Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
89
5つ星のうち4.4
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2015年6月9日
2015年デラックス2CD(品番3764836)について。
てっきりオリジナルアルバムにも新リマスターを施して発売するのだろうと思っていたのだが、
新リマスターは施さず、賛否両論の2009年リマスターをそのまま使用している。 
 
未発表音源のボーナスディスクは素晴らしい。
しかしオリジナルアルバムの方もリマスターして欲しかった……。
 
 
最近の60〜70年代音楽のリイシューの傾向として、
当時のオリジナルアナログ盤の"原音"に近いマスタリングが好まれる傾向があるが、
そちらを望む人はオリジナル盤の音に近いと好評の2011年DSDリマスターが採用されている
UICY-40011、UICY-75886あたりを入手した方が良いかもしれない。
好みに応じて選択すると良いでしょう。
0コメント| 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年6月25日
1980年代の初CD化から2009年発売のユニバーサル盤まで、全てのCDの「You Gotta Move」の2分19秒辺りで大きな音揺れがありましたが、
このUKオリジナルマスターから制作したSACDの同曲には音揺れがありません!

音は、過剰コンプで超ドンシャリの2009年ユニバーサル盤リマスターと対極をなす、ナチュラルな音です。
このSACDと比較すると、1994年のバージン盤リマスターですら刺々しい音に聞こえます。

音揺れがないこと、ナチュラルな高音質であること、このSACDは買って損はありませんよ!
0コメント| 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月17日
多くのストーンズマニアは殆ど耳にした、クラプトン参加のブラウンシュガー、ワイルドホーシスの別バージョン、リーズのライブがかくも素晴らしい音質で聞けて皆んな夢見心地でしょう❗️今回はブックレットの写真もかなり質が高く文句ナシ❗️
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年12月27日
 フラワー・ムーブメントが終着する1970年前後の、つまり、前のアルバム「LET IT BLEED」からのストーンズというと、一般的には、ブルーズを彼ら流に焼き直す等の、ルーズで、レイドバックしているサウンドの傾向にあると思われます。また、それとは別に、地平線の彼方を見渡すような、そのように、俯瞰的な視線も感じられるのですが、ワイルドで彼ら流の解釈というものが、いかに、独自のコンポジションを持っていたかというものが理解できるというものです。というか、何処かしら、このアルバムに、一環として流れている、醒めているストーンズの佇まいというものが、この時期には、すでに、達成されていたのだと思うのです。
 今回のSACD-SHM仕様ですが、透明感があり、良い雰囲気を作り出しています。アナログ盤に通じる、繊細なタッチというものがあり、あらためて、その仕様の良さを実感できます。一聴の価値はあると思います。
 さて、1971年に発表されたこのアルバム「STICKY FINGERS」では、1曲目の「BROWN SUGAR」よりも、3曲目の「WILD HORSES」の方が、たぶん、リアリティーがあるんじゃないかなと思うのです。それは、悲しい名曲ですが、生々しいガット・ギターのアルペジオ等からも感じられるように、この透明感のあるサウンドと雰囲気は、琴線に木霊するのではないでしょうか。
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
1970~71年。ロックはそれはもう、大変でした。なにしろビートルズが消滅してしまったのです。混沌のなかでレッドツェッペリンなどを頂点とするハードロック勢、71年初来日のシカゴが代表的だった「ブラスロック」(シカゴの兄貴分BS&Tは60年代終盤すでに売れていましたが)、やや異端的で一時的現象でしたがマークボランのTレックスなどのいわゆる「グラムロック」、そしてこちらも71年初来日のピンクフロイドや同年「タルカス」を放ったEL&Pを代表とし一大旋風を巻き起こした「プログレ」勢(その最高峰のひとつイエスは1~2年遅れ)。すさまじい勢いのロックの多様多彩化が、強烈なエネルギーをもって開花した、ロック史のなかでもメモラブルで、そして重要な2年間だったとおもいます。

