてくるので星4つにしておきます。
3コメント3件|4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
とても凝った造りのパッケージになっています。
ホワイトと金属地のフレームにブラウンのレザーが組み合わさったお洒落なデザインで、左右のハウジングの外側には銅色のメッシュが施され、高級感を演出しています。

メインスイッチはボタンを押しっぱなしといった動作が不要なスライド式で動作状態が一目で分かり、とても使いやすいです。
Bluetooth接続は問題無くスムーズに行え、端末上でバッテリー残量メーターも表示されます。
また、高品質なaptXにも対応しています。
操作は音声によるアナウンスが付いており、起動時にバッテリー残量を読み上げてくれる点は便利だと思います。
バッテリー残量は本体の右側のハウジングでも確認が可能です。
本体で基本的なオーディオコントロールやハンズフリー通話の他にSiriも呼び出せます。
オーディオのコントロールは左側のハウジングにあるボタンで行いますが、ボリュームはダイヤル式なのでとても扱い安いです。

パンチングメッシュでLとRが刻まれたイヤーパッドは耳を覆うものではなく適度なフィット感が得られます。この部分への荷重がなくなるとオートで再生が一時停止になり、再び装着すると一次停止が解除されます。
話しかけられた時などヘッドセットを外せば音が止まりますし、外した状態で鳴り続けずにとても良いです。
また、オープンマイクという機能があり、ボタンを押すことで音楽は一時停止状態になりますがマイクを通した周辺の音を聞くことができ、なかなか面白いと思いました。こちらの機能も再度押すことで音楽再生に戻ります。

音質は中高音よりですが、程よい低音も響きます。
とてもハッキリとしたクリアな音ですが、シャカシャカ鳴るわけではなく非常に良質の音が鳴ります。
解像度が高いので音の鳴り分けがとてもきれいに出ていると思います。
無音時のノイズもほとんどありません。

ハンズフリー機能ですが、こちらも一般的なBluetooth接続のヘッドセットとは一線を画すほどの音質でこちらと相手側ともに普通に電話機で通話しているような感じで話ができます。

Bluetoothのヘッドセットは何種類か使っていますが、ひとつひとつの機能が高いレベルで組み合わされた素晴らしい製品のひとつだと思いました。
review image review image review image review image review image review image review image review image
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年10月27日
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
【デザイン】
ホワイトモデルの感想です。
素材はそれほど高級な物で作られていないと思われるのですが
マットなホワイトと明るめのブラウンで安っぽさはありません。
ハウジング部分には銅色の金属メッシュがポイントでキラキラ
としてキレイです。

また充電状態やペアリング時に点灯するLEDランプはハウジング
のシリコンパーツに隠れており普段の消灯時にはキレイに隠れて
いてスッキリと洒落たデザインかと思います。

【音質】
中域が少し張り出している感じですが、低域から高域までクリア
でオープンエアのような音の広がりが良いと思います。
軽そうな見た目に反して重低音もそこそこ鳴ります。

ただし音漏れもわりと盛大なので電車内とかでの使用は厳しいかと
思います。遮音性も低いですがノイズキャンセル機能のおかげで
通話などでも周囲の騒音は気にならないレベルだと思います。

【フィット感】
耳乗せタイプのオーバーヘッドですが締めつけはきつくないです。
また140gと軽量なので軽い運動をしながらでもズレなく快適です。

サイズを合わせるヘッドバンドアジャスターはカチカチと適度な
固さで動き、10段の数字表示ありの目盛りで便利です。

耳や頭頂部にあたる部分はやわらかなレザー調の仕上げで蒸れ
にくく長時間の使用も問題ないです。

【マイク性能】
ドコモ版 Xperia Z3 で試してみましたが通話はもちろん
音声検索やボイスダイヤルなどもミス無く使えました。
おもしろいのがオープンマイク機能で内蔵マイクで周囲の音を
拾いヘッドホンで鳴らすといういわば「逆ノイズキャンセル」
みたいな機能があります。遮音性があまりないので再生を停止
すれば普通に周囲の音も聞けるんですが。

【機能・操作】
オーディオ系操作ボタンは左側に集中しておりボタンも凹凸に
よりわかりやすく操作しやすいです。
スマートセンサーという機能が秀逸でヘッドホンの着脱で
オーディオの一時停止、再生を自動でやってくれます。
右側のイヤーパッド内にセンサーが仕込んである感じです。
スマートセンサー機能はOFFにすることも可能です。

