Delirium

 
ベストレビュワーランキング: 1,318
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 86% (参考になった数:1,270(投票総数:1,478))
 

レビュー

ベストレビュワーランキング: 1,318 - 参考になった投票の総数:1478中1270
要説 漢詩 (要説 18) 日栄社編集所
要説 漢詩 (要説 18) 日栄社編集所
5つ星のうち 5.0 ぎゅっと120首, 2014/10/12
まず、漢詩のおもしろさを知るための最初の一冊としては、岩波ジュニア新書の「漢詩入門」を勧める。
本書は高校生向け教材としての図書なので、一般書のように漢詩を味わう為の情緒的できめ細かな解釈などは載っていないのだが、必要とされる正確な「語訳」、「句法」、「背景」、「大意」、「分析鑑賞」が各詩ごとに簡潔に掲載されており、ある程度漢詩の本を読んでいる人なら、むしろ掲載数も多い(約120首)本書が、噛めば噛むほど楽しめる、持ち歩くには最適の一冊と言える。

上記の通り句法なども随時解説されているので、一般的な鑑賞主体の漢詩本よりも、むしろきちんと勉強になる点も良い(学習用なのだから当然だが)

旅に持ち出す本として、ともすればすぐ読み終わってしまう小説などと併せて、決して読み終わる事のない何度でも楽しめる底なし沼的な一冊としてとても重宝している。そして、教材ならではの、この驚くべき安さ!
漢詩に興味があるなら、手元に置いておいて絶対に損はしない一冊。
J'J Kis-My-Ft2 北山宏光 ひとりぼっち インド横断 バックパックの旅 DVD BOX-&hellip <b>DVD</b> ~ 北山宏光
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
男なのでジャニーズとかほとんど知らず、興味もなく、申し訳ないのですが北山くんもこれを観るまで知りませんでした。
ただ、こういうスタイルの旅行が好きだという興味で観たのですが、とても良かったです。

アイドルの旅というとそのキャラクターの色が付き過ぎて、ファンでなければ楽しめない懸念はあったのですが、旅に出たいと思った動機をはじめ彼自身がしっかりした考えを持っていたので、とても自然に「一人の若者が旅で成長してゆく姿」として楽しめました。自分も行った身としての、初旅行での「あるあるw」な部分なども多く、ナオト・インティライミさんの「旅から帰ったばかりの人と語るのが好き」という言葉がよくわかります。間に入るインド料理店での対談がいいですね。

北山くんのそれまでの生活からすれば結構辛い事もあったと思うのですが、人間のワガママが非常に出がちな旅の最中、それでも機嫌良く過ごしているところに彼の性格の良さが感じられました。また、サッカーをやっていたというだけあって、一見細い印象なのに根性があって良いです。ジャニーズとしての北山くんというか、「あの旅をしてきたヤツ」という一青年として、今後も応援したい気になりました。 特にファンでなくても十分に楽しめますよ。終わるのが惜しい感じで楽しいです。
96時間 [DVD] <b>DVD</b> ~ リーアム・ニーソン
96時間 [DVD] DVD ~ リーアム・ニーソン
5つ星のうち 5.0 容赦無い, 2014/9/23
この手の物語って、主人公を正義側に置いておきたいがために、案外最後のツメが及び腰な事がよくあるのですが、そういう緩みの一切ない潔さが光ってます。おそらくこの監督、他のアクションで悪役への扱いに物足りなさを感じてたのではないでしょうか。
かといって、不必要にサディスティックに痛めつけるのでは決してなく、ただ単に淡々と「容赦しない」というところ、そして撃つまでの陳腐なタメや無駄口の無さ、躊躇の無さががドライな辛口で非常に良いです。
社会的に人目を気にして、生ヌルい「大人な」エンディングにする東野圭吾の「さまよう刃」あたりは見習って欲しいものですw

犯人はともかく、何の罪もない人までとばっちり食ってる感アリアリですが、「娘を救う」という切羽詰まったひとつの目的の前で、実際自分に救い出す能力があるなら、と考えると案外リアリティのある行動のような気もして許せてしまいます。その娘がまた大して可愛くもないところが、「パパにとって、そんなのでも娘はお姫様」という純粋さを描き出せています(笑)逆に人身売買オークションでトリになるのはちょっと違和感ありましたが。

全体にテンポも良くて、充分楽しめました。
嫌な犯罪の多い昨今、陰々滅々とした気分を少しでもほぐす風邪薬として有効です。

ひとこと: 最後まで喋らせてやれよw