そのなかでビートルズ亡き後「残されたほうの超・大御所」ストーンズの出した回答。平和や反戦や人間愛などを謳うのではない彼ら。王道のブルース&正統派ロックンロールをベースに、ときにポップに、ときにメロディアスに、ときにカントリー調に、ときにはバイオレントに、そしてアバズレとか麻薬とか奴隷商人とかまでアウトローで退廃的な世界すらパワフルにエネルギッシュに歌いあげてしまう、彼らの“王道の明示”、がこの歴史的名盤とおもいます。

売られていく黒人奴隷をうたったヒドイ歌詞内容の「ブラウンシュガー」で幕をあけます。聖マリアをうたっておわったビートルズ解散直後がこれか?と仰天しましたが、音的にはバリバリのストーンズサウンド全開の会心作で、1971年初夏に日本でもヒットチャートを彩りました。3曲目「ワイルドホース」は哀愁感のあるストーンズを代表する美しいバラードでその後の「アンジー」をちょっと想起しますが、70年代ストーンズ党はみなアンジーよりこっちがずっと上の曲、と支持してたのを想い出します。小生も全く同感です。アンジーとことなり、71年秋にシングルカットされたこちらは一般受けはせず、チャートを駆け上ることはありませんでしたが、ストーンズの残した名曲のひとつとおもいます。5曲目「ユーガッタムーブ」なんともホンキートンクな世の中なめてるかのような?(笑)アコースティックベースのスローブルースの傑作。これこそストーンズやりたい放題の神髄!とおもいます。ぜひともきいていただくほかはありません。7曲目「アイ・ガッタ・ザ・ブルース」メロディアスでどことなくゴスペル調なミックの魂のこもった熱唱がききものの一品。本作中では小生の一押しです。ラスト「ムーンライトマイル」のストリングスは意表を突くことに当時エルトン・ジョンの編曲でバリバリ売り出してたポール・バックマスターが担当です。同年秋リリースのエルトンジョンの秀作アルバム「マッドマン」タイトル曲の衝撃的だった間奏をほうふつとさせています。

ビートルズ消滅後、ロックのまさに残された「王者」として君臨した、ストーンズ黄金期の超・名盤。
なおジャケットのほうも。。。CDではさすがにホンモノのチャックでないにしても「歴史的」かとおもいます(笑)。
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年11月9日
最近になって急にストーンズをちゃんと聴いてみようと思い立った人間の戯れ言として軽く流して頂きたい。

このアルバムの流れがすごく気持ちいい。例えば"Let It Bleed"なんかはもっとカントリー/ブルース色が強いと思う。少し前にクラプトンのソロにハマったのだが、ロバート・ジョンソンをカバーしてたりちょっと被るところがあると思う。それが『メインストリートの…』になると良くも悪くも「ロックンロールの陽性の部分」を純粋培養したような感じ?、になると思う。アッパーでノリが良くって…翳りの部分が希薄なのが逆にちょっとしんどいかな、という。

でも、このアルバム独特の"Sway"や"Wild Horses"や"Can't You Hear Me Kocking"とかに顕著なゴスペル/南部ソウルっぽいくたびれた、それでいてぬくぬくとした感触がすごく気持ちいい。テンポも気持ち遅めのミドルで、温泉につかってるかのような。たぶん自分がストーンズの曲で一番好きな"Moonlight Mile"が収録されてることも大きい。この曲の説得力やリアルさがどこから来ているのかを考えてみると、「人生まわり道をしてみて初めて見えてくるものもあるもんだ」という気持ちにさせられる。

