Fuuka

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 83% (参考になった数:445(投票総数:535))
住所: 京都府
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 67,978 - 参考になった投票の総数:535中445
となりのトトロ [Blu-ray] <b>Blu-ray</b> ~ 宮崎駿
となりのトトロ [Blu-ray] Blu-ray ~ 宮崎駿
18 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
遂に発売になった「となりのトトロ」、ブルーレイ版。

デジタルではなくアナログで作られていた時代の作品ということで、発売前は多少の不安を感じていましたが画質は一言で言って完璧です。

DVD版とは比較していませんが、全体的にコントラストが下がっていると思います。色が潰れることなく細部まで表現されています。
先日放映されたものとの比較では、ブルーレイ版はノイズがほとんどなく(暗いシーンでは見られるが自然で気にならないもの)色味も自然です。
一番わかりやすいのは映画が始まる前に出るスタジオジブリのロゴ(トトロの絵で青いやつ)です。
放映版は色が非常に濃く、藍色に近いものを感じましたが、ブルーレイ版ではそれよりも薄く、水色に近い青色といったところです。
夜のシーン(まいた木の実を木にする?)では、満月の光が射しているのを実感できるような優しい仕上がりです。

キャラクターの肌、服、そして森や草の緑の色もどぎついものではなく、非常にナチュラルで「自然な美しさ」を感じました。
色味、コントラスト、光の露出、表現がきちんと調整されています。

高額ではありますが、買う価値は十分にあると思います。
耳をすませば [Blu-ray] <b>Blu-ray</b> ~ 近藤喜文
耳をすませば [Blu-ray] Blu-ray ~ 近藤喜文
41 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
今までテレビで放送されたもの、ビデオに録画したものを小さいころから何度も見てきました。

今回ブルーレイで改めて見てみて最初に感じたのは、なんとなく全体的に白っぽいな、ということでした。
キャラクターの肌の色を見た時にまずそれを強く感じました。

見続けていくうちに、全体的に色が淡くて薄い感じだなぁと感じてきました。
悪く言えばメリハリがなく単調な感じもしますが、「耳をすませば」は中学生の青春ラブストーリーであり、この淡い色調が物語に合っているなぁとも思えてきます。
「ラピュタ」のような冒険活劇のファンタジーは全体的に濃いコントラストでもいいと思いますが、
日本の都会に暮らす主人公たちの日常を描く上では、この色合いでもいいと思います。
非常に落ち着いていて見ていてストレスを感じません。

また、東京の街並みをリアルに再現している本作ですが、多くの書き込み(たとえば街中の看板の文字や電話番号、雫の部屋の本棚や壁紙など)も
ブルーレイでは細かいところまで確認できます。

ジブリ作品はブルーレイ化される度にその色合いについてよく議論されますが、
劇場公開、ビデオ、DVD、テレビ放送、そして今回のブルーレイ化と、そのうちのどれが絶対的に正しいかを決めるのは難しいと思います。… 続きを見る
【Amazon限定】ソーシャル・ネットワーク デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [&hellip <b>Blu-ray</b> ~ ジェシー・アイゼンバーグ
21 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
通常版とほぼ同じ値段でAmazon限定仕様が出ていたので購入してみました。

掲載画像をよく見ればわかることだったのですが、外のカバーはケースを収納できる箱型のものではなく、底の部分がなくただデジパックケースを上から覆っているだけの代物です。

正直、商品開封後は邪魔になるもので、なぜ普通のアウターケースにしなかったのかと疑問に思ってしまいます。

もう少し消費者のことを考えた上で商品のデザインをしてもらいたいです。