とおのとほさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

とおのとほさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 2,369
参考になった: 1622

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


とおのとほさんが書き込んだレビュー (山形県東置賜郡)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20
pixel
完全なる飼育 赤い殺意 [DVD]
完全なる飼育 赤い殺意 [DVD]
DVD ~ 大沢樹生

5つ星のうち 5.0 篭から放たれた小鳥の行く末には信じられる社会がきっとある(ネタバラシあり), 2015/5/20
監督が若松孝ニ。女性が虐待されながら監禁されているというあまりに悲惨な状況が舞台。
女性が少女のころから監禁されているというくだりで新潟県で実際にあった事件をヒントにしていることが分かる。現実は映画以上に悲惨なことがたくさんある。そのほんの一部を映画で暗示的に表現されているのだろう。

ストーリーは、殺人を犯してしまった男が隠れ場所を求めて飛び込んだ家が怪奇で淫猥な現場であった。殺人者からしても驚くべき事態。殺人は窮極の残忍なる犯罪か?と監督は問いただしたそうである。

足の怪我を女性から手当を受けているうちに愛情が芽生え、狂気の変質者の虐待から救出したい思いになる。
ここで、さらに殺人を重ねて二人で逃亡するとなると、フツウのB級映画になってしまうとろこだろうが、監督は思いがけない展開を仕掛ける。それもさらに返し技に遭う。

殺人をしたもののまだ人間味のある若い男と密室で長年育てられてきた女性が共に手を携えて逃亡する、という展開がまず予想される。決して未来は明るくないが、見ているものにとっては救われる思いがある。と同時になんだか甘さが感じられる。

ところがその人間味のある殺人者は凶暴な変質者に殺される。監禁されている女性はどうなるのだろう、と暗澹たる思いにさせられ、また殺伐たる思いに駆られる。

ところがところが、そんな想像も瞬時に変えさせられる。殺人を犯した変質者も倒れてしまうのだ。女性によって彼女を虐待するのに使用していたスタンガンによって自ら倒されるのだ。

エンディングは、女性が誘拐されて以来、出たことのない外に足を踏み出し、おぼつかない足取りで街を彷徨するシーンだ。ここで観客は殺人のシーンからわずかだが心が洗われることになる。
保護された女性の社会復帰の道のりは遠いかもしれないが、きっと世の中の人たちは彼女を懸命に回復させてあげることだろう。見る者の心がようやく安らぐ映像だ。

この最後の場面を見て、監督若松孝二の温かな心に触れた思いがする。社会変革を暴力的に実現しようとしていた若いころの情熱は、篭から放たれた小鳥の将来に託されたのだと思われた。


吉田松陰―吟遊詩人のグラフィティ (時代を動かした人々)
吉田松陰―吟遊詩人のグラフィティ (時代を動かした人々)
古川 薫著
エディション: 単行本

5つ星のうち 5.0 やはり凡百の思想家とは違ってキナ臭いことが学べた, 2015/5/11
NHK「花燃ゆ」を見ていると、NHK大河ドラマという国民的番組だというのにとても危険な匂いを感じてしまう。
かつてのオウム真理教の教祖と若い幹部たちによるサリン事件をどうしても想起してしまう。サリン製造を企画し製造し、ばら撒くことになった幹部たちの多くは死刑を宣告されたが、ひょっとして目論見どおりにコトが運んでおれば、彼らは新政府の幹部たちになっただろう。失敗してもらって助かったのだが、また将来、力が付いてそのときこそ成功すれば、彼らは伝説のヒーローになることだろう。
維新の志士たちは、オウムの幹部たちと違って、歴史を捻じ曲げようとした輩ではなく、歴史の滞りを取り去ろうとして正道を歩んだ人たちである、といわなければならないのかもしれない。
けれどもやはり政府転覆を企てるキナ臭さが鼻につく。もちろん、だからこそヒヤヒヤしてドラマを楽しめているわけだ。
本書は「少年少女向け」の体裁をとっているように見えるが、5分の3ほど過ぎたところで、やはり松陰の狂気を取り上げている。その意味では「大人向け」だったか?
あとがきで、戦前の神格化された松陰像から、戦後は変わって人間臭さが描写されるようになったとのことが記されている。本書も「ニンゲン松陰」を描こうとしたのだろう。
しかし、テレビドラマでも本書でもわたしが学んだことは、吉田松陰はやはり凡百な思想家ではなく、人工的に育成されてバツグンに知的能力の高い、ファナチックでカリスマ性たっぷりな思想指導者だったということだ。なんだか三島由紀夫と似ているところがあるなあ。政府や国を直接動かすところまでは行かなかったので、ナポレオンやヒトラーと比べてサイズは小さいが、ジューシーな指導者として、タブーを畏れず大胆なドラマを、もっと仕立ててもいいのではないだろうか。
「八重の桜」に感動して、長州憎しだったが、今度は吉田松陰サマサマだ。

