Androidアプリストア Amazonファミリー 2016課題図書 Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard 2016 Suzuka 8tai Road race nav_flyout_misummersale2016latterhalf ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick おとなセレクト 夏前ダイエット特集 Amazon_meets_LAST Kindle Prime Music マリン・ビーチストア

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
250
5つ星のうち4.3
形式: LP Record|変更
価格:¥4,388+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料
お客様の評価(クリア)この商品を評価する


レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

2011年10月15日
音質に関しては、他の方がレビューに書いてくれるし、
収録内容は解説に書いてあるので、細かい部分と少しのトリビアを。

[同梱物]
CDが4枚とDVDが1枚。
復刻ポスターと90ページほどの巨大ブックレット。
載ってるアーティスト写真に、未公開物はなし。
巨大ブックレットの表紙は、1ドル札が20ドル札になっています。
(アナログ版のジャケットも20ドル札、通常版はオリジナルの一緒)

[Disc1]
Nevermindの全13曲リマスター。シークレットトラックのEndless, Nameless含み。
オリジナル版では記載が省かれていましたが(しかし今回、やっと記載された!)、
"Polly"のみ前ドラマーがChad Channingです。

シングルのB面9曲も同時収録。
この時期のシングルは4枚"Smells Like Teen Spirit""Come As You Are""In Bloom""Lithium"。
"Lithium"のUK版のみ"D-7"が収録されています(本ディスクに収録!)。
"Smells Like Teen Spirit"のみシングルだと20秒ほど短いedit版ですが、
このディスクには収められていません。

[Disc2]
大きく3つのパートに分かれています。Nevermindが出来るまでって感じのディスク。

1〜8曲目はSmart Sessions。1990年4月2日-6日録音。
音質いいので勘違いしがちですが、この8曲がNevermindへの第一歩となります。
Butch Vigと一緒につくったこのラフMIXを、
あらゆるメジャーレーベルへ送り、ゲフィンとの契約を勝ち取ります。

そしてこの8曲のドラムは、Chad Channingが叩いており、
この収録後に、ChadはNIRVANAを解雇されてしまいます。
この時の録音で発売されたアルバムには"Polly"のみ使用です。

9〜16曲目はBoombox Rehearsals。
ここから、Dave Grohlが加入です。
Smart Sessionsから1年たっています。kurt Krust、Daveと3人の友達で録音。
すでにメジャーデビューが決定していたので、
Butch Vigに再度依頼するのと新曲の練習をかねて録音したと言われています。
この8曲以外にも録音はされているはずですが、
練習用の録音のため、あまり流出もしていません。

なお14曲目の"Old age"は、kurtの奥さんCortney Love-CobainのバンドHOLEに
あげてしまいました。

Smart Sessions後にkurtは、長年付き合ったTracy Maranderと別れます。
(TracyはBleachのジャケ写を撮っている通り、本当に長い付き合いです)
Boomboxの時期には、Tobi Vailという女性に恋をし振られます。
そして、ヘロインに手を出し始めます。
メジャー重圧から、強いドラッグに手を出したと言われていますが、
何のことはない女の子に振られたのが原因です。
ちなみに"Smells Like Teen Spirit"はTobiとの関係を歌っています。
なのでこの頃はまだCortneyとは付き合い始めていません。

17曲目はイギリスの番組「John Peel Sessions」に出演時のもの。
この時"Dumb"と"Endless, Nameless"も演奏しています(収録なし)。
収録時にかなり疲れていたらしく、全体的に精彩に欠いています。
1991年9月3日収録なので、アルバムプロモのためのヨーロッパツアー中です。

18曲目は同じくイギリスの番組「Mark Goodier Session」に出演時のもの。
Incesticide収録の"Been a Son""(New Wave) Polly""Aneurysm"と同じ日です。
1991年11月9日収録です。

と、アルバムスタートからアルバム後のテレビ出演が収められているのが、
このDISC2です。

[Disc3]
Devonishire Mixesと言われているButch Vigがミキシングしたバージョンです。
これをゲフィンが聞いて不満を持ち、Andy Wallaceを雇い、
よりラジオでも迫力が出るようにパンチのある音にしたのが、
発売されたディスクです。

