GARAM

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 82% (参考になった数:133(投票総数:163))
住所: 東京都
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 1,236,595 - 参考になった投票の総数:163中133
不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城 セガ
84 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
シリーズのウリである、基本的なゲームシステムは旧来の作品と変わっておらず、携帯機との相性も良く楽しめる。
買って損はしないと思う。

GB版はプレイしていないが、前作(DS1)と比較すると、
・バランスを壊していた理不尽な特殊能力(と発動率)が改善された。
・呪われた腕輪の効果が消えるなどの、意味不明な仕様も改善された。
と言った点が大きい。
前作から見るとかなり良い出来なので、SFC・64版やアスカをプレイしていない人にはお薦め出来る。

ただ、SFC・64版などと比較すると、やはりバランスが良いとは言えない。
緻密に計算されているわけでは無く、以下のような手法でバランスを保っている。
・武器の強さのウェイトが極端に低い
(例えばLv1で剛剣マンジカブラを拾ってもあなぐらマムルが一撃で倒せない)
・敵の攻撃力に差が無い
(ドレイン系もパワー系もLv3もLv4も攻撃力がほとんど同じ)
・透視やハラヘラズの腕輪など強力アイテムのドロップ率がかなり高い

この為、例えば持込み不可ダンジョンでは、毎回同じような強さの同じような能力の武器防具になり、運が悪くない限り毎回のように40Fくらいまでは行けてしまう。
この辺り、ダラダラしていてメリハリが無いと感じる。
文句があるとすればこの一点だろうか。
世界樹の迷宮(特典無し) アトラス
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
DSはゲームをやらない層の取込みを狙っている事もあり、基本的にゲームの難易度はファミコン時代に比べるとかなり低い。
そんな中、昔からのゲーム好きにはたまらない難易度のRPGである。

宿屋に泊まるお金を捻出するのに四苦八苦。
序盤から終盤まで、雑魚敵に一瞬で全滅させられるかも知れない緊張感。
全員最高レベルにしてもそうそう到達出来ない最深部。

さらに「作業」を繰り返せば誰でもクリア出来る昨今のRPGとは違い、工夫が無いとクリアも出来ないれっきとした「ゲーム」である。
ダンジョンRPGの老舗だけあって、若干荒っぽく映る独特のバランスも引き込まれる要素の一つだろう。

旧来のゲーマー向きと言われているが、「ゲーム」を求めている人全てにお薦めしたいRPG。
アルカイック シールド ヒート 任天堂
26 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
操作性に関しては確かにいいとは言えないが、我慢出来る範囲内。
もっとひどいゲームはいくらでもある。
ストーリーや世界観も好みは別れるだろうが、よく作り込まれている。

ただそれを打ち消して余りあるほどの、ゲームとしてのつまらなさ。
テンポが悪過ぎてストレスが溜まるだけの戦闘。アイデアはいいのかも知れないがバランスが悪く無いに等しい戦略性。
結局頭も使わず、最後までただダラダラと戦闘が続くのみ。

苦痛な戦闘を消化し続けてでもストーリーやグラフィックが見たい人はいいが、ゲームをやりたい人は買わない方が良い。