とおのとほさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

とおのとほさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 2,725
参考になった: 1297

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


とおのとほさんが書き込んだレビュー (山形県南陽市)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20
pixel
日本侠客伝 [DVD]
日本侠客伝 [DVD]
DVD ~ 高倉健
価格: ¥ 2,548

5つ星のうち 5.0 任侠は女たちの心をも響かせてくれるものらしい, 2014/9/29
レビュー対象商品: 日本侠客伝 [DVD] (DVD)
1964年公開。高倉健主演の映画かと思ったが、キャストの順番では中村錦之助が筆頭になっている。競演ということかなあ。

物語の時代背景が分からない。軍服には詳しくないが、昭和初期ごろのことだろうか。オープニングから渋い色彩で、純和風といった感じ。

一番いい役は中村錦之助の役どころと思った。木場政組の跡取り長吉役の高倉健は若さでもって切れのいい立ち回りを演じる役。どちらもそれぞれ引き付けられる。しかし泣かせてくれる味のある役は錦之助のほうである。

沖山組に切り込むことに決めた錦之助の清治はいたいけな娘を抱きしめ、妻と別れの酒を酌み交わす。こういうのをたしか「滅びの美学」というのではなかったか。

長さんも自分の組のあり方が義理人情の縛られた古い組織であることは重々承知である。新興組織に切り込みに行くのは、別に、勝利して取って代わろうというのではない。男の筋を通すためにだけ死にに行くのである。残侠伝もそうだったが、新しい生き方を予感させての死である。
自分はいいから、残された若い者たちで新しい時代を生きていってくれというメッセージを孕んだ映画である。けれど、古い生き方はこれはこれでカッコいいだろ? というものだ。
それを観るぼくらに、先ほどまであった嫌なことはこれで忘れ、新しい気分で生きていってください、といってくれている。

本画を夕食後、お茶の間で観たのだが、母と妻が異様に集中して魅入った。女ってこういうの好きなんだよなあ、じつは。両方とも職人系の家柄だからかなあ。遅く帰ってきた娘も一人見ながら盛り上がっていた。演歌は嫌いだが任侠は悪くないみたいだ。
任侠・・・んー、じつは女の心をも響かせてくれるものらしい。


やくざ戦争 日本の首領<ドン> [DVD]
やくざ戦争 日本の首領<ドン> [DVD]
DVD ~ 鶴田浩二
価格: ¥ 2,263

5つ星のうち 5.0 ブラックな組織を描いた映画になぜ惹かれるのだろう・・・, 2014/9/26
ある文章に引用されていた文が頭に残っている。それは日本で一番大きなヤクザ組織の首領だった人の娘さんの文らしい。
「俺たちの組織は、淋しい者たちの慰めあう場なんだよ」と父に言われたという。
 映画だとドンパチばかりやっているように見えるが、じつはサークル活動の面もあるのかもしれない。
 中には悔い改めてキリスト教の牧師になる人が出てくるのも、紙一重のところにあるからかもしれない。
 とはいえ映画に描かれていたような、企業や政治家たちがブラックな組織と関わるのだけは止めてもらいたい。
 俳優たちっていいなぁ。若い時の活動する姿が映像となって長く広く残される。
 最後になったが、この映画の作りってスゴイ。1970年代に見た「仁義なき戦い」シリーズと同じすごさだ。それを思い出した。いま見ても少しも進行はもたついていなく、すごくドライにできていて、幼稚ないい方かもしれないが、全然、眠くならなかった。


メイクアニューハビット クリアアイスミント 975ml
メイクアニューハビット クリアアイスミント 975ml
価格: ¥ 498

5つ星のうち 4.0 お茶とか飲料だけではお口の清潔さは保たれませんから, 2014/9/25
薬用ブラックミントのほうが私にはよかった。それは刺激があった方が、しかも「薬用」という言葉がついていた方が効き目がありそうだから・・・という軽薄な理由からです。
本商品でも、キシリトールが入っているので、しかもその効果はけっこう持続するようで、安心です。アホなこといいますが、夜、歯磨き忘れても安心しているくらいです。歯磨きなしの翌朝でも、口の中のpHはいい感じしますから。

