匿名くん

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 81% (参考になった数:222(投票総数:275))
住所: 福岡県
 

投稿


ベストレビュワーランキング: 1,369,302 - 参考になった投票の総数:275中222
Breakout ~ マイリー・サイラス
Breakout ~ マイリー・サイラス
15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
ハンナモンタナ役でお馴染みのマイリーサイラスのデビューアルバム。

13歳のときにディズニーチャンネルにて放映の「ハンナモンタナ」にて主演し、去年の頭ぐらいからティーン雑誌には毎回表紙を飾るようにはなったけれど、一番その名を知らしめたのは、今年の1月初めまで行われたツアー。「アメリカでもっともチケットが取れないツアー」とも言われたことで、それからピープル紙や一般的な雑誌にも「お金持ちのキッズ」とか「若い子たちのファッションモデル」とかで広く知られるようになりました。(ハンナモンタナはとても好きで第1話から見ていましたが、3年足らずでこんなにも変わるものなのかなと・・・。)

CDアルバムを全曲聞いて思ったのは、「聞きやすい」「万人受けしやすい」!私は女性ソロのデビューアルバムはほとんど聞いていますが、そのなかでも群を抜いて良かったです。ヒラリーダフもブリトニーも代表曲は別として、無理に歌ってるロック調の曲とか、なんかしっくりこない感じの曲が大半をしめていたりで、せっかく買ったからと何度も聞いているうちにいい曲が見つかる・・・・というようなパターンでした。しかし、このアルバムは通しでたった1回聞いただけで、全曲気に入りました。前半はアップテンポの曲が多く、特にシンディーローパーの有名な曲をカバーした#4はとても楽しく若さあふれる曲に仕上がっているし、#6はなんかダークな感じ。後半は、しっとりとしたスロウテンポの曲が多く、#11GOODBYEはキュンとくる感じ、#7は、題名のごとく海の底にいる感じ。(浅いレビューですみません。)… 続きを見る
Metro Station ~ Metro Station
Metro Station ~ Metro Station
10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
これからくる!4人組バンド!

ここ数ヶ月、アメリカのラジオや有線でガンガンかかっている「シャイクイット」を歌っているメンバーは、なんとハンナモンタナ役でお馴染みのマイリーサイラスの実の兄TRACEと同番組の親友役オリバーの実の兄MASON(ギターとボーカルを担当)。そして、キーボード担当のBLAKEとドラムのANTHONYの4人。ハンナモンタナの撮影所で出会って意気投合したTRACEとMASONがBLAKEを誘って結成。このアルバムにも収録されている#1「SEVENTEEN FOEVERE」をMYSPACEのサイトでリリースしたところインターネット上で話題に。2007年にアルバムを発表するも、3曲目の「シェイクイット」でやっと一般的に名前が知られるようになりました。

歌手名を調べるまで、てっきりクリックファイブの新曲かと思っていました。なので、アルバムは全体的にキーボード(シンセサイザー?)が利いた感じの曲。今年の夏はグッドシャーロットやボーイズライクガールズらとツアーを忙しく行っているので、きっと今年の終わりか来年あたりチャートを賑わす大きな存在になって帰ってくる事と断言します。今は兄弟の存在が先行して話題になっているところもあるかもしれませんが、特に「シェイクイット」を聞けば、人をぐっと惹きつける曲の要素が詰まっていることに気づくと思います。少なくとも私は1年に2・3枚しか買わないCDアルバムリストの中の貴重な1枚になりました。新しいもの好きには特にオススメです。
Now 28: That's What I Call Music ~ Now Music
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
今回は、数曲を除いてすべてポップス系。
日本でも大ヒットをしているレオナ・ルイスの曲から始まり、カントリー系のテイラースウィスト、Colbie Caillat 、アメリカンアイドル昨年優勝者が大人気のクリスブラウンとデュエットして話題になった「No Air」、一昨年同番組出身で昨年年間アルバム1位をとったドートリー。こちらはすべてデビューアルバムが大ヒット中の新しい若手アーティスト。

次に、数年ぶりにセカンドアルバムを発表して話題のアーティストの曲が並んでいます。チェリッシュはデスチャの妹分としてデビューした4人姉妹グループ。数年前のかわいらしいイメージが無くなりよりR&B系が強くなっています。数年前ドラマの主題歌で出演俳優の人気と比例して知名度の上がったソングライターのギャビン・デグロウ、今回の曲も初めの30秒で惹きつけられる、素晴らしい才能を持ったアーティストだと感心しました。次は、「イギリス出身歌手がアメリカで成功するのは難しい」というジンクスをうち破ったナターシャ・ベティングフィールドのセカンドアルバムから。インドかアジア感漂う不思議な一曲。最後に2年ぶりにアルバムをだしたクリスブラウン。幅広い年齢層から人気を集めるきっかけとなったラブソング「ウィズユー」。ラジオでがんがん流れています。… 続きを見る

ほしい物リスト

We're sorry! This list contains items that are no longer in our catalog.