Androidアプリストア Amazonファミリー Amazon Student Office2013在庫一掃セール Amazon MasterCard summer_Bike DVD Blu-ray Bargain 2015summer ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 父の日2016ギフト・プレゼント特集 紫外線対策特集 pets 子猫の飼い始めガイド Kindle Amazon MP3 ゴルフクラブ・ゴルフ用品・ゴルフ場予約

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3124
5つ星のうち4.3
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2005年2月20日
 あるレビュワーが、「映画を見たか否かで判断してくれ」と述べているが、私もそう思う。残念ながら、日本では、1970年代の初めに劇場公開された後、公開はなく、1980年に一度だけテレビで深夜に放映された。幸いそのVTRを持っていて、時々、見直すけれど、特にPaulとGeorgeの関係はこじれきっている。Johnは、大人に振舞っているけれど、やはり苛ついている。

 そういう状況を全部見たうえで、あえて言うなら、海賊版対策のためのNakedなどを出すよりも、相当無理して完全性を「装った」このオリジナル盤の方がいいと思う。

 ジョージ=マーティンのほかにフィル=スペクターをつれてきたことの是非は議論もあろうが、あの状況のぐちゃぐちゃの状態をともあれまとめたことは見事な腕前だったといわざるを得ない。彼が、現在アメリカで殺人罪で公判になってることは別の問題として。
0コメント|19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年11月21日
「Let It Be…Naked」の発表によって、この本家(というか、前の)「Let It Be」も再び脚光を浴びています。(他の方も書いていましたね)
これからビートルズを聞き始めようという若いロックファンの方には、何故「…Naked」がこんなに話題になるのか、「…Naked」と旧盤の根本的な違いって何?と不思議でしょうね。
「Let It Be…Naked」発表の必然性を考えるとき、どうしてもこの「(旧)Let It Be」の制作過程と、それにまつわる数々のエピソードは避けて通れません。そしてそれはビートルズの歴史の終章を知る上でも、そしてビートルズそのものを知る上でも、外すことは出来ません。
アルバムとしてまとまりが無いとか、これは本物の「Let It Be」じゃ無いとか言われることもありますが、30年間世界中の人々がこの「Let It Be」を聞いて、そしてその殆どの人がこのアルバムにちりばめられた宝石のような曲の数々に感動してきたことは事実です。
「Let It Be…Naked」を聞く前に、こちらの「Let It Be」を聞くことをお勧めします。
0コメント|44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年11月19日
Let it Be Nakedのリリースによって再び脚光をあびるようになったこのアルバム。ともすればフィル・スペクターによってメチャクチャにされてしまった、との意見を助長しそうなムードだが、数十年間この形ですでに十分な評価を得てしまっているので大丈夫だと思う。それどころか、自分はこのアルバムの良い出来に改めて惚れ直すことになってしまった。
繰り返し...nakedを聴いた後に何気なくこのオリジナルアルバムを聴くと、実に音がしっとりしていて逆になじむ感じだ。それは決してオリジナルを幾度と無く聴いてきたからではなく、ネイキッドでは消されてしまっているノイズだとか空間の雰囲気とかがありありと感じられるのだ。ネイキッドも素敵な作りだったけれど、繰り返し繰り返し聴くのに耐えうるのはこのオリジナルの方だと思うのだ。
ポールはクリエイターとしてフィルのオーバープロデュースに怒るのはもっともだと思うし、それで今回のネイキッドが出たのは望ましいことだとも思う。だけど、この作品はとてもうまくまとめられていると思う。
なぜなら、ビートルそれぞれが生きた人間ドラマをこの作品から強烈に感じるからだ。同名映画を観たので、よけいにそう感じるのかもしれないが、ともかく音楽が好きでたまらない4人がビートルズという枠の中でもがいている姿が感動的だ。
とにかく、初期衝動と終末感、希望とか夢とか、いろんな要素があってビートルズのアルバムの中でもとりわけ味わいが尽きない。
0コメント|40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年10月17日
ビートルズを聴き始めて35年以上になる。