日中はお茶やコーヒーを飲むので、退社間際に使用します。帰宅までお口の中は清潔さが続く、と信じて。中年以後の特有の口臭の予防にもなって、途中、知り合いと出会っても迷惑かけずに済むし。

以前は「退社間際に歯磨きするなんて、危ない奴だ」なんて、下品なことを連想する先輩がいました。情けない時代がありましたよ。お茶とか飲料だけではお口の清潔さは保たれませんから。


光とともに… 15―自閉症児を抱えて
光とともに… 15―自閉症児を抱えて
戸部 けいこ著
エディション: コミック
価格: ¥ 821

5つ星のうち 5.0 今後、娑婆世界で光くんのような子に会えたら幸せだ, 2014/9/25
作者の戸部けいこさんは、中皮腫により52歳(2010)で亡くなった。おかげで本シリーズは残念な終了。
妻であり母である戸部さんならではの視点が、男のわたしにも感動を与えてくれた。作中の自閉症の光くんの遭遇するドラマだけではなく、幸子さんの妻として、母として、そして嫁としての苦労が胸を打つ。だからといって、わたしは妻の墓掃除を手伝いに行ったりしない。

今巻の光くんはなんだかできすぎ君に見えた。そうだよ、たまにはそうでなくては。その代わり、お姑さんからのプレッシャーが増えたし、花音ちゃんの教育の心配が割り込んできた。

わたしが中年のとき(現在、高齢者)、ゲームの「ファイナルファンタジー」にハマってしまったことがある。1ヶ月間、集中してしまった。休日などは、朝の6時から真夜中の2時まで止まらず、妻に小言をいわれた。闘争本能を満たしてくれるゲームは誰もがしたいし、やめられない。光くんはお母さんの見事なコントロールでよくぞ、この程度で収められているものだ。お母さんエライ! 

親が亡くなり、誰も子どもの面倒を見る者がいなくなる時のことを思うと、おちおち死に切れない。わたしはそういう境遇の方たちの施設を知らない。議員宿舎や自衛隊宿舎など国営の施設はとても立派だ。だから、自立生活のできない方たちの生涯を送る施設もきっと立派だろうと安心してはいる・・・。

光くん、ジジイのとほも残された寿命を自分のことばかりでなく、人様のお役に立つようなことをして全うします。光くんのような子に会えたら幸せだな。


モンダミン ナイトクリア 1000ml
モンダミン ナイトクリア 1000ml
価格: ¥ 906

5つ星のうち 4.0 サラッとしていて日本人好みかも, 2014/9/25
すっかり耳に馴染んでしまった「お口クチュクチュ モンダミン」の商品をいまさら初めて使ってみた。
効果をハッキリとコメントできないのが残念。他の商品とどう違うのか、わたしには味しかいえない。
口に入れたとき、本商品は全然水みたいな感じ。辛くもないしベタつきもない。日本人に合っている。激辛、超甘、薬臭さ、特にサロンパス味・・・そういうものが一切ない。神経質で細やかな日本人の口をよく知っている製品。

私の歯肉炎は一進一退。マウスウォッシュは予防であって治療用ではないから期待できないけれど、ひところ見たいには腫れなくなった。手遅れかもしれないけれど、今以上に悪化させないために、ナイトケアは続けていきたい。
激辛商品はじつに口内をすっきりさせてくれる。それも持続する。激辛でないものは、やや、なにかが残っている感じがある。でも、トコトン粘膜を洗浄することは果たしていいのか? という疑問を持つ人にはこういう商品がいいだろう。激辛のような完全スッキリタイプでないと納得できない、という人には例えばリステリンのようなものがいいだろう。
20年も前のような、ただハーブの匂いで口臭をごまかすだけのような商品はいまどき消えてなくなっている、と信じて、好みで選んでもなんら問題はないといえるのかもしれない。そうすると、本商品のような、無味はけっこう万人向きといえるかもしれない。
私は、激辛でないともの足りなく感じ人間なので、次は別のものを手にするかもしれない。それは本商品の責任ではない。