吉田松陰が処刑される前に高杉晋作に送った手紙の中に死ぬべきところについて語ったこと。
「人間というものは、生死を度外視して、要するに、やるべきことをやるという心構えこそが、たいせつなのだ。」


これならわかる!『論語』―渋沢栄一やドラッカーをはじめ、経営のトップが愛読! (Gakken Mook)
これならわかる!『論語』―渋沢栄一やドラッカーをはじめ、経営のトップが愛読! (Gakken Mook)
齋藤孝著
エディション: ムック

5つ星のうち 5.0 これならデキる! 論語の実践法, 2015/5/10
「論語」との付き合い方の話から始まる。例えば、論語のある言葉を我がものとしようと決めたら、3年間その言葉を心に抱き、実践に努めよう、という。
そのとおりだ。たくさんの本にはそれに累乗するたくさんのよい提言があるが、読了するとすっかり忘れてしまう。論語は実践指南の書だから実践しなければ読んだとはいえないだろう。一つの言葉に3年間つきあうとなると、一生涯のつきあいになる。それだけ価値のある書であるということだ。
漢文が面倒くさいと思うなら、各節の表題だけでも目を通し、自分の気になるものを選び、それだけでも実践する、ということにすればいい。そして実践の励みとしてときどき内容に目を通せばいい。本書だけでも生涯の友となるかもしれない。
わたしも3年間実践する言葉を本書から見つけた。それを紙に書き出し、眼前に掲示しておくことにする。

  其行己也恭 其事上也敬 其養民也恵 其使民也義


泣いた赤おに (フォア文庫 B)
泣いた赤おに (フォア文庫 B)
浜田 廣介著
エディション: 新書
価格: ¥ 605

5つ星のうち 5.0 泣いた読者, 2015/5/8
他のことに忙しく、本、とくに文学を読まなくなった現代人。そんな人たちでも読みやすいのが童話ではないか。すぐ通読できるし、頭に残る。そしてなにより心が癒される。
例えば推理小説をお勧めしても、DVDで間に合わせられるかもしれない。全然別物、といってもキャラは同じだろ、と返されるかもしれない。
子ども向けの物語も、例えば、指環物語やナルニア国物語は映画化されているし、それも優れたものに仕上がっているようで、コトさら活字を見なくても、ということになる。
だが童話の短編はこれら大作と違って、映画を見るよりもお手軽だ。お手軽なのにとても深い感動が得られる。
情緒、という点では、翻訳モノよりも日本の作品の方が潤沢だ。身びいきで思うのであろうが、世界文学の観点からもそういえるのではないだろうか。
広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像の優しさの洗練さは、どの国の像よりも進んでいる。童話の情緒の洗練さもまた日本の風土の生んだ独自性だろう。それが手軽に鑑賞できるのだ。

「泣いた赤おに」何度読んでも泣ける。所収されている12編すべてが珠玉の作品。人間の自分の傲慢さを打ち砕き、小さな生き物の必死な、温かな、篤い信頼が、読む者の明日を生きる命を再生してくれる。


ハンナ・アーレント [DVD]
ハンナ・アーレント [DVD]
DVD ~ バルバラ・スコヴァ
価格: ¥ 4,530

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ハイデガーゆずりの、克服できないニヒリズムの行方は・・・, 2015/5/7
レビュー対象商品: ハンナ・アーレント [DVD] (DVD)
ユダヤ人収容所の監督者で大量殺戮を執行したナチスの官僚アイヒマンへの哲学者ハンナの所見がなんと無罪。
イザヤ・ベンダサン「日本人とユダヤ人」という大昔に読んだ本を思い出す。ユダヤ人は議会で全員一致になると協議をやり直すという。世界中が全員一致で死刑を望む裁判にハンナは反対し、死刑のリアリティを確実なものにする役割をまさに果たしたといえる。

それにしてもなぜアイヒマンを無罪とするのか。それは自分の目先の任務を遂行しただけだから、という。「市民の良識」はなかったのか、というツッコミには「なかった」という。良識をもてるだけの器量の持ち主ではなく、凡人だったのだという。
人間には「市民の良識」という器量などないとする深い深いニヒリズムによるのか、アイヒマンという男は空気の読めない障がい者だと直観したものなのか。

