オールインワンタイプのホームシアターシステム

ホームシアターイメージ ホームシアターを始めたいけど、何を揃えたらいいのか分からない自分で配線なんてできない置く場所がない予算も抑えたい

そんなお悩みを解決するのが“オールインワンタイプのホームシアターシステム”。

これ1台あれば、迫力のサウンドで映画もスポーツもテレビも音楽も。

ホームシアターを導入できない主な理由

1.いろいろ揃えなきゃいけなくて敷居が高そう
音声をスピーカーから鳴らすために、AVアンプ(もしくはAVレシーバー)が必要です。音声をコントロールする役割を担っています。
次にスピーカー類。最低限、正面両脇に2個(フロントスピーカー:2ch)必要です。
さらに臨場感を出すために、正面1個(センター:1ch)と後ろ2個(リア:2ch)、さらに重低音を強化するためのサブウーファー(0.1ch)を揃えることで、5.1chのサラウンドが実現できます。

AVアンプ
AVアンプ
プラスフロントスピーカー
フロントスピーカー
プラスセンタースピーカー
センタースピーカー
プラスリアスピーカー
リアスピーカー
プラスサブウーファー
サブウーファー

※DVDプレーヤーやテレビ、プロジェクター、スクリーンなどの映像関連機器を除く。

2.配線が煩わしい
上述の機器に加え、テレビやプロジェクターなどの映像機器、DVDやブルーレイなどを再生するプレーヤー、これらすべてを配線で繋がなくてはなりません。
機器が隣接していればスッキリ収まりますが、リアスピーカーは鑑賞位置の後ろに配置するため、配線を延ばさなくてなりません。
壁に配線を通すことで隠すことはできますが、ハードル高いですよね。。

3.設置する場所がない
音声関連だけで7つの機器。テレビ周りにスペースが必要だし、リアスピーカーを置く場所も考えなくてはなりません。

4.価格が高い
これだけの機器を揃えるので、ある程度の予算は必要です。


これらの悩みを解決するのが“オールインワンのホームシアターシステム”です

フロントサラウンドシステム
AVアンプ
ホームシアターパッケージ
AVアンプ
シアターラックシステム
AVアンプ
揃える:一式すべてがこれ一台に
配線:テレビと繋ぐだけ
設置場所:テレビの前に置くだけ
価格:比較的低め
揃える:すべての機器をパッケージ
価格:低~中
その他特長:リアルのサラウンド効果が得られる
揃える:一式すべてがこれ一台に、しかもテレビ台も一緒に
配線:テレビと繋ぐだけ
設置場所:テレビと同スペース
その他特長:テレビ台が一緒なので、見た目スッキリ


フロントサラウンドシステム - 配線不要、設置もカンタン、テレビの前に置くだけ省スペース、まさに“オールインワン”

設置イメージ 必要な機材をすべて内包。テレビの前に設置して、テレビと接続するだけ。

バーチャルサラウンド技術で、一本のスピーカーなのに多方面から音が押し寄せてくるサラウンド効果も。

手軽にホームシアター始めるならコレ。

フロントサラウンドシステム ベストセラー

ホームシアターパッケージ - スピーカーをはじめ、必要な機材がすべてセットに。一気に本格ホームシアターを始められる

設置イメージ 本格ホームシアターに必要な、アンプ・スピーカー・ウーファーをパッケージング。

省スペースに始めるならまずは2.1ch。スピーカーを追加することで、将来的には5.1chにグレードアップ可能。

初めから臨場感を求めるなら3.1ch~5.1chを。

2.1ch ホームシアターパッケージ ベストセラー

LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー...

ロジクール
¥ 13,165 ¥ 5,181
OFF ¥ 7,984(61%)

3.1ch~5.1ch ホームシアターパッケージ ベストセラー

シアターラックシステム - ホームシアターシステム+テレビラックという変則ワザ。1台2役、見た目スッキリ、でも音は本格派

設置イメージ スピーカーはどこ!?答えはテレビラックの中。

テレビラックにもなって本格的なサウンドも鳴らしてくれる。

見た目もスッキリで、インテリアとしても最適。

シアターラックシステム ベストセラー

ホームシアター・オーディオ特集一覧

Live盤の臨場感に浸る


ワイヤレスで音楽を聴こう


デザインで選ぶオーディオ特集


原音を高音質に録音 リニアPCMレコーダー特集

ホームシアター・オーディオ特集一覧 へ