日本侠客伝 花と龍 [DVD]
日本侠客伝 花と龍 [DVD]
DVD ~ 高倉健
価格: ¥ 3,950

5つ星のうち 5.0 高倉健のいいしれぬ優しさに乾杯!, 2014/9/23
レビュー対象商品: 日本侠客伝 花と龍 [DVD] (DVD)
遠賀土手行きゃ 雁がなく
喧嘩ばくちに 明けくれて
ゴンゾ稼業と 呼ばれていても
胸にいだいた 夢ひとつ

この間見たばっかりなのだが、石原裕次郎主演の「花と竜」の時代は、日露の関係が風雲急を告げる緊迫したときであった。本画では、日露戦争後、となっている。なら、日本の膨大な若者たちが戦争で亡くなっていることに触れて欲しかったが、そもそも軍人の姿がまるっきりない。警官の姿もない。ちょっと異様な感じがした。それだけ狭く絞った世界の出来事と捉えていいだろう。玉井金五郎はブラジルに青雲の志を抱いていたのだが、裕次郎ならその野望も似合っている。しかし、高倉健にはとても似合わない。その原因は、どことなく漂う退廃からなのか、最初から敗北の美学を背負って生きている。

同じ原作なのにまるで空気が違う。そして、わたしは高倉健で泣かされた。どうしてこうも優しいセリフがあるのだろう、本当は一人ぼっちの人間なのに、大勢の仲間たちに慕われ、そしてその恩に命で返す。
わたしたちは、兄貴肌の裕次郎の手下になって、ずっとツルんで生きていくよりも、プラッとやってきた男だが、特異な力を持っていて、グループの助っ人になる人材として一時的には信じてみてもいい。案の定、敵に勝つことまではできなかったが、一人で責任を背負って一矢報い死んでくれた。兄貴よりも助っ人、こちらの方が受け入れやすい。

玉井の女房には星由里子、壺振り女に藤純子。みんな、今の私より若いのに、「お姉さん」と呼びかけたいよ。

驚き桃の木・・・原作者の火野葦平は本名玉井勝則、つまり彼は自分の親父の伝記を書いたのだ。火野葦平は玉井組2代目組頭も継いでいた! ヤクザとは違うが、男気のある職種である。


光とともに… 14―自閉症児を抱えて
光とともに… 14―自閉症児を抱えて
戸部 けいこ著
エディション: コミック
価格: ¥ 821

5つ星のうち 5.0 お店屋さんでたまたま引っこ抜いたDVDのドラマを観ることになったようなものと思って人生を楽しむしかないよ, 2014/9/23
泣かされて笑わされて・・・これぞマンガの真骨頂。今巻はゆっくり読めたからかな、感情を預けて楽しめた。
再び、嫁姑の問題が勃発。東家が由緒正しい家柄だったとは。

末尾近くに登場した領毛つばさ先生はADHDあるいは、または、それとアスペルガー症候群、最近では自閉症スペクトラムという発達障害者だった。彼の登場のおかげで、お姑さんの理解が一気に深まったような場面だった。

いまから30年前、脳性まひ者と行動をともにしていたとき、若い人がこそっと、とほに尋ねた。
「あの障害は病気ですか? 直るんですか」
世の中みんなそんなものだったのだ。自閉症は治るのか。自分のバカだって一生直らない。一生直らない自分のバカと付き合って生涯の難局を乗り越えて生きていく。そこに生まれるドラマを楽しめばいい。

自閉症の子どもを持つ親は、子が多動であれば肉体疲労だってハンパない。東田直樹くんの話では、当事者だって、自分の身体が思いのままになれないじれったさにハンパない思いをしている。お店屋さんでたまたま引っこ抜いたDVDのドラマを観ることになったようなものと思って人生を楽しむしかないよ。


光とともに… 13―自閉症児を抱えて
光とともに… 13―自閉症児を抱えて
戸部 けいこ著
エディション: コミック
価格: ¥ 821

5つ星のうち 5.0 サポートセンターがほしい, 2014/9/22
NHK Eテレビで東田直樹くんの番組を観た。なぜ跳びはねるのか、外の人間が観察して想像するのではなく、当人が語ってくれていた。世界的な大事件だ。彼の著書は気になっていたけどまだ読んでいない。“自閉症”という名称が覆るような衝撃があった。