うまく言えないけど、ストーンズの音楽を聴いてその良さに酔うというのは、欠落や喪失も込みで自分の人生のあるがままを受容するという行為、「ダメな自分をよしとする」というアティチュードに繋がっている、少なくとも自分の頭の中では。そういう聴き方に一番ハマるのがこのアルバムなんじゃないかと。要は黒人音楽が本来持つ懐の深さと、それをイギリスの白人がやってるという「まがい物」感のブレンドによって、すごく実存的な音楽が生まれているということなんじゃないかと。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月20日
次々と襲いかかる「デラックス・エディション」や「スーパー・デラックス・エディション」、はてはブートレグ等で知れ渡ったライブ音源の公式リリース、etc.。
「おどらされないぞ!」と誓っていたはずが、買ってしまいましたこのスーパー・デラックス・エディション、国内の初回限定盤、しかも発売前予約で。笑
スティッキーを買うのはこれで一体何枚目なのやら(LPの頃から数えて)...。

で、届いたセットについて。
払った値段に対する価値で言って、十分満足です。予約で定価よりは少しだけ安かったし。(一緒にマーキークラブのやつも買ってしまったのでちょっと頭がごちゃごちゃになってますが。すみません。)
DISC3には今までに聴いた同日ライブのブートには入っていなかった曲が入っていたり、それから何と言っても個人的に満足度が高いのはDISC2。これらの音源がこの音質でまとめて聴けるのはうれしい!
話が飛びますが、特にストーンズファンというわけではない方(ファンと言っている方の中にもかな)で、このアルバム(DISC1のことです)の良さが分からん、という方が結構いますね。私はその気持ちはなんとなく理解できます。 (同意は全くできませんが。私の最も好きなアルバムの1つなんですから!) このアルバムがピンとこない方は、きっとどこまでいってもこのジャンル(?)にはまり込むことはない方なんでしょう。 そういう方は無理することないと思います。 そういう方にはDISC2もDISC3もほとんど価値が無いでしょう。(そもそもそういう方が高い金出してスーパーデラックスなんて買わないですよね。笑)
また話が飛びますが、そういえば他の方のレビューを見ると、切抜きフィギュア(?)は誰のが入っているのかお楽しみなんですか? 私のは商品画像通りのミックジャガーだったので、てっきりみんなミックジャガーなのかと思っていました。(お楽しみっていうのがもしかして「釣り」ですか?真偽のほどは?)

さて...〈ここから不満編です〉
但し、があります。 これって...(どの曲のことかはあえて書きません)...やっぱりまた、オーバーダビングですよね...。
商品の中にもヒントがあるので、以前の音源を聴いたことがなくても勘づく方もいるかも知れません...。
私はオーバーダビングを頭ごなしに否定するつもりはありません。 しかし、当時の演奏にその時点でオーバーダビングするならともかく、何十年も経ってから全く年齢の違う状態でオーバーダビングするのはどうかと。 しかも、割とよく知られてしまっているテイクに対していまさら。 そんなことをしてファンが喜ぶと思っているんでしょうか...。 残念です。 むしろ私の勘違いであって欲しい...。

もう一つの不満点。 ディスクを出し入れするのが面倒くさすぎる。 まさか「この商品は聴くためのものでなく、所有欲を満たしコレクションするためだけのものです」とでも? もっとすぐ出し入れできるようにするか、それかディスク4枚だけ別置きできるケースに収めておくとかしてほしい。 本音を言えば、私自身にはディスク以外のおまけ(装幀を含め)は多過ぎ、大げさすぎてむしろ鬱陶しいぐらい。 おまけ無しで安くなるなら絶対にそっちを買います。 おまけのが楽しみな方もいるのだろうとは思いますが。
(そんなこと言っておきながら国内の初回限定盤を買ったのは、おまけのためではなく別の理由(以前いろいろ後悔したりトラブルにあったりした経験からくる理由)です。)
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年6月11日
本編の内容は他稿にお任せするとして、本稿ではスーパー・デラックスエディションのみの
内容を記載します。

まず 何と言ってもDisc#3の音源ですねぇ!Mick Taylor加入後 彼自身もバンド
に溶け込み新たな方向性をLiveの場で展開し始めた時期の演奏で、BBCで
過去に放送された音源を元にしておりサウンドボード直結の素晴らしい音質で
この時期の演奏が堪能出来る。

過去に何度もブートの餌食と成って来た音源で、俺も愛聴させて頂きました!
但しブートでは3曲目の”Ded Flowers”からスタートしており、1.2曲目は音源が
無いと思っていました・・・・

んが!流石オフィシャル音源!この度 目出度く1.2曲目も発掘され、コンサートの
模様がコンプリートで聞ける様に成りましたぜ!旦那!

