ARRAY(0xa8e8839c)
 

ミルクの口紅

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 57% (参考になった数:3,282(投票総数:5,800))
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 19,905 - 参考になった投票の総数:5800中3282
SUPERな写真家 (ideaink 〈アイデアインク〉) レスリー・キー
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


レスリーキーのこの本を読めば、面白さとさらに得点が付いてくる。

それは、

「きみたち日本人よ。きみたちの心配なんてたいしたことはない。そう、ぜんぜん大丈夫だ」

ということがハッキリわかる。

それほどまでにレスリーの幼年期〜青春期は苦労が多いんだ。

でもレスリーはちゃんとファンキーでチャームな写真家になった。

日本好き好きの男がワールドワイドな写真家になった。

その事実を、レスリーのこの本を通してぜひとも感じてほしい。

と同時に、

レスリーの幼年期〜青春期ような苦労した生活は実は世界の標準だ、ということを知っておいてほしい。



でも、まああんまり無茶するな、レスリー。

日本人は"恥ずかしがり屋”と”照れ屋”が多いんだからさ。
空想読解 なるほど、村上春樹 小山鉄郎
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
優れたジャーナリストに贈られる今年度(2013)の日本記者クラブ賞に、
文芸ジャーナリズムの新たな道を切り開いた共同通信社の小山鉄郎さんが選ばれました。



そうです、著者の小山さんが選ばれました。



で、本書もすごく面白いです。
簡単に言えば、文芸批評家などが書いたのとはどこか違う記者の眼がある気がします。
社会(日本社会)と村上春樹作品との関係性などについてです。
村上さんが「社会(人間社会)はみんなが思っている以上に狂気や暴走が潜んでいて容易に壊れるものです」とどこかに書いていたのを思い出しました。

特に「ねじまき鳥」を読み返したくなりました。

もっと村上ファンが着目してほしい本書です。
おススメです!
EARNEST英文法・語法―英文法・語法の徹底理解 (シグマベスト) 萩野 敏
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


著名な先生や講師が書いた高評判の文法書もいいけど、それらは全体的に「堅い」ものが多いですね。

この文法書は案外見やすくていいですよ。

レビューもないので、それほど注目されてないのかも知れないけれど、妥当な文法書です。

文字の印象もスッキリしているし、シンプルにまとまっていて好感が持てます。

だから繰り返しやすいですね。

あと他書に比べてそこまで重くないので、持ちやすいです。

本書のことが理解出来れば、受験であれ何であれ英文法では「合格達成」のはずです。

納得行くまで本書を繰り返してほしいです。最低3往復くらい。

そうすれば、見えてくる英語世界、があるはずです。

個人的にはおススメです。