とおのとほさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

とおのとほさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 2,392
参考になった: 1573

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


とおのとほさんが書き込んだレビュー (山形県東置賜郡)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20
pixel
入門者のための 癒される リコーダーレパートリー ドレミふりがな+簡単ピアノ伴奏つき
入門者のための 癒される リコーダーレパートリー ドレミふりがな+簡単ピアノ伴奏つき

5つ星のうち 4.0 1オクターブ上の“ラ”が出せないんです, 2015/4/23
Amazonで購入(詳細)
やっぱりだめだったかなぁ。リコーダーならできるかも、と期待していたのに、1オクターブ上の“ラ”が出せないで苦労しています。みんな、強く吹くといいんだというのですが、それは“ソ”までのことで、どうしてもラがいけません。
それから、おたまじゃくしは読めると思い込んでいましたが、テンポとかがイマイチで、おたまじゃくしどおり鳴らすのですが、自分でも、これはないな、という感じなのです。CDとか付いてないとダメなワタシでした。
そんなこといいながらですが、ピアノ伴奏が付いているのはホームランです。リコーダーに挫折したら、ピアノ弾いてみようと思ってます。


1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~
今村暁著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 1,404

5つ星のうち 4.0 本書提案の日記は覚え書きみたいなものではないのか?, 2015/4/23
前著の「3分間日記」をしばらく続けていたが、やがてやめてしまった。朝学習する者にとっては、一日の反省を夜にするのはちょっと忘れがちになるから。
日記をつける事の効用はよく聞くが、そもそも、どんなことでも継続するのはよいことなのだろう。
本書は、3分間日記から1分間日記に短縮されている。山田雅夫の15分スケッチから1分スケッチが出たのと似ている。
本書の内容は、結局1分間で終わらず、3分でも終わらないものになっている。とにかく日記をつけさせるための甘い蜜だ。
1分間日記のやり方説明は1ページで済むようなことしか書かれていない。それでは本という体裁にならないから、分量のほとんどは人生訓で埋め尽くされている。

掴みはよかったと思う。
ストーカーはどうして本意を達成できないか、という投げかけには引き込ませられた。
思えば叶うとか、イメトレすれば実現するとかという本はたくさんあるし、自分もそれに釣られて練習したことがある。ひょっとしてそのような方たちが全国にたくさんおられるのではないかと思う。それならストーカーほど思い込みの強い人間はいないのだから、彼らは早々にストーカーという汚名を返上できていたのではないか、と気づかされた。
思いを叶えさせるためには、気づきが必要だったのだ。
そのためには日記をつけることが一番いい、といっているのだ。
気づくためには他者に相談するという手もあるかもしれない。その前にしておくことが日記を付けることだというのだろう。
ささやかな気合として、100円ショップでなく文房具店からキョクトウのA4ノートを購入した。付けてすぐ後悔したこと・・・A5の方がよかったかも。なぜなら、携帯するにはそのほうがいい。つまり1分間日記は1日に何度も書き込む、覚え書ノートのようだからだ。メモだったら、たしかに1分もかからない。そして、朝でも就寝前でなくてもよいということになる。なんだか続けられそうだなあ。


「お葬式・お墓・相続」のお金と手続き (エスカルゴムック 280)
「お葬式・お墓・相続」のお金と手続き (エスカルゴムック 280)

5つ星のうち 5.0 葬儀でパニックにならないために一番最初に読む本かもしれない, 2015/4/15
頭に入りやすい編集、文章だった。こういうものだ、こうするものだ、という上からのスタンスで書かれたものは、あまりシックリ来ないものだ。ところが本書は一般人からスタートしたものの言い方で、発想の順序が読者である自分と一致しているのでシックリするのだろう。

本書で初めてイオンが葬儀業に取り組んで話題になっていることを知った。これは地元の葬儀屋とどう違うのか、調べたいと思った。

子孫繁栄は保証の限りでないので、共同墓についてすごく興味があるが、本書でも少しタッチしている。

35歳くらいの時、85歳の上司の葬儀で、いきなり葬儀委員長を押し付けられ、葬儀にはベテランばかりの中で、葬儀などろくに出席したこともなく、そもそも言葉づかいさえもよく分からないまま、式を進行させたことがあった。本書には簡単な葬儀用語事典が添えてあって、若い人には役立つかもしれない。

