匿名くんさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

匿名くんさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 1,243,996
参考になった: 222

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


匿名くんさんが書き込んだレビュー (福岡県)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5
pixel
Breakout
Breakout
出品者:ありがとうございます。 希望屋books 《 FBA発送なら早い発送、丁寧作業、個人情報も安心 》
価格: ¥ 789

15 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 末恐ろしい15歳, 2008/8/5
レビュー対象商品: Breakout (CD)
ハンナモンタナ役でお馴染みのマイリーサイラスのデビューアルバム。

13歳のときにディズニーチャンネルにて放映の「ハンナモンタナ」にて主演し、去年の頭ぐらいからティーン雑誌には毎回表紙を飾るようにはなったけれど、一番その名を知らしめたのは、今年の1月初めまで行われたツアー。「アメリカでもっともチケットが取れないツアー」とも言われたことで、それからピープル紙や一般的な雑誌にも「お金持ちのキッズ」とか「若い子たちのファッションモデル」とかで広く知られるようになりました。(ハンナモンタナはとても好きで第1話から見ていましたが、3年足らずでこんなにも変わるものなのかなと・・・。)

CDアルバムを全曲聞いて思ったのは、「聞きやすい」「万人受けしやすい」!私は女性ソロのデビューアルバムはほとんど聞いていますが、そのなかでも群を抜いて良かったです。ヒラリーダフもブリトニーも代表曲は別として、無理に歌ってるロック調の曲とか、なんかしっくりこない感じの曲が大半をしめていたりで、せっかく買ったからと何度も聞いているうちにいい曲が見つかる・・・・というようなパターンでした。しかし、このアルバムは通しでたった1回聞いただけで、全曲気に入りました。前半はアップテンポの曲が多く、特にシンディーローパーの有名な曲をカバーした#4はとても楽しく若さあふれる曲に仕上がっているし、#6はなんかダークな感じ。後半は、しっとりとしたスロウテンポの曲が多く、#11GOODBYEはキュンとくる感じ、#7は、題名のごとく海の底にいる感じ。(浅いレビューですみません。)

マイリーの実力や努力や魅力は当然ありますが、私は、彼女をサポートする周りのプロデュース力も抜群にすばらしいと彼女の活躍を見ていて思います。まず、デビュー作といっても、テレビのハンナモンタナ(第1シーズン)内で使われた曲を収録した「ハンナモンタナ」で06年、同テレビシリーズの第2シーズンで使われた曲を収録した「ハンナモンタナ2とマイリーサイラスの2枚組セット」が07年発売されての3枚目になります。2枚目で自身のアルバムとの2枚セットすることで抵抗なく今回のアルバムを買えるようにしてる。発売時期も子供たちの夏休み真っ只中。曲の提供者にもすごく恵まれてる。

このアルバムは1週間で役40万枚売り上げて、全米1位になりました(BILLBOARD TOP200にて)。納得。ぜひ気になった方はぜひ聞いてみてくださいね。


Metro Station
Metro Station
価格: ¥ 1,537

10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 今話題の・・・・, 2008/8/3
レビュー対象商品: Metro Station (CD)
これからくる!4人組バンド!

ここ数ヶ月、アメリカのラジオや有線でガンガンかかっている「シャイクイット」を歌っているメンバーは、なんとハンナモンタナ役でお馴染みのマイリーサイラスの実の兄TRACEと同番組の親友役オリバーの実の兄MASON(ギターとボーカルを担当)。そして、キーボード担当のBLAKEとドラムのANTHONYの4人。ハンナモンタナの撮影所で出会って意気投合したTRACEとMASONがBLAKEを誘って結成。このアルバムにも収録されている#1「SEVENTEEN FOEVERE」をMYSPACEのサイトでリリースしたところインターネット上で話題に。2007年にアルバムを発表するも、3曲目の「シェイクイット」でやっと一般的に名前が知られるようになりました。

歌手名を調べるまで、てっきりクリックファイブの新曲かと思っていました。なので、アルバムは全体的にキーボード(シンセサイザー?)が利いた感じの曲。今年の夏はグッドシャーロットやボーイズライクガールズらとツアーを忙しく行っているので、きっと今年の終わりか来年あたりチャートを賑わす大きな存在になって帰ってくる事と断言します。今は兄弟の存在が先行して話題になっているところもあるかもしれませんが、特に「シェイクイット」を聞けば、人をぐっと惹きつける曲の要素が詰まっていることに気づくと思います。少なくとも私は1年に2・3枚しか買わないCDアルバムリストの中の貴重な1枚になりました。新しいもの好きには特にオススメです。