一般的にkurtはこの発売されたミキシングが嫌いで、
Butch版が本当のNevermindだとか言われますが、違うようです。
むしろButchのMIXを一番初めに嫌がったのはkurtで、
ゲフィンやButchともに、新しいミキサーを探したと言われています。
なので、ケンカ的な感じで2バージョン出来ているわけではなく、
全員が友好的に、2バージョンが出来上がっています。
(諸説ありますが、当時Andyのミキシングを気に入っていたのは確か)

当時のkurtの望みは、ソフトな(メジャー的な)曲は綺麗に、
ハードな(インディ的な)曲は攻撃的に、
けれど、ただ綺麗にしたり、攻撃的にしたりするのではなく、根底はパンク!
というかなり無茶な要求だったみたいで、Butchも困ったとのこと。
そういう意味では、Butch版はインディ寄り、Andyはメジャー寄りっていう、
ミキシングで音がここまで変わるってのを楽しむのが正しいかと。

[Disc4]
Happy,HalloweenのMCから始まるように、
1991年10月31日のParamount Theatreでのライブを完全収録。
音源は以前からブートでTRICK OR TREATとして出回っていたやつ。
この日はBikini Killが前座で、Mudhoneyが対バンでした。
時期的には、Nevermindが売れまくりだした寸前くらい。
この月は、すでに大小28本のライブを行っており(先月からだと40本!)、
疲れているはずですが、好きなBikini KillとMudhoneyと一緒だったからか、
あまり疲れを感じさせないライブです(でもやはり後半は振り絞っている)。
色々とソロパートが違ったりするので、やはりNirvanaはライブバンドだな。
と思わせるディスクです。

[Disc5]
Disc4のDVD版。単品販売もあります。

4曲のPVも収録。
"Smells Like Teen Spirit"は何気に、
30秒ほど短いディレクターズカット版。
MTVオンエアーとも違うので、結構貴重。

"Come As You Are""Lithium"は、MTVオンエアー版と一緒です。

"In Bloom"は、SUB POP版(全然違う映像)と、
服がスーツ&ドレス、ドレスのみ、スーツのみの3バージョン、
計4バージョンありますが、
このDVD収録されているのは、スーツ&ドレスのみです。
(全編スーツは放送された事がない流出のみ)

以上、5ディスクの解説とトリビアでした。
全体的に、かなり完成度の高いBOXセットだとは思いますが、
この時期には、WITH THE LIGHT OUTにもいくつか収録されている
未発表の曲が録音されていますが、本セットには収録されていません。

有名どころでは、"Song In D"とか"Token Eastern Song"とか"Oh The Guilt"とか。
Disc増やすか、3枚目にこれらの曲やコンピ用の曲も収録してくれてたら、
完璧だったなぁと。とはいえ、かなり満足度高いので、
売り切れる前に購入するのをお勧めします!
0コメント| 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年4月10日
このアルバムのヒットを境に、ロックアルバムの音質が一段向上したエポックメイキングな作品。
特に80年代を特徴付けたゲートリバーブサウンドを完全に葬った。
ドラム、特に乾いたスネアは硬質に、ベースは分離を強め、ギターはコンプレッサー強めのメリハリのある音に。
アコギはプレーンでローファイな質感に。

またポリス以来久々に現れた3ピースの名バンドという位置付けもあり、存在感抜群だった。
デイブ・グロールの、タイトかつパワフル、よく練られた構成のドラムは非常に安定しており、カートの荒々しい演奏を上手く受け止めている。
音楽的には、ハードロック、メタル、パンクにニュー・ウェーブ的な叙情性が加わり「ありそうでなかった」独自のテイストとなっている。