バッテリー残量や接続状況を音声で聞く機能もあります。
デフォルトは英語ですがPCに接続し変更も可能です。
私は日本語に変更しましたが、その際説明書に書かれている
Plantronics Hub ではなくMyHeadset Updater というソフトを
ダウンロードする必要があります。PlantronicsのHPのサポート
にあります。

スマホ用アプリのPlantronics Hubでは電池残量の確認がメイン
の機能ですが説明書代わりにインストールしておいても良いかも
しれません。

【携帯性】
ハウジングを平たくし付属のポーチにしまえば面積はアナログEP盤
ほどありますが持ち運びも可能でしょう。
またこの付属のポーチがしっかりとした布で作られており内側は
ソフトな素材で付属品レベルとしてはなかなか手が込んでおります。

他の付属品は充電、PC接続用のケーブルとイヤホンプラグに有線接続
する際のリモコンマイク付きヘッドホンケーブルです。いずれも白色
でヘッドホンケーブルはL字プラグで長さは150cmほどです。
ポーチのポケットに収納しておけば電池切れの際も有線で使用できます。

充電だけなら付属ケーブルじゃなくてもアンドロイドスマホでよく
使われているmicroUSBケーブルで可能です。

【総評】
約18時間の連続使用が可能で140gという軽さが魅力的だと思います。
Bluetoothで気軽にオーディオを楽しみたいのに良い製品かと思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月17日
BluetoothのスイッチON時→「バッテリー ハイ (ミディアム, ロー).」
Bluetooth接続失敗時→「ノー フォン イズ コネクティッド」
Bluetooth接続確立時→「フォーン 1 コネクティッド」
Bluetooth切断時→「フォーン 1 ディスコネクティッド」
BluetoothのスイッチOFF時→「パワー オフ」

英語で書いたら、不適切と言われたのでカタカナにしました。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年11月17日
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
軽い付け心地、音質高低供にバランス良好。
音漏れは隣の人ぐらいには聞こえるレベルで、高音の漏れだけはちょっと大きい。
機能としては、OpenMic機能という機能がユニークで、周囲の歯切れ音を集音拡大してくれるので、
いわゆる簡易的な1万円レベルの補聴器の代わりとして使えます。
充電も2時間ほどの短時間で出来て、長時間かつ長距離の接続安定性の高さは、
周辺をウロウロするのにはかなり便利で、これが一番の利点。
電源オン時の自動接続もかなりいい感じ。
有線接続もできますが、音声が不安定になるのでアンプ接続でも有線接続はあまりお勧めできません。
ファームアップや言語変換では、他のbluetoothUSBのドライバに影響を与えるのでちょっとだけ面倒。

スマホと接続することでヘッドホンから音楽のボタン操作ができ、
装着脱着によるセンサー反応で音楽の再生停止が可能です。
電話の通話やリダイヤルや着信拒否操作もできます。
個人的にはダブルタップ発動のリダイヤル機能だけは誤作動しそうで怖いので要らなかったかな。

PC(win7)だけに接続した場合は、音声再生中と無音中で多少挙動が違うけれど、
基本的にはただのヘッドホンで、マイク、音を聴く、音量の調整、第二bluetooth接続だけが使えました。
OpenMicは無音中は使えます。
他の機能は、大体がプッシュ音のみか再接続の挙動に変わります。
電池残量の確認音も接続した瞬間以外は聞けません。

PCとスマホを同時接続した場合、
PCと同様にスマホのHD音声やスマートセンサーや電話も機能しなくなります。
アプリの縮小やミュートをしただけでも音声が出なくなったりして、再び音を出すのに片方の切断が必須となります。
また、bluetoothなので複数の音を同時再生で聴くことは不可能なので、同時接続をする意味はあまり無いといっていいでしょう。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2015年11月9日
色: ホワイト|Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー( 詳細 )
とにかく至れり尽くせり。
バッテリー切れても有線でも使えるケーブル付き。(アンプも効かないので音圧下がる。)
耳から外しただけでオートオフスイッチ。
Bluetooth機器2台接続、音楽プレイヤーで音楽聴きながらスマホの着信待ち。
ボリューム、選曲もヘッドホン上で出来るからプレイヤーはバッグの中OK。
音質はそこそこ、低音効いてるけどややビビる感はあるものの、全域に渡って良く鳴ります。
特に中音が豊かで女性ボーカルは楽しめそうです。
質感もそこそこ、良く見ればちょっと安っぽい気もしますが、充分及第点は与えて良いレベルで有ると感じました。
装着感は最高。軽くて疲れにくい。
やはりコールセンターのヘッドセットメーカーとしてのノウハウを活かした機能性を売りにしていると思います。
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)