Now 28: That's What I Call Music
Now 28: That's What I Call Music
価格: ¥ 2,281

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 新星やカムバックアーティスト揃い!, 2008/6/19
レビュー対象商品: Now 28: That's What I Call Music (CD)
今回は、数曲を除いてすべてポップス系。
日本でも大ヒットをしているレオナ・ルイスの曲から始まり、カントリー系のテイラースウィスト、Colbie Caillat 、アメリカンアイドル昨年優勝者が大人気のクリスブラウンとデュエットして話題になった「No Air」、一昨年同番組出身で昨年年間アルバム1位をとったドートリー。こちらはすべてデビューアルバムが大ヒット中の新しい若手アーティスト。

次に、数年ぶりにセカンドアルバムを発表して話題のアーティストの曲が並んでいます。チェリッシュはデスチャの妹分としてデビューした4人姉妹グループ。数年前のかわいらしいイメージが無くなりよりR&B系が強くなっています。数年前ドラマの主題歌で出演俳優の人気と比例して知名度の上がったソングライターのギャビン・デグロウ、今回の曲も初めの30秒で惹きつけられる、素晴らしい才能を持ったアーティストだと感心しました。次は、「イギリス出身歌手がアメリカで成功するのは難しい」というジンクスをうち破ったナターシャ・ベティングフィールドのセカンドアルバムから。インドかアジア感漂う不思議な一曲。最後に2年ぶりにアルバムをだしたクリスブラウン。幅広い年齢層から人気を集めるきっかけとなったラブソング「ウィズユー」。ラジオでがんがん流れています。

また、マイケルジャクソンのカバー?の「ビートイット」をなんと声質が柔らかなジョンメイヤーと歌ったフォールアウトボーイの曲も必見。てっきり本人が歌っているのかと思ったくらい。最後に、この中で最も新新星のメトロステーションは必見です。てっきりクリックファイブの新曲かと今まで勘違いしていた・・・ということで曲調はそんな感じです。今夏、グッドシャーロットら数組とライブツアーを予定しているため、必ずや来年あたり知名度が上がり日本デビューすることと思います。サビの「シェイクシェイク!」が頭から離れないこと間違いなし!

ということで若手の話題のアーティストが名前を連ねた今回のNOW。ポップス好きの人は間違いなくお買い得のアルバムでしょう。


ビコーズ・オブ・ユー(期間限定特別価格)
ビコーズ・オブ・ユー(期間限定特別価格)

5つ星のうち 5.0 大ヒットの予感!, 2007/4/13
まず、#1の「ビコーズ・オブ・ユー」のイントロを聴いただけでグッと引きつけられました。(例えるならば、1stの「ソーシック」のような感じ)それから歌っている歌手も分からず聴きはじめたのですが、すぐに彼だと分かりました。それだけ特徴あるきれいな歌声を持っいるから素晴らしい!さらに彼は歌うだけはなく、プロデュースもたくさん手がけていて、すべてヒットに繋がっています。リアーナやPaula Deanda もその中の一人。

去年は、彼のアルバムから3曲がシングル化され大ヒット。なので、きっとこのアルバムもロングセラーになり、今年大ヒットする曲が数曲生まれるはず!推測して聴いてみるのも面白いかも。ということから、(まだ#1しか視聴できず他の曲のレビューが書けないのが残念ですが、)絶対に買って損はないと思います。


Katharine Mcphee
Katharine Mcphee
価格: ¥ 1,837

19 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 やっと見つけた!!, 2007/3/16
レビュー対象商品: Katharine Mcphee (CD)
約1ヶ月前に職場でかかっていた有線で、流れてきた瞬間に私の心を一瞬にして掴んだ曲が#2の「OVER IT」でした。最近パッとする曲が個人的に見つからなかったため、声を手がかりにしてやっと見つけて買いました。

この(アルバム)曲は、発売1週目は好調でしたが、それ以降は残念ながら伸び悩んでいるようで、今月末発売されるオムニバスアルバム「NOW」には収録されませんし、シングルもでていない。また、日本盤も発売予定は今のところ未定の為ラジオでも当然かかりません。・・・ということで、この曲を入手できるのはこのアルバム1枚だけ。