最小限まで省略化したテクを全く必要としないギターアレンジはコロンブスの卵的な発想。
「こんなに簡単な演奏なのに、こんなに重厚な音になるんだ」と驚かされる。
これはメロディが良く出来ているからこそ出来る技でもある。
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年9月5日
ロック好きを名乗るなら避けては通れないバンドだとは思いますが、別にニルヴァーナ聴いてピンとこなくても、それはそれで自分には合わなかった、で良いと思います。
0コメント| 202人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月28日
一番有名なアルバムとあって、聴きやすくもありクセもあるアルバム。
1作目のBLEACHが荒削りの訴え掛けるアルバムなら、3作目のインユーテロはカートの苦悩のアルバム。
ならば、このアルバムが中間の大衆向けアルバムなような気もする。
初めてのニルヴァーナにもってこいだ。
ここで☆ひとつのレビューには、大したアルバムでは、大したアーティストではないと多々言われているみたいですが。
自分の好みに合わないから駄作と思うなら、作品を疑う前に自分のセンスを疑え。
自分に合わないならそれはいい。だけど、それは理解できなかった自分のせいだ。
作品を手に取る前にそれを読んだ人が聴くのをやめるような事があってはいけない。
そんな自分中心のレビューに流されず、まずは自分の耳で確かめて欲しいと思う。
1コメント1件| 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
ベスト500レビュアー2015年6月11日
このアルバムを初めて聴いたのは20歳頃だったと思う

冒頭の「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を聴いた時、それまで聴いてきた音楽の中で、一番の衝撃を受けたことを今でもリアルに覚えている

それ以来、どっぷりと彼らの音楽にハマりました

シークレットの「エンドレス・ネームレス」を除けば、捨て曲などない、完成度の高い作品

スメルズ~はもちろん、イン・ブルーム、カム・アズ・ユー・アー、ブリード、リチウム、ポーリー、ドレイン・ユー、オン・ア・プレイン、サムシング・イン・ザ・ウェイと、名曲代表曲のオンパレード

この一枚だけでもニルヴァーナの名はロック史に燦然と輝き続けると思う

最終的な好みは IN UTERO へと移ろぎましたが

ニルヴァーナを聴きたいと思う方はまずはこの作品ですね
これで合わなければ他のアルバムを聴いてもピンとこないでしょう

歴史的名盤の誉れ高いですが、一方でどこがいいのか分からない人も多いでしょう
実際カート自身も後に「商業的すぎた」と語ったとおり、インディーズ時代の荒削りな生々しさはあまり無く、非常に聴きやすいように音が処理されていますし、今聴くと売れ線と言われても仕方のないプロフェッショナルな音作り、毎日聴いてたら食傷気味にもなります

それでも自分自身の評価としては一ヶ月に一回は必ず聴きたくなる、飽きのこない名盤です
過大評価だと言われても、私は NEVERMIND は傑作だと思いますし、これからもその気持ちは変わることはありません
0コメント| 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年9月19日
あまりに多くの人に親しまれたために多くの誤解を生んだ名盤。
ポップファンにとっては重くて暗く感じるだろうし、グランジファンにとってはポップで音が洗練され過ぎているように感じるだろうし、メタルファンにとってはテンポが遅く音も軽く感じるだろうし、パンクファンにとっては重くて軽快さがないと感じるだろう。
音は重くボーカルのシャウトが際立ち、全体的な印象は暗い。ダークなコード進行のなかに絶妙なメロディーがのり、ポップな印象を与える。一つ一つの曲は完成度が高く、バンドとしてのサウンドも非常に洗練されているという印象を受ける。多くの人に受け入れられ親しまれる完成度と魅力があるように思います。この作品はこれからも多くの人に聞かれ、そのためにさまざまな賛否両論を生んでいくと思います。
評価は個人的な好みで星3つ
0コメント| 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
この仕様がリリースされて、わりとすぐに SHM-CD 盤が出たのだが、またやられた感がある。せっかくの名盤で紙ジャケなら、SHM-CD で聴きたかった。そちらを聴いてないので、何とも言えないとこはあるのだが、こちらの音質はドンシャリ感がハンパない。

ロックは、基本的にサウンドがこもっているよりはメリハリの効いたドンシャリのがいいのだが最後まで耳が疲れてしまって聴けないのだ。それは、もちろん主観もあると思うのだが残念だ。

