Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Cloud Drive オフィス家具購入でAmazonポイント10%還元 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Bargain 2016summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick まとめて買うとヤスイイね 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music 釣具・釣り用品 堤防釣り初心者ストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.939
5つ星のうち4.9
星5つ
37
星4つ
0
星3つ
2
星2つ
0
星1つ
0
形式: LP Record|変更
価格:¥2,277+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2003年2月27日
これは、LPから持っており、CDを買い直しました。ヴォーカルが最高なのと、バックの豪華さで、超お奨めです。ギターのD・T・ウオーカーとラリー カールトンの絡み、チャック レイニーの独特のベース、ハービー メイソンのグルーヴ、どれをとっても文句なし。イントロの男女の会話からフェイドインしてくる一曲目のゾクゾク感、不朽の名曲「Feel like making love」のバッキングギター(DTとカールトンの絡み最高)の素晴らしさ。インストファンでも感動するはず。他にも名曲てんこ盛りで、言うことありません。絶対買って損はありません。
0コメント|49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年4月11日
 本作のような、定評のある、しかも中身がしっかり伴った大傑作を、改めてレビューするのも、気が引けるが。

 本作の良さは、アルバムの中の、良い曲含有率が高いとか、キラー・チューンを含んでいるか、そういうことではなく(無論、そういうこともあるが)、一種のトータル・アルバムのように、全体に統一性があるというか、最後の「モンシェリー」まで牽引してしまう、その魔法にあると思う。
 とにかく、何度聴いても、芝居仕立ての1曲目に針を落とすと(無論、比喩です)、かもめの鳴き声が聴こえる、その曲だけメンバー構成が異なりアコースティック処理されているラストの曲まで、どうしても途中で止めることが出来ないのです。

 もう何度も再発されているから、マニア以外にも本作を耳にしたことのある音楽ファンは多いと思うが、それでもなお、本作をまだ聴いたことが無くてこのレビューを読んでいる方には、「今すぐ購入を」!!!

 ただ、熱心なファンから言わせてもらえば、既に何度もリイシュー経験済みで、カタログにも常時残っている本作を敢えて再発するよりも、埋もれているほかのブルー・ノート時代のマリーナのリーダー・アルバムを、まずは復刻して欲しかったところ。

 
0コメント|34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年3月15日
アレンジが秀逸です。ストリングスの使い方。シンセサイザー全盛期前のこの時代は当然、本物の弦楽器を使っている。これがあるとないとでは随分違う。もし、同じ譜面をシンセでかぶせたとしてもまったく別物。やはり70年代は良かった。楽曲もベナード・アイグナー作曲の4曲がとりわけ良く、アレンジと相俟って聴かせます。ギターに興味のある方ならご承知の通り、デビット・T・ウォーカーのオブリガードが特に有名1枚だが、もう1人のギタリストDennis Budimerのギタープレイも素晴らしい。「Rose Marie」におけるギターソロ。もともと西海岸で活躍していたジャズギタリスト。(1950年代末のチコ・ハミルトンのバンドではエリック・ドルフィーと同時期に在籍。後にスタジオの仕事をメインにするようになった。)「Rose Marie」では、さすがにジャズギタリストらしいオルタードスケールを用いたスインギーなソロを聴かせてくれる。デビット・T・ウォーカーについて語られることの多いアルバムだが、Dennis Budimerのプレイも最高なのである。
0コメント|26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年2月7日
ハービー・メイソンdr、チャック・レイニーbs、デビット・T・ウォーカーgtの3人が参加した作品は知る限り全部好きですが(笑)、中でもこの作品が1番気に入っています。デビットT好きの私にとっては、もう堪らないアルバムである。
その上にラリー・カールトンのギターも絡まってくるのだから、もう最高である!!