結婚式も小さくなってきているが、葬式も小さくなってきているようだ。


曹洞宗のお葬式 喪主のハンドブック
曹洞宗のお葬式 喪主のハンドブック
双葉社著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,512

5つ星のうち 5.0 本番当日でも持ち歩いて使えそう, 2015/4/14
Amazonで購入(詳細)
プロの葬儀屋さんが増えたのは必要だったからだ。喪主にとってもお寺さんにとっても。ある作家がいっていたのだが、出版社との間に立ってギャラやら執筆依頼の調整をしてくれる代理人(仲介人)が欲しいということだった。日本人の野球選手がアメリカの球団に入団する時は代理人が交渉してくれる。障がい者の就労にも、もっと代理人げ欲しい・・・このようにいたるところに代理人は必要で、まずもって盛況を極めているのが葬儀の代理人(仲介人)だ。

一般人は葬儀には慣れていない。だから代理人が必要なのだが、慣れている代理人がつけこんで高額な葬式を仕立てる。わたしは父の葬儀を恥ずかしくないものにしたいとは思っていたが、そして葬儀屋はそのように演出してくれたが、突きつけられた金額には愕然としたものだった。

そもそも、仏教とは無関係の、風俗というか、土地柄の俗信などに振り回された自分が悔しかった。
その後悔の念から、葬式のあり方を考えたくなった。葬儀屋抜きの葬儀は考えられない。だから葬儀屋と交渉する上で必要な知識を備えるために本書のようなものを予習しておくことは必要だ。
自分ひとりではできないことが山ほどある。それを分担してもらうためにも、ダンドリを本書で心得ておくべきだろう。

本書は予想外に厚いものだった。いま、落ち着いている時に目を通しておいてよかったと思う。厚いといっても葬儀の最中に携帯するにもそれほど厚いものではない。たぶん、本書一冊と、無駄な費用をかけられないようにしっかりした心があれば間にあうと思う。

さて、その次は自分の番だ。少子化とか無縁社会化とかいわれるようになってきている。わが家の墓がいつ無縁仏として撤去されるか分からない。子孫がいなくなってもご先祖を祀ってくれる共同体があるかぎり供養を絶やされない共同の墓が欲しいと真剣に思うのである。


定年前後の年金・保険・税金の手続きをするならこの1冊 (はじめの一歩)
定年前後の年金・保険・税金の手続きをするならこの1冊 (はじめの一歩)
岡田 良則著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 1,728

5つ星のうち 5.0 不得意でメンドーだと思う人は右側のページだけでも読もう、すぐに読み終えられる, 2015/4/11
ふだんならまったく読みたくない分野。退職する前に背に腹は代えられないとばかりに本書を購入。アンダーラインなど引きながらわずかばかり目を通してみた。
・・・現在、ふたたび新しいステージを迎えることになって、がんばって手に取りページをめくってみた。すると、以前よりは頭に入る。
数日前に、ハローワークや年金機構の門をくぐった。実際は、わたしにはまだ合致しないことばかりだったので、手ぶらで門を出た。だが、空気に浸っただけでもかなりベンキョーになった。その頭で本書等に目を落とすと結構頭に入る。

自分の生活の基礎のことだが、まったく不得意な方も多いと思う。奥さんに任せるところだろう。だが、もちろん、家事と同様にこの分野も慣れておかねばならないのが現代の夫なのだ、と自分に言い聞かせて喰らいついてみた。世の中の基礎を把握しておかないでは不安になる。
これからますます頭がボケていくのに、かえって自分の手でやらねばならなくなることが出てくる。それが組織を退職した者の宿命なのだ。

とついボヤいてしまったが、差し当たって右側のページだけ読めばいいのだということに気が付いた。計算とか経理とか手続き申請などが苦手な人は左側のページは読まなくてもいいと思う。右側の文章はとても優しく分かりやすい。

「世の中はこうなっている」という世の中勉強のために、本書を手にし、右側のページに目を落とすことをお薦めする。そこだけだとすぐに読了できる。そして安心が手に入る。


最新 知りたいことがパッとわかる 年金のしくみと手続きがすっきりわかる本
最新 知りたいことがパッとわかる 年金のしくみと手続きがすっきりわかる本
多田 智子著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,598