映画を見る限り、相手がアイヒマンでなくても、ナチスの小役人ならば誰でも「無罪」とするような感じだった。ユダヤ人収容所の殺戮システムの一角を保身と出世欲で固めた役人として、目先の書類にハンコを押しただけ、ということだ。
このような人なら世界中に満ち溢れているし、その意味ではハンナの言うとおり平凡な男でしかない。
しかし、そのような男たちが目先の任務を遂行し順送りすることによって膨大な人間の命が処分されていったという現実にはどのように立ち向かえばいいのだろう。なす事がないとなれば残されるのはニヒリズムではないか。ハンナはハイデガーの愛弟子としてニヒリズムを超越することができないどころかドツボにハマったということだろうか。
いや、アイヒマンを処刑するしかできないというニヒリズムに警鐘を鳴らしたものなのだろう。
人間たちは組織を形成することによって非力であるにもかかわらず地上の支配者となってきた。その根幹にがっちりとこびり付いている「官僚主義」は両刃の剣なのだ。
しかし、情けない我々人間は誰かをいけにえにしないとコトを収めることができない。やはり、さしあたってアイヒマンを処刑してカタをつけることになるのだ。アイヒマンを断罪したからといって第二のアイヒマンが出現しないとは誰も信じていない中で。


日本橋 [DVD]
日本橋 [DVD]
DVD ~ 淡島千景.山本富士子.若尾文子.品川隆二.船越英二
価格: ¥ 3,369

5つ星のうち 5.0 恐るべし大映カラー, 2015/5/1
レビュー対象商品: 日本橋 [DVD] (DVD)
自分のおやじの世代から上の人間たちの遊び場だった芸者遊び。疑似夫婦を仮想して第2の恋愛を楽しんでいたようだ。
楽しみの少なかった時代は今では想像もできないような強い男女の求め合いがあった。そして女性の働く場が少なく、才知ある女性も多く芸者になったいたであろう。これは環境は変わったが才知ある女性が多くいる点では現代も変わらないのだろうが。
世間では男女は厳しく隔てていながら、遊びの世界では現代以上に深い交わりがあったのだ。そんな中で生まれたドラマ「日本橋」の芸者2人の競い合い。激しく男の奪い合いをしながらも、困っているときは助け合う。
山本富士子は学生の時、仲間と見た梅宮辰夫主演の番長シリーズに色気のあるおねえさん役で出ていたけれど、淡島千景はさすがに映画で出会うことはなかった。本画を見るとなんとかわいいことか。

泉鏡花原作ならではの和の美学が盛り込まれていてそこは目や耳が捉われてしまう。横笛の音色、和服、しぐさなど、能とか歌舞伎のように美しい。2時間以上の長編だったがちっとも飽きさせなかった。


アポカリプス~黙示録~ [DVD]
アポカリプス~黙示録~ [DVD]
DVD ~ チャード・ハリス

5つ星のうち 4.0 キリスト教弾圧の圧政のさなか、信徒たちへの希望のメッセージ, 2015/5/1
レビュー対象商品: アポカリプス~黙示録~ [DVD] (DVD)
新約聖書のヨハネ黙示録はなかなかとっつきにくい。あるとき、気合いを入れて、というか下手だが絵を描きながら読んでみた。すると、なんとなく親近感がわいてきた。といってもその意味するところはまるで分らない。
コッポラ監督の映画「地獄の黙示録」を見てみたが、まあ、ベトナム戦争は地獄も同然だったのだろうなあ、くらいしか分らなかった。そうしていると本画と出会った。セリフはいのちのことば社監修らしいから本格的なメッセージが盛り込まれているらしい。しかし、おかげで、またしてもよくわからなかった。
ストーリー自体はわかりやすい。12使徒の最後の生き残りのヨハネが孤島の刑務所から信徒へ向けてメッセージを送る。信徒たちはメッセージでは足りず、迎えに行って脱走させようとする。港で追手に追いつかれいよいよ万事休す。しかし、総督の船がやってきて、圧政をふるってきた皇帝は暗殺され、キリスト教に理解のある皇帝にとってかわったことを知らせる。ハッピーエンドになるわけだ。
一説によると黙示録が難解なレトリックを駆使しているのは、ローマの支配者に見破られないように、ということだったらしい。自然現象の異変を予言したというようなものではないようだ。DVDパッケージのイラストは本画とは一切関係ないし、かえって黙示録の内容を誤って理解されてしまうものであろう。