もし視聴をして気に入った方はぜひ買ってみていただきたいです。

参考までに、前回私の心をぐっと掴んだ曲は、JOJO / Too Little, Too Late だったので、ジャンルは違うにしてもこのような感じの曲が好きな方は気に入るかもしれません。

アルバムの他の曲は、彼女の歌唱力を存分に堪能できるバラード、ダンス系や少しR&Bが入った曲など飽きさせない1枚になっています。同じ番組出身のドートリーが最近アメリカのチャートを大いに賑わせていますが、彼女も、ヒット曲1曲さえここから生まれれば、必ずケリークラークソンのようなビックアーティストに成長するはず!根拠はないですが、近い将来そうなる予感が強ーくします。


Now 23
Now 23
価格: ¥ 2,212

10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 わぉっ!!, 2006/11/6
レビュー対象商品: Now 23 (CD)
今回のアルバムは、一言で言うならば、「日本であまり流れない曲」がたくさん入っています。例えば、15歳になったJOJOの新曲。アメリカではアルバムが3位に初登場したり、ラジオでバンバン流れているのに日本でこの曲が流れているのをまだ聞いたことがありません。そして、ジェシカシンプソンの元夫、ニックラシェイのセカンドシングル。話題になった1stと同じようなバラードで良い曲です。そして、(大抵女の子が表紙を飾ることの多い)米の某ティーン雑誌の表紙になり最近話題をさらった男性歌手TEDDY GEIGER。どれも日本ではなかなか聞かない曲ばかり。

しかし、クリスティナアギレラや最近来日していたファーギー(ブラックアイドピーズのボーカル)の曲などよく耳にする曲も入っています。

系統では、これらのポップス系もあり、ジャスティンの新曲やポスト「ディスティニーズチャイルド」と言われているCHERISHをはじめとするダンス系もあり、NE−YOのバラードもあり、そのNEーYOが作詞を手がけたリアーナのバラードも収録されています。

やはり、有線でも持っていない限りなかなか聞くことのできないアメリカの最新曲が聴けるのはとても嬉しい!!私の勝手な予想ですが、おそらく今年開催されるアメリカの音楽授賞式でノミネートされるだろうと思われる曲が詰まっているのでこれは超おすすめです。


ウェルカム・トゥ・ルーザーヴィル(限定特別価格盤)
ウェルカム・トゥ・ルーザーヴィル(限定特別価格盤)

13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 帰ってきた!!, 2006/2/23
1.罰ゲームで憧れの女の子をみんなの前でデートに誘うことに。予想を裏切ってOKをもらえたけれど・・。英での1stシングル。初登場3位。起承転結のはっきりした話と歌詞の対比がおもしろい。

2.若い頃に子供をたくさんつくっていたことを未だに気づかずにいる熟年ロックスターの話。英での2NDシングル。

3.ちょっとした彼女のしぐさにはまっていく物語。

4.パーティーの終わりと共に2人の関係も終わってしまったという悲しい失恋の歌。メロディーがとてもきれい。

5.ボーイバンドについての皮肉を歌った歌。ジェームスの本音がたくさん。

6.彼女が男の子といるところを車であとをつけるというストーカーのようなお話。サウンドも歌詞も恐ろしい感じ。

7.ゲームや空想の世界に浸っている男の子を歌った歌。映画「バックトゥ・ザ・フューチャー」のジョージ(主人公の父親)がモデル。早口が最も印象的な曲。

8.いけてない男友達を自分の力で変身させようとするものの、うまくいきすぎて立場が逆転してしまう話。

9.悪い友達と付き合いだして変わってしまった彼女に別れを告げるけれど・・・?スロウテンポな曲。

10.無理して自分をつくっていた女の子の話。「自分らしく生きよう」というメッセージを伝える一曲

バステッド解散の約9ヶ月後、メンバーの一人であるジェームスが新しいメンバーと共に帰ってきました。メンバーの5人はオ―ディションなどを経て結成。歌い方もサウンドも驚くほど上手くなっており、バステッドで得た色々な体験が今のバンドを作っているのだなと、年月の重さを感じました。じっくり聞くごとに1曲1曲味のある作品になっていると思います。しかし、笑えるような歌詞を期待していた私にとっては、#1以外は物足りなさを感じたのも事実です。日本盤の特典として、#1のライブバージョンを収録。気になった方はぜひ一度聞いてみて下さいね。