ある人とパッと顔を合わせると、とても落ち着いた顔をしている。話しかけ、彼が応じようとする。そして脳内を巡らせて適切な言葉を抽出しようとする。その途端、なにか行動を阻害するものが立ち塞がったようで、崩れていく。脳で何が起きているのだろう、そういう現象を見るにつけ思ってきた。

光くん、性の進軍は止まらない。女の子は妊娠の心配がある。両親はすごくザンネンな思いを、これからますますすることだろう。

花音ちゃんも悩み始める。お兄ちゃんのことをはやし立てる子どもたちが現われたからだ。子どもほど、相手への違和感をなんのブレーキもなく口に出す。障がい者の居る家庭のたいていはみんな同じ悔しい思いを積み重ねている。「大人になる」どころか、仏や神になるしかないのだ。地域ごとにサポートセンターがあれば、かなり変わるに違いない。認知症老人の徘徊とかの対策にもつながると思う。カフェをできたらと思う。


花と竜 [DVD]
花と竜 [DVD]
DVD ~ 石原裕次郎
価格: ¥ 1,763

5つ星のうち 5.0 浅丘ルリ子はまだ「いい女」と呼ばれるには若すぎるころの活きのいい姿がここにはありました, 2014/9/21
レビュー対象商品: 花と竜 [DVD] (DVD)
雲は悠々 空を行く
おれはお前と 道を行く
ひとたび男と 生まれたら
夢もどえらい 奴をみろ
夢もどえらい 奴をみろ

明治三十数年、ロシアと戦争勃発のきな臭くも戦争景気に活気づく北九州門司港。その男は愛媛といっていたかなぁ、景気を当てにいろんな地方から男ども女どもが流れ込んでくる。その玉石混淆の中に混じっていた玉、それこそ玉井金五郎26歳。旅費を溜めてブラジルに一旗上げようと青雲の志を抱いていた。残念ながらというべきか、幸運にもというべきか、ヤクザと張り合い、女にもてるいい男をよくぞ描出したものだ。そんな青春を通してヤクザに負けない堅気の沖仲仕組合結成の功労者となった。

ここに登場する玉井金五郎に扮する若き石原裕次郎、カッコいいなあ。「西部警察」のデスクみたいな年取った裕次郎しか知らなかったので、彼が死んでからあわてて何本かの映画を観てみたが、すべてかっこいい。しかしこの「花と竜」は知らなかった。日活がクラシックシリーズの一つとして出したので観ることができたのだろう。
ぼくが小学5年生ころ、有楽町の日劇で松島とも子の「夏踊り」(?)母に連れられ見に行って歩いた夕暮れの銀座。裕次郎の映画を見ると、このときの街の雰囲気が、いわゆる「昭和」が思い出されてしかたがない。
「花と竜」はこれまで、高倉健、渡哲也、高嶋政宏の三作品を観てきた。三作品を比べれば、わたしは高倉健のが、腹にズンとくる力強さがよくて好きになったが、伸び伸びと育った向日的な石原裕次郎の映画にも、とても魅かれてしまった。


結城よしを全集
結城よしを全集
結城 よしを著
エディション: 単行本

5つ星のうち 5.0 筆者・監修の歌人の父・編集部の三位一体でみごとな結城よしをワールドがここにはある, 2014/9/19
レビュー対象商品: 結城よしを全集 (単行本)
大型本で1巻全集。監修が父結城健三で、遺作他資料の提出を遺族として提出したが、実務は角川書店の編集者なのだろうか。膨大な手書きの原稿をよくぞ活字化したものだ。表紙裏などに作者自筆の写真掲載されているが、わたしには読めない。日記を読むと、連隊の駐屯していた現在は霞城公園の近くで、かつ香澄町のところに住んでいたらしい。
全集のおおまかな構成を記しておく。

*写真集
*目次
*童謡集
*航海日誌
*初期作品集 詩 童話 小説 随筆 自筆カット NHK「戦場からきた童謡」台本
 レコード吹込み作品一覧
*年譜・解題 年譜はすでによしを伝記というにふさわしい
*あとがき これは編集部を代表して「k」の署名
*索引

わたしがおもしろく読んだのは航海日誌だ。フィクションではなく、現場の記録だ。筆者が童謡作家なので、明るくのどかな空気で満ちている。文体はやさしいのでこちらものんびりと楽しんで読める。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20