Delirium

 
ベストレビュワーランキング: 1,416
レビューについて、参考になったとの票を受け取りました: 86% (参考になった数:1,249(投票総数:1,455))
 

投稿


ベストレビュワーランキング: 1,416 - 参考になった投票の総数:1455中1249
96時間 [DVD] <b>DVD</b> ~ リーアム・ニーソン
96時間 [DVD] DVD ~ リーアム・ニーソン
5つ星のうち 5.0 容赦無い, 2014/9/23
この手の物語って、主人公を正義側に置いておきたいがために、案外最後のツメが及び腰な事がよくあるのですが、そういう緩みの一切ない潔さが光ってます。おそらくこの監督、他のアクションで悪役への扱いに物足りなさを感じてたのではないでしょうか。
かといって、不必要にサディスティックに痛めつけるのでは決してなく、ただ単に淡々と「容赦しない」というところ、そして撃つまでの陳腐なタメや無駄口の無さ、躊躇の無さががドライな辛口で非常に良いです。
社会的に人目を気にして、生ヌルい「大人な」エンディングにする東野圭吾の「さまよう刃」あたりは見習って欲しいものですw

犯人はともかく、何の罪もない人までとばっちり食ってる感アリアリですが、「娘を救う」という切羽詰まったひとつの目的の前で、実際自分に救い出す能力があるなら、と考えると案外リアリティのある行動のような気もして許せてしまいます。その娘がまた大して可愛くもないところが、「パパにとって、そんなのでも娘はお姫様」という純粋さを描き出せています(笑)逆に人身売買オークションでトリになるのはちょっと違和感ありましたが。

全体にテンポも良くて、充分楽しめました。
嫌な犯罪の多い昨今、陰々滅々とした気分を少しでもほぐす風邪薬として有効です。

ひとこと: 最後まで喋らせてやれよw
恋するリベラーチェ [DVD] <b>DVD</b> ~ マイケル・ダグラス
恋するリベラーチェ [DVD] DVD ~ マイケル・ダグラス
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
もっとコミカルなキワモノ映画かと思って観たのだが、案外おふざけは無く、正面からの真面目な作りに驚いた。二人のいちゃつくシーンも、絵ヅラは気色悪いのに心情を丁寧に描いているため成立しているところが凄い。マイケル・ダグラスもマット・デイモンも本当にプロで、演技が実に自然で感情移入できる。
物語自体は、あえて映画的な極端な波乱は創っていないようで淡々と進むのだが、それが後にしてみれば積み重ねられた日々として意味を持ってきている。
冒頭でお払い箱にされた弟子と同じアングルから見るマット・デイモンのシーンはハッとさせられ、当然のように続く最後の泥仕合的な別れがあるが、最後の面会の場面はもう、普通に恋愛映画でしょう、これw
特別なカタルシスが味わえるという映画とはちょっと違うが、しみじみと良い話だったな、と思えた。
周囲を固める端役もしっかりしてたが、いやぁ、マイケル・ダグラス、こういう演技力ある人だとは思ってなかったな。
面白かったです。
日本人なら知っておきたい 集団的自衛権の行使容認閣議決定 安倍総理会見 全文 国内情勢研究会
2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
この出版者は、時流に乗ったタイトルを即座に出してくる。
「まあ缶ジュース程度の値段だから」と気軽に購入する層を明らかに狙ってkindle書籍(パンフレット程度の情報量)を暇もなく連発しているが、どれもこれも粗製乱造。フリーコンテンツの寄せ集めといったレベルで、有償で購入する価値はまったく無い。
※個人の感想ですw

表紙サムネイルの体裁を整えれば「本」に見えるという、手に取って確かめる事のできないkindle書籍の盲点を突いたスキマ商売的で、こういうものが電子書籍文化の足を引っ張るのではと強く懸念する。同社作品ばかりを複数、高評価をつけている特定のレビュワーも気になる。