このアルバムは、最初あまり好きではなかった。よく言われるアルバムとしてのまとまりが無く散漫である・・
私もそれを感じていたし、解散寸前でアルバムを完成させるという意欲も薄かったと聞く。
良い曲は収められている。レット・イット・ビー、ゲット・バック、他にもあり、曲自体は他のアルバムに比べて遜色ないように感じるのだが、なにかバラバラ感があり、ホワイトアルバムの散漫加減とは質の違うはかなさを感じるのである。
しかし、不思議な事に今一番よく聴くのがこのアルバムなのだ。特にレット・イット・ビーが無性に聴きたくなる事があり、それがベストアルバムである青盤やビートルズ1 ではなくこのアルバムでないとだめなのだ。
おそらく、このアルバムの中でこの曲が光っており、他の曲とのバランスが微妙に絡み合っているのであろう。
肩の力を抜いて聴ける素晴らしいアルバムだと今では感じている。
0コメント|35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年2月7日
 この曲をはじめて聞いたのは中一もそろそろ終わりの頃、3年生を送る会の時だった。それも Beatles のオリジナルを聴いたのではなく、これから卒業していく3年生自らの有志バンド5人による演奏だった。ピアノは女子で、ボーカルはメガネをかけた男子で、楽器は持たず、歌に専念していた。後は、ギター、ベース、ドラムスだった。歌はお世辞にもうまいとは言えなかったが、妙に感動した。また恥ずかしいことにそれが、Beatles の Let It Be だとはその後半年くらい知らなかったのだ。しばらくその曲が頭から離れず、クラスの内外の友人に、「こないだ先輩たちが演ってた曲、なんて曲だ?」と片端から聞いたが、「知らない」「覚えていない」という返事ばかりだった。やっとつかんだ答えが「ビートルズのいちばん有名な曲だよ」だった。「いちばん有名って、なんていう曲だよ。」って、聞き返したが、むなしく「わからない」という答えしか返ってこなかった。
 そんなある日、ためたこずかいを持参し、「レコ田園」というレコード屋に赴いた。店の主に「ビートルズのいちばん有名な曲が入っているレコードください。」とシングル盤を買うつもりで注文したら、「ああ、Yesterday だね」と言いながら、出されたレコードは「Yesterday And Today」というあのいわくつきのアメリカ版レコードだった。アルバムは高嶺の花だったので、「シングルでいいんですけど」と言ったら、「シングルは発売されてないんだよ」という返事だった。そこで、一大決心をし、それを買って、針を落としたところ、流れだしたのは、アコースティックギターのイントロと歌と弦楽四重奏だった。「違う! でも素晴らしい曲だ!」そう思い、なんどもなんどもほかの曲は無視して、そればかり聴き続けた。その後 Dr. Robert など他の収録曲にもトライしたが、幼い自分にはその良さは偏差値が高すぎた。
 それから、半年くらいが過ぎた。私の心の記憶には、まだあの先輩の下手なボーカルが消えていなかった。再度それを求めて「レコ田園」に行った。「あのう、ビートルズのyesterday の次に有名な曲ってなんですか?」と切り出した。「"Let It Be" のことだね?」と聞き返された。私は先輩の下手なさびの部分の熱唱を思い出し、「それです!」と叫んだ。店の主は、シングルとアルバムの両方を出してきた。私はアルバムを消化する自信がなかったので、今度はシングルを買った。ずいぶん後に、それはモノラルであることがわかった。この時期のビートルズにはモノラルなどないはずだが、なぜか日本版シングルだけは、ステレオをモノラルにしただけの「ニセモノ」が発売されていたのだ。それはそれで貴重だったりもするのだ。ともかく私のビートルズ史の始まりはこんな恥ずかしいものであったが、それでもこの歴史は私に死が訪れるまで続くことだろう。
0コメント|17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月4日
このアルバムでのフィルの仕事は、雑だのオーバープロデュースなどと物議を醸していますが私は最高の仕事だと思います。
いくらビートルズが天才だとはいえ、ただテープを回していただけの怠惰なセッションの光る部分だけをうまくつなぎ合わせて聞かせてくれます。
そして見事に、あの時代のビートルズの空気を我々に伝えてくれる。なぜかネイキッドでは伝わらない空気です。 ポールはけなしたけど、僕はロングアンドワインディングロードのアレンジは大好き、涙が出ます。
0コメント|13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年6月22日
元々はジョージマーチンの片腕グリンジョーズによって最終ミックスまで行った幻のアルバムGet back with dont let me down with 9other songsと言うものが在ります。このアルバムはオーバーダビングは一切しないというコンセプトで制作されました。今ではそのミックスがアンソロ3にIve got a feeling/Two of us/Dig a
