徒然相人

 
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 81% (参考になった数:477(投票総数:589))
住所: 東京都
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 80,113 - 参考になった投票の総数:589中477
気功革命 秘伝・伝授編〈巻の2〉功に成る (正しく気功革命に入門するためのDVDブックシリーズ 2) 盛 鶴延
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
DVDの実演部分は、香り気功(初級)、静功、症状別のタントウ法となっています。
今回も書籍だけでは感じ取れない実演部分が重要であるのはかわりありませんが、より重要だと今回感じたのは、DVDの前半にある功理の説明をしている講義部分です。
DVDシリーズの1でも感じましたが、この講義部分が大変貴重な内容、秘伝の部分をわかりやすく説明している。
このDVDの'Uでは、講義部分で、三円式タントウ法での背骨をのばすことの理由を秘伝の内容として説明している箇所がありました。書籍の一つ目、またDVDの'Tでも同じような内容のことは説明されているのですが、'Uではニュアンスを変えて説明しており、私は'Uを見て、はじめてそれまでの自分の気功の姿勢の間違いに気づけました。直してから、三円式タントウ法での手のひらの感じ方が変わりました。
そのようなこともあり、実演部分のうち、香り気功(初級)、症状別のタントウ法は、書籍の一つ目「気功革命」には載っておらず、必要ないかな、と思われる方もいるかもしれませんが、講義部分も有用であるため、(書籍に比べて高いのですが)本気でこの気功革命メインで気功、健康法をやっていこうとされている方には、おすすめします。
神のなせる技なり 森田 健
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
書店でみつけ、帯に書いてある読者の感想に「読後、涙が止まらなかった」といった記載があり、時間もなかったので、さっと買ってしまった。
読み始めてすぐに違和感があり、やめようと思いながら後半に期待しながら読み終わった。
スピリチュアル系、精神世界については興味があり、多くの本を読んでいるが、「これはないでしょう」という思いだ(めずらしく)。本の内容もそうだが、(確認しない私も悪いが)帯の内容は、多くの人が共感できる最大公約数的な内容にすべきだと思う。この本の帯はどう考えても良くない(書きながら思い出して怒りがこみあげてきた)
本の内容も小説としては素人レベルで、とてもお金をもらって出版していいレベルではないと感じた。
著者の思いがあり、それを伝えたいというのは感じるが、読み手のかなりの努力を要求する(難解なのではなく、読みにくい、こなれていない、そういうレベル)
どうか、帯や読者の感想などで、この本をお金を出して買おうかな、と思った方は、できるだけ、書店で数ページ読んで、できたらパラパラと確認してから買って欲しい。
著者の他の本(インタビュー系、ドキュメンタリー系)はよい本が多いだけに、この本は残念だった。
「ニンジンから宇宙へ」―いのちの循環を知り、土と人を生かす 赤峰 勝人
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
本書をよみはじめてすぐ、「奇跡のリンゴ」を思い出した。本質的には同じ、自然農、そして自然全体の偉大さを気づかせてくれる本になっている。こちらはニンジンを通して。
読み進むうちに、「奇跡のリンゴ」を超える感動を受け続けていた。
内容は、土と微生物、虫のこと。本当の塩のこと。小腸が血液を作っているという千島説と本当に体に大切なこと。玄米のこと。アトピーのこと。そして自然の叡智と循環する生き方の大切さ。
「奇跡のリンゴ」から木村さん関連の一連の書籍を読んでいたときにも感じた、「ナウシカ」の世界をここでも感じた。
正直一番驚いたのは、奇跡のリンゴ、そして木村さんの活動によりこの1,2年、自然農についての注目が集まっているが、15年前にこれだけの本が出ていたということ。調べてみると、この本の出版前後から、地道な着実な循環農業の活動が続いていた。
是非、「奇跡のリンゴ」で感動した人は、この本を読んでみてほしいです。… 続きを見る