5つ星のうち 5.0 常に携帯していたいくらいのお役立ち本だ, 2015/3/20
そもそも「年金」という言葉はニュースなどでさんざん聞かされてきた。しかし、実態はどうなのか、というとイマイチ分からない。自分の年金の仕組みとは・・・。ということで本書を買ってみた。
すると、少し見えてきたものがある。これまで事務方からハンコを押させられたり、いいなりになってきていたが、本書の3分の1くらいはすでに手続き済のようだ。
それでも、これから、ハローワークに行って話を拝聴してこなければならない。そのとき本書を携えていこうかと思う。
人によっては、先輩や同僚たちに教えてもらったりしているかもしれない。しかし、そんな人が周囲にいない人は、本書を読んでおくべきだ。
古い言い方になってしまうが、お茶の間に「家庭の医学」を常備するように、本書はその脇にでも並べて置いておくべきものだ。
他書では「年金手帳はあるか」と問うものがあったが、私にはなかった。「ないなら事務室で預かっているはずだ」と続く。しかし、どうも怪しい。その疑惑が本書で明らかになった。わが職場では年金手帳はなくて当たり前だった。そんな小さなことから少しずつ本書で学んで行こうと思う。


銀河鉄道の夜 [Blu-ray]
銀河鉄道の夜 [Blu-ray]
DVD ~ 田中真弓
価格: ¥ 4,077

4 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 猫たちの物語, 2015/3/20
レビュー対象商品: 銀河鉄道の夜 [Blu-ray] (Blu-ray)
絵がますむら・ひろしという同郷(山形県米沢市)出身。
なぜ、いまごろ見る気になったかというと、原作でイメージしにくい描写があちこちあったから、絵描きならイマジネーションも人並み以上のものがあるだろうと参考にしたくなったのだ。
・・・少しは参考になったかな。でも、全然もの足りない。原作のカラー図説が欲しいものだ。

南十字星は荘厳な十字架に描かれ、天上の象徴のようになっているが(カムパネルラは本当の天上はこちらだと真っ暗な星空を指し、ジョバンニを置いてけぼりにして、そちらの方へ去って行く)、これは原作のとおりだから脚本を担当した別役実の責任ではないが、ちょっと偶像崇拝みたいで、十字架のどこがすごいの? という気分になった。
反対に、原作にはない無線技師の創出には、原作に忠実にする義理はないから受け入れられた。

監督の名前が杉井ギサブローとあるが、これは辻村ジュサブローをもじったのだろうか。辻村ジュサブローの人形による「NHK人形劇三国志」はしっかり見たのだが「里見八犬伝」はアチコチしか見てなく、現代語訳は読んだのだが、ジュサブローのおどろおどろしい映像を全編通して観てみたい。これはまた別の話だが。


宮沢賢治「銀河鉄道の夜 ~Nokto de la Galaksia Fervojo~」
宮沢賢治「銀河鉄道の夜 ~Nokto de la Galaksia Fervojo~」
宮沢賢治著
エディション: CD
価格: ¥ 1,296

5つ星のうち 5.0 ジョバンニの臨死体験, 2015/3/19
登場人物たち一人一人がキャスティングされて、効果音もこまめで、ダウンロードで音源を入手したのだが、とてもお買い得感がある。一人一人がキャスティングされているおかげで、聴きやすい。
一人で朗読している「朗読街道」とは違う角度で楽しめる。一般的にはこちらパンローリング制作の作品のほうが聴きやすいだろう。聴きやすさだけでいうならば、DVDになるが藤城清治の「銀河鉄道の夜」は子ども向けということもあって、とても聴きやすく感動的にできている。ただ、随所、話は端折られている。原作に忠実で聞きやすいという点ではパンローリング作品になるだろうか。
「耳読書」とかいうような言葉があるが、その観点からすれば「朗読街道」を一番にお勧めするが、本作品を併せて聴くと理解を助けられるかもしれない。

自動車を運転しながら、カーステレオで聴いているのだが、つぶやく部分が、あたりまえだろうが、音量が小さくて聴き取れないこともある。これはこちらの勝手な都合であって、制作会社パンローリングの責任ではない。「朗読街道」のように一人ですべてを読み上げていると、つい集中が切れてしまう。併聴してお互いの特徴を補うのがいいだろう。