1曲目の長いお喋りの途中からフェイドインする演奏が超ファンキーで、所々にジャジーなフィーリングが素敵!どうすればこんなカッコイイ曲が出来るのか、マジ聞きたい所です。ROBERTA FLACKの名曲「FEEL LIKE MAKIN' LOVE」のカバーは原曲を遥かに凌駕した素晴らしい出来にただ感動。ゆったりしたサウンドの其処彼処に、絶妙のタイミングでデビットTの「ピーン」と弦を弾く音に痺れる・・・8曲目”Lovin'you was like a party”は個人的な思い出深い曲。
小さなライブハウスでマリーナを観た時の事。ピアノ、ベースとマリーナの3人のライブの為、ピアノ中心のアレンジに変えられていた曲が多い中、この曲がアンコールで超盛り上がりで、改めて曲の良さを実感した次第です。

最後に一言・・・一生聴けるジャズファンク(ジャズボーカル)の最高傑作で買って損はありません!
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2001年12月27日
このアルバムはとっても心に響く曲が満載、という感じです。
特に、夕暮れの高速なんかで聴いた日には切なくなるほど。
わたしのベストアルバム、ってかんじです。
0コメント|14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2005年10月22日
とにかく、ハートフルで、垢抜けていて、オリジナリティーで、セクシーで、かっこよくて、なんとも表現し難い。いい音は時代に関係ない。
ウォーカーも、ラリーも、ハーヴィーも素晴らしい。全員、一流のプライドを誇示せずに、実直にリラックスしていて、最高に気持ちがいい!
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年9月25日
いまランキングを賑わせているシンガーを名乗る人達が、例えば4を聴いて、どう思うんでしょう。反省するんじゃないでしょうか。
0コメント|12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月14日
これ、何年も前に入手して愛聴していたのだが、ipodで聴いてたからか、ブルーノートから出ているのに気付いてなかった。そもそもジャズ作品に分類されるに、最近気付いた。どっちかというとソウルで捉えていたからなあ。ブルーノートの全作品カタログ集を読んでいて、これブルーノート作品なの!と驚き、久々にCDを出して眺め、やっぱジャケも名盤オーラ出ているよね〜と感慨深かった。最初聴いたときは、当然1曲目「Street Walking' Woman 」のドラマの1シーンのような臨場感から、まさにソウル・ファンクビートとジャズの4ビートが目まぐるしく交錯するキラーチューンに一撃必殺。こういうリズムのノリが変わるジャズは、5〜60年代頃から、ジャズロック、ファンクロックとしては存在したが、歌が入って自在にリズムとフィーリングチェンジする技量と歌心には驚き。2曲目からは、どちらかというとジャズというより、ソウルフルな、女性版スティーヴィー・ワンダーとでもいうべき名曲が目白押し、しっとりした「You Taught Me How To Speak In Love 」、ドラマティックな「Davy 」、キャッチーな「 Feel Like Makin' Love 」・・・と名曲目白押しだ。ソウルフルでかすかにはねるリズミックで軽やかなチューンと、70年代女性シンガーソングライター、例えばジョニ・ミッチェルとかにも通じるしっとりしたムーディなチューンが、自然に共存している。また、ほとんど時代を感じない。21世紀に出てても不思議でない。ブラックミュージック色も強すぎず、白人ロック・ポップスリスナーにも大いにアピールするだろう。
0コメント|2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年3月24日
CDで買い直してしまいました。Marlena Shawの最高傑作!JAZZYな雰囲気が気に入っています。彼女のいろんな面を楽しめるアルバムになっています。忘れていけないのは参加しているミュージシャン凄すぎます。ぜひ聞いてみてください。
0コメント|11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年9月28日
超一流のバックミュージシャン。  彼らを称える際、その偉大な足跡を紹介するのに欠かせないのが本作。 ノリ ・ タメ ・ 泣き ・・・ リスナーを唸らせる あらゆる要素がここには凝縮されている。

楽器をかじる私は何度も何度も聴いて考えました。  ノリはどうして生まれるのか?...ハービーはメチャクチャ唄っている。  泣きとは?...ギタリストたちはメチャクチャ曲に入れ込んでいるようだ。 
.....答えは卓越した技術よりも楽器演奏以前のところにありました。

 楽曲の良さにより、プレイヤーの高いモチベーションが加わり、こんな素晴らしいアルバムが出来上がったのでしょう。 
私の迷いをフッ切れさせてくれた、いわば恩師です。  
0コメント|5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,019