アイガー北壁 [DVD]
アイガー北壁 [DVD]
DVD ~ ベンノ・フュルマン ほか
価格: ¥ 4,153

5つ星のうち 5.0 見ごたえあったなあ, 2015/5/1
レビュー対象商品: アイガー北壁 [DVD] (DVD)
おそるべし体力。700キロ? 主人公たちの村からアイガーまでの道のりをリヤカー繋いだ自転車で行くとは! ハーケンもドイツの鍛冶屋よろしく手作り。自転車のパンクもスイスイ直す。このような場面がそもそも新鮮だ。
ナチスが支配していたドイツが舞台で、ナチスをややくさしているところもあるが、趣味の者にとっては楽しめるシーンでもある。だが、そんな政治的なところは飛ばして楽しむものだ。
ナチスやアーリア人種の優秀性の発揚、とかは刺身のつま。飽くなき高みへの挑戦という、青春の野望の成否を楽しむ映画だ。野望といっても、途中でまとわりついてきたオーストリア組の負傷にはなんら迷うことなく救助下山を始めるすがすがしいものだ。ただ、その活動によって本画のドラマは暗雲たちこめ悲劇の階段を転げ落ちる。

監督は、男を強調した山岳映画にはしたくなく、恋愛を取り入れたというが、幼友達である駆け出し女記者ルイーゼを絡めてきた。しかし、女とはいえ、ドイツ女である。やはりゴツイ。・・・初めこそゴツイと思われたのだが、遭難の現場に入っていくにしたがってドンドンかわいらしく見えだした。

かつて「運命を分けたザイル2」という名作を見たことがあるが、このときの事件を翻案したものである。「アイガー北壁」の迫力も相当なものだが、女性を入れたりして「ザイル2」よりは残酷さは緩めてあってホッとした。


入門者のための 癒される リコーダーレパートリー ドレミふりがな+簡単ピアノ伴奏つき
入門者のための 癒される リコーダーレパートリー ドレミふりがな+簡単ピアノ伴奏つき

5つ星のうち 4.0 1オクターブ上の“ラ”が出せないんです, 2015/4/23
Amazonで購入(詳細)
やっぱりだめだったかなぁ。リコーダーならできるかも、と期待していたのに、1オクターブ上の“ラ”が出せないで苦労しています。みんな、強く吹くといいんだというのですが、それは“ソ”までのことで、どうしてもラがいけません。
それから、おたまじゃくしは読めると思い込んでいましたが、テンポとかがイマイチで、おたまじゃくしどおり鳴らすのですが、自分でも、これはないな、という感じなのです。CDとか付いてないとダメなワタシでした。
そんなこといいながらですが、ピアノ伴奏が付いているのはホームランです。リコーダーに挫折したら、ピアノ弾いてみようと思ってます。


1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
今村暁著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 1,404

5つ星のうち 4.0 本書提案の日記は覚え書きみたいなものではないのか?, 2015/4/23
前著の「3分間日記」をしばらく続けていたが、やがてやめてしまった。朝学習する者にとっては、一日の反省を夜にするのはちょっと忘れがちになるから。
日記をつける事の効用はよく聞くが、そもそも、どんなことでも継続するのはよいことなのだろう。
本書は、3分間日記から1分間日記に短縮されている。山田雅夫の15分スケッチから1分スケッチが出たのと似ている。
本書の内容は、結局1分間で終わらず、3分でも終わらないものになっている。とにかく日記をつけさせるための甘い蜜だ。
1分間日記のやり方説明は1ページで済むようなことしか書かれていない。それでは本という体裁にならないから、分量のほとんどは人生訓で埋め尽くされている。

掴みはよかったと思う。
ストーカーはどうして本意を達成できないか、という投げかけには引き込ませられた。
思えば叶うとか、イメトレすれば実現するとかという本はたくさんあるし、自分もそれに釣られて練習したことがある。ひょっとしてそのような方たちが全国にたくさんおられるのではないかと思う。それならストーカーほど思い込みの強い人間はいないのだから、彼らは早々にストーカーという汚名を返上できていたのではないか、と気づかされた。
思いを叶えさせるためには、気づきが必要だったのだ。
そのためには日記をつけることが一番いい、といっているのだ。
気づくためには他者に相談するという手もあるかもしれない。その前にしておくことが日記を付けることだというのだろう。
ささやかな気合として、100円ショップでなく文房具店からキョクトウのA4ノートを購入した。付けてすぐ後悔したこと・・・A5の方がよかったかも。なぜなら、携帯するにはそのほうがいい。つまり1分間日記は1日に何度も書き込む、覚え書ノートのようだからだ。メモだったら、たしかに1分もかからない。そして、朝でも就寝前でなくてもよいということになる。なんだか続けられそうだなあ。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20