Amazon.co.jpでは「年齢別レーティング制度」に合わせた表示を行っています

Amazon.co.jp ゲームストアでは、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(略称CERO)が実施している「年齢別レーティング制度」に基づいてカタログページに「年齢区分マーク」を記載し、お客様の目安となるようにしています。また、「CERO Z」区分(18才以上のみ対象の商品)に関しては対象の方のみへの販売を行っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

以下、CERO公式ホームページより抜粋(2006年5月現在)

年齢別レーティング制度とは

年齢別レーティング制度は、ゲームソフトの表現内容により、対象年齢等を表示する制度です。国内で販売される家庭用ゲームソフトの全てを対象に年齢区分マークの表示をしようとするものです。この運用・実施は、2002年6月に設立したコンピュータエンターテインメントレーティング機構(略称CERO)があたり、2002年10月1日から開始致しました。表示する「年齢区分マーク」は、CERO倫理規定に基づいて審査され、それぞれの表示年齢以上対象の内容が含まれていることを示しています。購入の際、情報としてご活用頂くものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

1. レーティングの適用範囲

レーティングの適用範囲は、日本国内で販売される家庭用ゲームソフト(携帯型ゲームを含む)です。ゲームソフトの本編だけでなく、隠しコマンドや裏技等、収録する全ての表現が審査の対象と なります。家庭用ゲームソフトとは、以下のハードウェア機用に開発・販売されるものをいいます。

株式会社セガ: ドリームキャスト

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント: プレイステーション、プレイステーション2、プレイステーション・ポータブル

任天堂株式会社: ニンテンドウ64、ニンテンドーゲームキューブ、ゲームボーイ(カラー含む)、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS

株式会社バンダイ: ワンダースワン(カラー含む)

マイクロソフト株式会社: Xbox、Xbox 360

パソコンメーカー各社: パーソナルコンピュータ(対応OS: WINDOWS各種、MAC各種)

(2006年2月現在・メーカー名は、五十音順)

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

2. レーティングの対象となる表現項目

「暴力表現」: 出血描写、身体分離・欠損描写、死体描写、対戦格闘・ケンカ描写、殺傷、恐怖

「性表現系」: キス、性行為、裸体、排泄、抱擁、水着・コスチューム、性風俗業、性的なものを強く想起させる表現、下着の露出、不倫

「反社会的行為表現系」: 犯罪描写、非合法な飲酒及び喫煙、麻薬、非合法なギャンブル、虐待行為、近親姦・強姦、売春・買春

「言語・思想関連表現系」: 言語・思想関連の不適切な表現

※それぞれの表現項目には上限があり、上限を超える表現・内容を禁止表現とし、禁止表現を含むソフトにはレーティングを与えないようにしております。

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

3. 「CEROレーティングマーク」

CEROレーティングマークは、「年齢区分マーク」と「その他のマーク」に大別されます。

年齢区分マーク  (平成18年3月1日改訂)

CERO A

全年齢対象

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

CERO B

12才以上対象

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

CERO C

15才以上対象

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

CERO D

17才以上対象

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

CERO Z

18才以上のみ対象(18才未満者に対して販売したり頒布したりしないことを前提とする区分)

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

その他のマーク

その他のマークについては、「教育・データベース」、体験版に表示される「CERO規定適合」、及びゲームメーカーが制作中のソフトを宣伝する場合に、販促物などに表示する「審査予定」(この時点では、審査はされていません)の3種類があります。

CERO 審査予定 レーティング

                                                                                                                                            

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

教育・データベース

                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

CERO規定適合

                                                                                                                                           

                                                                                                                                                                                                                                                                                     

審査方法について

レーティング審査から年齢区分マーク表示までの流れは、次の通りです。

1) ソフトウェアメーカーからゲームソフトの倫理審査の依頼を受ける

2) 依頼された作品について複数の審査員が、表現内容等について審査をする。(※審査の対象となる表現項目は、「2.レーティングの対象となる表現項目」の24項目で、それぞれの表現項目には上限があり、上限を超える表現内容を禁止表現とし、禁止表現を含むソフトにはレーティングを与えないようにしております)

3) それぞれの審査結果をもとに、年齢区分を決定する

4) 判定結果をソフトウェアメーカーに通知する

5) ソフトウェアメーカーは、判定結果に基づき年齢区分マークを製品に表示する

※審査員は、広く一般から募集した、20才代~60才代までの様々な職業の男女で構成されていて、事前にCEROによるトレーニングを受けています。審査員は登録制で、審査内容について守秘義務があります。個々の審査には、審査員の性別や年代などの属性に偏りがないように配慮しています。また、ゲーム業界と関連のある方は採用しておりません。

「年齢別レーティング制度」の詳細はCERO公式ホームページでご確認ください。

http://www.cero.gr.jp/rating.html