ブートでのタイトル”Get Your Leeds Loungus Out”をもじり今回は
”Get Year Leeds Loungs Out”と成っています!

Mick Taylor加入直後のLive盤”Get Year Yas Out”と比べてもバンドの進化は
如実で# Satisfactionでさえあの有名なリフを解体し、セブンスの響きを生かした
このアレンジはここでしか聞けず貴重だ!

その他 ’71年独自の重いノリが堪能出来る#1や、発表間近の#3 ”Ded Flowers”
でのMick Taylorの流麗なPlay、それに負けじと対抗するKeithさんの# 7
Bitchでのキレ味鋭いギタープレイ等 聞き所満載だ!

この音源から唯一 シングル Brown SugerのB面(現在はレアリティーズで聞ける)
”Let It Rock”でさえ従来音源と比べて音質が向上!

個人的には'78年のブート ”ラセラテッド”で有名なMemphisでのLive ”Hound Dog”
もオフィシャルリリースして欲しいのだが、’78年・’79年物はもう打ち止めの感が有り
無理ですよねぇ・・・・

ジャケットもジッパーの持ち手が「ベロマーク」に成っていたり、美麗で基調なフォト満載の
ブックレット!'69年のアメリカ・ツアーからSticky Fingers完成に至る迄の詳細な解説、
(寺田元編集長の力の入った解説!)

ポストカード・Brown Suger/Wild Horsesの日本シングル発売当時の復刻ジャケット
ポスター・ポスター内のメンバー5人のうちの一人を自立型のメモラビリアとしているのですが
これは誰が出るかは買ってからのお楽しみなのでしょうか?
入手した物はビル ワイマンだったので、ちくしょうーでしたがっ!(笑)

と超豪華なマテリアルの数々 悩んだ末に購入して大正解!でした!
0コメント| 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年5月6日
今さら何をか言わんやの名盤。リマスター効果も交えてレビューさせていただく。
もともと音が飽和状態の「Brown Sugar」は特別驚きはない。ただ音圧は上がっているし、これまでのCDと比較すれば聴き易い。
アメリカ南部サウンドの導入がこのアルバムの胆であるが、その成果のひとつが「SWAY」。地を這うような歌とリズムにキースの大風呂敷ギターが絡みつく。エンディングの大袈裟なストリングスをバックにミック・テイラーがいぶし銀のソロを聴かせる。
LP時代のA面ハイライトが「Can't You Hear Me Knocking」。ジャムセッション的に7分に及ぶ展開はストーンズの新境地。
ストーンズのブルース・カバーの頂点とも言うべき「You Gotta Move」はこれまでよりもスライド・ギターが実に生々しく、リマスター効果絶大。
ホーンを取り入れた最初の成果が「Bitch」。泥臭くもスタイリッシュ。これぞストーンズ!
個人的にはこのアルバムのベストトラックである究極のドラッグ・ソング「Sister Morphine」。ライ・クーダーのスライドがリマスターにより一層生々しく、怪しく響き渡る。これぞ負の暴力。今のストーンズには絶対に求められない悪徳の華。
音数が少ないトラックの方がやはりリマスター効果を感じとりやすいようだ。
全体的にあっと驚くような違いはないが、オリジナルの持ち味を損なわぬ最小限のリマスターにとどまっているのは好感が持てる。
1コメント1件| 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年12月29日
初代CD(1988購入)と聴き比べるとドラムの音量がかなり大きくなっている
ゆえにsway、cant you hear〜は初代CDのがギターが目立ってかっこいいかな

sister〜はリマスター効果◎
何度も聴いたアルバムだから違う感覚で楽しめますが、どちらかを取るなら初代CDかな
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥896
¥1,852
¥1,537