ちなみに、こんなことをしながら遅まきながら気づいたのだが、銀河鉄道は死の列車を走らせていたのだ。
ジョバンニ以外はみんな天上で下車した。ジョバンニだけがこの世に戻ったということは健康体ながら臨死体験をしたということだ。そして垣間見た死への旅はそれほど暗くはないということだ。むしろ人生修業的な意義があるものだ。
鳥捕りにジョバンニは善良な一般人の面影を見たと思う。「注文の多い料理店」とは違って猟師だが善人になっている。生きるための食べ物を獲得する行為は、別の意味で高く評価されるものなのだろう。
ジョバンニはどうして臨死界に入境できたのだろう? 同級生のザネリたちにさんざん嫌がらせを受けたジョバンニは郊外の野原で夜空を見上げていると臨死界から列車がお迎えに来た。死んだ者たちと違って、ジョバンニの場合は、招かれた、ということなのだろう。死によってお迎えが来たのとは違っているのだ。
ジョバンニを招いたのは誰だろかう。簡単にいえば神様なのだろう。神様の救いの手がジョバンニに差し伸べられたのだ。
そして、この世に戻されたのは、病を患っているお母さんに牛乳を届けなければならない事情があったからだ。


こんな生命保険は今すぐやめなさい 本当に怖い実例編
こんな生命保険は今すぐやめなさい 本当に怖い実例編
三田村 京著
エディション: 単行本

5つ星のうち 5.0 細かい字で書かれてあっても読まないで契約してはダメ。本書で、心得やチェック事項を知っておこう!, 2015/3/14
保険は宝くじのように当たりハズレがあるようだ。保険は安心を、宝くじは夢を与えてくれる
が、たいていはハズレる。ハズレてもだれも文句はない。保険の場合は健康だった証だ
し、宝くじの場合は自分のバカさの証だったからだ
定年前の稼ぎ時に病魔や障害に倒れ失業する万一のことを考えて保険に入る。それで安
心を買う。万が一の当選を期待して宝くじを買い、一時、楽しい夢を見る。
両者を混同して、現実をあまり知ろうとしない。わたしは同僚たちに、払いすぎだとい
われて保険のことをようやく気にするようになった。けれども手遅れで高齢者になって
しまった。あとは、できるだけ活用することに努めたり、若い人たちにアドバイスする
ことが務めだ。

本書はヘタな物語集だが、数字や込み入った説明文の苦手な人たちが生命保険のことを
(業界のことも)理解するのに大変役立つ書である。
細かいことは分からなくても、さしあたって心得ておかねばならないことがいろんな方
向から語られている。営業員たちは事業所でハッパをかけられて成績向上に必死になっ
ている。我々は従順な羊の群れだ。筆者が繰り返し語っていることを少しまとめておこ
う。

*契約書は面倒くさいが読み理解しなければならない。
  わたしはしなかった。遅まきながら、これから読むつもりだ。とはいえ、読んで
も、批判能力がないと意味がわからない。けれど本書を読んでからだと、チェック事項
が分かるような気がする。

*「抱き合わせ保険」「アカウント型保険」には入らない。(わたしは入った)
*「更新型保険」「転換制度」を相手にしない。(これが度々あって嫌で他社に乗り換
えた)
*65歳で払い終わるものに入る。終身払いは避ける。

この4ヶ条だけでも心得ておくことだと思う。


こんな生命保険は今すぐやめなさい!―上手なやめ方・続け方・選び方
こんな生命保険は今すぐやめなさい!―上手なやめ方・続け方・選び方
三田村 京著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,512

5つ星のうち 4.0 じつは本書は生命保険の入門書だった, 2015/3/11
「生命保険料をドブに捨て続けますか?」というカバーに書き付けられているコピーはまさしく自分のことだ。長年、そう思いながらも多めに払い続けてきている。
自分の加入している保険はどのようなものなのか。ロクに確かめもせず、セッセと払い続けている。高齢者になったので、もはや乗り換えはできないと思う。あとはできるだけ損をしないように活用に努めなければならない。その一歩として読むことにした。

結局、いっていることは・・・
「必要なのは終身保険と終身保障の医療保険で、一生涯、解約も転換も更新もしない」
「若いうちから加入し、年払いでさっさと払い終わること」
「公的年金は怪しいから、個人年金も若いうちから加入しておく」
「共済は一生を保障しない」
「シンプルに単体保険の組み合わせがいい」いろんな無駄な尾ひれが付いて高額なものはいらないということ。
こういうことは自分にはもう手遅れのようだ。だが、若い人たちには知っておいてもらいたいものだ。
じつは本書は生命保険の入門書のようだから。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20