5カラーズ~愛しのカラフル・ガール
5カラーズ~愛しのカラフル・ガール

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ファーストシングル!, 2005/12/5
英出身バンド、マクフライのデビューシングル。この曲で英では2週連続1位を獲得しました。同じ国から出てきたポップバンド、バステッドの2NDアルバムにも参加しているトムを中心に、彼の友人だったダニー、メンバー募集のオーディションで加わったハリーとドギーの4人からなるマクフライ。どこかで聞いたことのあるようなこの名前は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の登場人物の名前から取ったそうです。

歌詞の内容は「みんなが名前を知りたがる、5色に染めた髪に口ピアスをしたちょっと派手な女の子」についての歌。そのモデルとなったのは英のドラマに出演している女優さんで、ある日普通の格好でテレビに出ているのを見たダニーが、「ドラマでしてる格好(派手な髪に口ピアス)の方がかわいいのにな・・・・」と思ったのがきっかけでトムとこの曲を書いたそうで、この歌の最後も、彼女は派手な髪やピアスを元に戻してしまうという結末になっています。

バステッドと色々な接点があり(このCDの中にも一緒に歌っている曲が収録されています)、英ではこのCDがでる以前から既にその名前は広まっていたそうです。その後、イギリスで色々な賞をもらい、現在ではひと味違ったセカンドアルバムも発売され、グンと成長した姿とサウンドを私たちに届けてくれていますが、この曲は彼らの原点でもあり、すべてがかなり初々しい感じです。ぜひ、試しに一度聞いてみてくださいね。


Ticket Outta Loserville
Ticket Outta Loserville

6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 帰ってきた!!, 2005/12/1
レビュー対象商品: Ticket Outta Loserville (CD)
皆さんもご存じの通り、バステッドのメンバーの一人、ジェイムスが新しく作った五人組バンド。有名なアーティストとツアーを回ったことのある人や、ヘビメタバンド経験者、働きながら学校へ通っていた人、などさまざまな環境を持つ、スティーブ・デイビッド・ダニー・クリスの4人が、オーディション(など)を経て結成しました。その第1弾シングルとなったのがこのCDで、イギリスでは初登場3位を獲得しました。

曲の内容は、「いけてない男の子が罰ゲームで人気者の女の子をデートに誘うところから物語は始まります。みんなの予想を裏切ってOKをもらえたんだけれど、結局は・・・」というお話です。タイトル通り、「ダサ男から抜け出すためのチケット」を手に入れた男の子の物語。
とにかく、歌詞がおもしろい!ジェームスがほとんどの作詞を担当していると思いますが、あっぱれです。特に、はじめのサビと最後のサビの対比がGOOD。OKをもらえたときの嬉しい気持ちと落胆の気持ちがおもしろいほど上手に描かれています。曲の感じをたとえるならば、シンプルプランといった感じです。

このCDには、新曲(これもアップテンポの曲)とビデオ(PVではなくライブ映像)が入っており、値段もお得なので、アルバムを買おうか迷っている方の視聴用としてもお勧めします。

ぜひ一度聞いてみてくださいね。


Now, Vol. 61
Now, Vol. 61

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 超豪華アーティストが集結!!, 2005/7/18
レビュー対象商品: Now, Vol. 61 (CD)
今回のNOWを一言で言うならば、「ツボをおさえたCD」
まず、20週近く米チャートに居続けるグウェン・ステファニーを初めとして、米で大ヒットした、50CENT、マリオ、ウィル・スミス。次に、英のアルバムチャートで4週連続1位を独占したコールドプレイを含む、ニューアルバムの売上が絶好調な、ブラック・アイド・ピース、エイメリー、ゴリラズ。ニューカマー組では、カレッジラジオで火がついたJEMや、約7年前、12歳のオペラ歌手として世界中で有名になったシャルロット・チャーチがポップス(?)に挑戦した曲は必見です。有名どころのU2やカイリー・ミノーグはもちろんのこと、英ティーンに人気のガールズ・アラウド(GIRLS ALOUD)や、(SCLUB7解散後ソロになった)レイチェル・スティーブンスはNOWの常連になっています。
ということで、今回は、アメリカとイギリスのヒット曲が上手く組み合わされている感じがします。
これから夏フェス(夏に開催される野外音楽イベントなどのこと)が熱くなってくる時期。全く興味がない方や、行けない!と嘆いている方も、このCDを一枚手に入れて、低価格で夏フェス気分を味わってみては?


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5