僕だってレビュアー

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 57% (参考になった数:30(投票総数:53))
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 512,877 - 参考になった投票の総数:53中30
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する 佐藤健志
21 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
世の中筋の通らねえことばっかりで、一体ぜんたいどうなってんだこのやろう。
って、ひとり悶々とした毎日を送っておりましたところ、
なななんと!すばらしいタイミングで、すんばらしい本に出会ってしまいました。
これを読めばもう悩む必要なんか無くなりました。
改革だ!!グレート・リセットだ!!なんて、
世の中に蔓延する抜本的改革論を叫んでる勇ましい奴らも、所詮は破滅願望に取りつかれた可哀想な人達だったんですね。
これを読んだら他の本が物足りなくなっちゃうかもね。
発想の一大転換に導く知的興奮に満ちためくるめくミラクル・ワールドな読書体験でした。
文句無くおすすめ。
保守とは何だろうか (NHK出版新書 418) 中野 剛志
30 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
全国民に読んでほしい。
いや、世界中が読むべきだ。
いま新自由主義なんて狂った思想が、世界中をどん底に突き落としている。
我が国においては、「瑞穂の国の資本主義」を唱えた奴が、偽装保守の新自由主義者だった、なんてことになっちゃってる。
所詮は政治なんてペテンなんですか?
国の指導者の思想が誤ってたら、にっちもさっちも行きませんね。
構造改革、規制緩和、グローバル、世界のアベからこんにちは。
この状況どうにかなりませんかね、ほんと。
もう終わってませんか、この国。
いや、いや、ちょっと待て、これを読んだまっとうな思想を持つ人間が一人でも増えるしかないよな。
そうだ、それしかない。
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8) ジョージ・オーウェル
1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8) ジョージ・オーウェル
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 こわ〜い, 2013/11/6
これは怖い。
読めば分かる。
世界が今こうなっていることが。
もしくはなりつつあるということが。
これが、現実の裏側だろうな。
戦慄の書である。