曲や構成、アルバムは名盤に違いない。ロックの歴史を決定的に塗り替えたグランジの金字塔。カート・コバーンの自殺によりバンドは消滅したが、その後も途絶えることなく若い新たなファンを生み出し、いまだに売れ続けているモンスター・アルバム。

90年代以降登場した世界中のバンドに与えた影響は計りしれない。

初回限定生産

紙ジャケット仕様

秘蔵フォトカードB封入

オリジナル 1991年 作品
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年1月26日
冷静に考えて若干過大評価ですね

個人的にはインユーテロの方が好きです

「ロック史上最大の名盤」とか言われて聴いた方の中には期待が大きすぎて聴いた後拍子抜けした方もいたのでは・・・?

しかし曲が素晴らしいのには違いない、このアルバムが売れないわけないですよw

新しいことを演るのが全てじゃないわけで、それを言ったらエアロやガンズも「新しかった」わけじゃなく「かっこよかった」から人気が出たわけで、そういう批判は当たらない

ここから先はアルバムの評価から逸れちゃうんですが、何か下の方に「このアルバムを批判するのはカートに批判されたガンズのファンだ」とか言うような内容を書いてる方が結構いますけど、どうしてそんな偏った見方しかできないのか不思議です

私はガンズもニルヴァーナも好きですよ

ちなみに私の友人でニルヴァーナが嫌いって人は、所謂「信者」の方が身近にいて、そういう他人の感性を無視しちゃう人のせいで曲もバンドも嫌いになっちゃったって人が多いです

まあ私自身や「信者」ではない方(←ニルヴァーナに限らず)も好きなアルバム勧める時は気をつけなきゃいけないですけどね

勧めてくる人の態度が余りにも強烈だとそれがアルバムのイメージになっちゃうこともあるわけで、相手に勧める時、相手がそれを聴き感想を述べた後の自分の態度にはやはり気をつけたいですね
0コメント| 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年11月28日
海外レビューでは、このリマスター「ラウドネス・ウォー」として、賛否が分かれている。音の分離が良くなったが、コンプレッションが効き過ぎていてキンキンした音になっているとのレビューが多い。実際に聞いて見ると、オリジナルのパンクを意識した全体がかたまりのような音で押し出してくるマスターと違うので、違和感がある。
音の分離が良くなり、各演奏の音がはっきり聞こえるののでこれはこれでありとも思うが、ボブ・ウィックの最初のマスターに大差はない。
諸説あるが、カートがウィッグのマスターが綺麗すぎるということで、あえて変更したらしく、結局のところカートが好きだった音は、やはり91年のアンディ・ウォレスのマスターだったのではないだろうか。
今回、あえて新たに、ボブ・ラドウィックがリマスターした意図が不明である。ウィッグのマスターと大差ないのだから、当時の雰囲気や時代感を感じるためには、ネイキッドとしてウィッグの音源を出せば十分でなかったのかと思う。
そのほか「ネバーマインド」のアルバムに関わる周辺のレア音源を入れているが、、あくまでもマニア受けの内容で、完成度が高いとはいえない。決定版といえなくはないが、今回の発売は、レコード会社、レーベル側の意向を強く反映して、金儲けのために販売したという臭いを強く感じるので、何度も聞く気はしない。


「イン・ユーテロ」も同様の形で発売するのだろうか。正直、今回のような企画内容で出すのは辞めて欲しい。アルビニの最初のマスターを聞いてみたいのは山々だが。。。。

ピンクフロイド、フーなど同様の企画版が多く発売されているので、時代のトレンドなんだろう。

個人的に、91年当時のマスターの方がしっくりくるので、これからも聞くのはオリジナルバージョンだけになると思う。
0コメント| 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年10月20日
理解できない=過大評価とか言っている、
まして、ファンにまで悪辣な批判をしている人間こそ、
自分自身に過大評価だと思う。

自分の中で勝手に築いた”名盤像”に当てはまらなかっただけ。

そもそも、音楽に対して”理解”って何だよ?
0コメント| 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

他のお客様はこれらの商品もチェックしています

¥896
¥968