pony/For you blue/Teddy boy/The long and winding road/と6曲聞くことができます。これを聞けばわかりますが、あまりにもシンプルそして雑な編集でリリース直前にジョンの中止命令が下り、プロデューサーをジョンの希望でWall of soundで有名なフィルスペクターを起用して作り上げられたのが本盤です。ここでは最初の、全て一発録りというコンセプトは捨ててしまい、過剰にオーバーダビングされ気味ですがスペクターによってAcross the universe/Let it be/The long and winding road/I me mineに新しい生命を吹き込み歴史に残る名曲にしたのは事実です。ポールは特にThe long and winding roadのミックスに腹を立てているようですが、アンソロ バージョンの方が特に優れているとは私には思えません。ピュアなビートルズマニアには不評なアルバムですが、私は好きです。
追伸 スペクターはこの後ジョージとAll things must pass、ジョンとImagineという大傑作を作り上げました。
0コメント|28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年12月20日
Let it Be Nakedのリリースによって再び脚光をあびるようになった
このアルバム。ともすればフィル・スペクターによってメチャクチャ
にされてしまった、との意見を助長しそうなムードだが、数十年間
この形ですでに十分な評価を得てしまっているので大丈夫だと思う。
というわけで、私はこのアルバムはとても好きなのだ。ポールはク
リエイターとしてフィルのオーバープロデュースに怒るのはもっと
もだと思うし、それで今回のネイキッドが出たのは望ましいことだ
とも思う。だけど、この作品はとてもうまくまとめられていると思
う。
なぜなら、ビートルそれぞれが生きた人間ドラマをこの作品から強
烈に感じるからだ。同名映画を観たので、よけいにそう感じるのか
もしれないが、ともかく音楽が好きでたまらない4人がビートルズ
という枠の中でもがいている姿が感動的だ。
とにかく、初期衝動と終末感、希望とか夢とか、いろんな要素があっ
てビートルズのアルバムの中でもとりわけ味わいが尽きない。
0コメント|29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年2月21日
モノBOX持っている方は、これと「イエローサブマリン」「アビーロード」の3枚の紙ジャケは買った方が良いです。
モノBOXのライナーとブックレットの2冊を外せばBOXに3枚ピッタリに収納できます。
今回の紙ジャケ全種買わなくても一応紙ジャケコンプリートになりますのでお金も浮きます。
0コメント|7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
現在このアルバムについて言えることはビートルズが当初考え意図していたアルバムと
いうものが何かということです。
それが「Naked」というものであるならば比較してみるといいと思います。

フィル・スペクターによるこのアルバムはメンバー、特にポールの意向を無視した
音になっているわけですが「ゲット・バック・セッション」の原点に戻るという
ことがオーヴァー・ダビングをしないということであるのか、ということを疑問
にも思います。
スペクターはこの音源をビートルズというアーティストの音として捉えてはいない
が各曲の持つ魅力を最大限に引出していることは事実だと思います。
一流のプロデューサーだから出来る仕事を彼はした訳ですが、それは完璧ではない
にしろそれに近いものであると思います。
ここで演奏した側と聞く立場のギャップがあります。
ポールの曲「Let It Be」と「The Long And Winding Road」にそれは著明に出ています。
この名曲を更なる高みへともっていったのはスペクター・サウンドでしょう。
ジョージ・マーティンはビートルズを良く知るプロデューサーなのでアーティスト側の
立場で考え「Let It Be」については別バージョンがあるので聞き比べるとわかります。
曲を素材として考えればスペクターの音が良く出来ていると言えますが、ビートルズの
曲としては違うものになっているのでしょう。
個人的には「Let It Be」と「The Long And Winding Road」「Get Back」の3曲がある
だけで価値のある作品だと思います。
0コメント|3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥1,473