めんとすさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

めんとすさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 188,851
参考になった: 105

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


めんとす "めんとすまん"さんが書き込んだレビュー

表示する順番:  
ページ: 1
pixel
figma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER ブラックゴールドソー TV ANIMATION ver. (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
figma TV ANIMATION BLACK ROCK SHOOTER ブラックゴールドソー TV ANIMATION ver. (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)
出品者:ショップサユー
価格: ¥ 6,700

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 良い出来です, 2013/5/8
Amazonで購入(詳細)
全体的にかなりいい出来です。
武器を持たせても関節のヘタレはあまりなく
パッと見で事故が怖い角や巨大な手なども軟質で折れる心配はあまりありません。

不満点としては、個体差かもしれませんが肝心の右手がやたらすっぽ抜けます。
スパッツの上部分はベルトの様に体に嵌めている構造で、そのせいか足はあまり持ち上がりません。
ただしこの構造のお陰で上半身を逸らす、屈みこむなどのポーズを取らせることで
ローライズな感じで尻や腹下が露出しセクシーな感じに出来る点は評価できます…が、
こすれて色移りが激しい点に注意です。
ロングヘアー故の頭の稼働も効かない点も惜しいですね。


超合金 アイギス
超合金 アイギス
出品者:ks'family
価格: ¥ 3,760

34 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 綺麗なんだけど…, 2011/10/1
まず全体的な造形としてはかなり良いです。
女性らしいボディラインと、人を選ぶでしょうが金色のラインは金属パーツで綺麗です。
可動性も流石超合金魂と言えるでしょう。
腕を真横にふりあげても100度くらいは持ち上がります。
肩の金色のパーツはそれぞれ独立しており、腕を動かした際には可動するため不自然さがありません。

では問題点はと言うと、
・表情パーツがかなり独特
副島氏のイラストと見比べてもかなり濃い目です。
他社の商品ですが、Figmaアイギスと比べるとそれが顕著です。
一応強引にはめ込めばFigmaの表情が流用できなくも無いですが、
サイズの差の為、かなり小顔なことになります。

・肩関節に注意
先述の通り肩の金色の部分は金属で、芯として通常のプラスチックパーツを通していますが、
この肩に使われている物はかなり細めです。
胴に収納されてるロボチックな部位ごと回すのですが、これが楕円形で、
腕を回すと脇の穴に引っかかることがあります。
また、それでなくても関節の保持強度の為回しにくい可能性もあります。
ここで何かしら手を入れずに無理して回してはいけません。あっさり折れてしまいます。
万が一折れてしまうと、代換が効かない、気軽に解体して交換できないパーツなので泣くことになります。

・腕の構造の問題
腕を横に回して腕組み等をしようとすると、これがパーツの兼ね合いで上腕から引っこ抜けます。
一応ギリギリ回すことは出来ませんが、かなり危ういです。
なら肘のところを回せばいいんじゃないかと思うでしょうが、これまた上腕部分のボールジョイントに直結しており、
肘の部分を削らないとやっぱり引っこ抜けます。


ROBOT魂[SIDE MS] ジムスナイパーII
ROBOT魂[SIDE MS] ジムスナイパーII
出品者:ジーフラッグストア
価格: ¥ 2,080

17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 シンプルな安定性, 2010/9/11
= 耐久性:5つ星のうち 4.0  = 楽しさ:5つ星のうち 5.0  = 教育的価値:5つ星のうち 4.0 
良い点
・股をカバーする装甲部分は大きく上げれるので、しゃがみ狙撃ポーズも余裕で取れます。
・下半身が大きめの為、非常に安定して立たせられます。
・股部分は大きく回すという事は出来ませんが、それでも十分なほど動きます。
 内股からヤンキー座りまで。
・ブースターやスラスターはキッチリ赤で塗装。
・シールド側に接続部分が上中下の三点あり。
・ライフルは片手持ちでもプラプラしません。保持は余裕です。
・膝の装甲は独立しており、膝の曲げ具合に合わせて動かせます。これは人によっては変だと取るかな?
・ジムスナイパーです。

難点
・頭部の細長いアンテナは少し力が掛かるとポキっといきそうです。
・武装が少ないです。とは言え原作アニメでもそう見せ場がある訳ではありませんが…。
 一応このジムスナイパーは『ポケットの中の戦争』の商品という括りですので、
 ゲームや設定上の武装は何かしらの形で出してくれることを期待したいです。
・サーベルは腰に取り付けれますが、接続部分が細く、触るとポロ落ちしやすいです。


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディエンド
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディエンド
出品者:リバティー
価格: ¥ 7,700

2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 流石にディケイド並という訳にはいかないが, 2009/8/31
= 耐久性:5つ星のうち 4.0  = 楽しさ:5つ星のうち 5.0  = 教育的価値:5つ星のうち 4.0 
素体がディケイドと同じですが、
如何せん劇中のアクションを見て分かるとおり、
肩や胴の装甲のお陰で動きが制限されます。
腕を真横に上げたい場合は肩関節を若干下に押し込むことで
フィギュアーツ特有の構造により何とか可能ですが、
デザイン的に肩装甲は鎧から繋がる物であるため、不恰好になってしまいます。
元々派手なアクションをするライダーではないので、
劇中の再現をするには十分。むしろかなり動くと思われます。


SHCM-Pro 1/144 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)
SHCM-Pro 1/144 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)
出品者:AZ INC
価格: ¥ 3,490

7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 流石はSHCMPro, 2009/3/26
カラーリングは流石はHCM-pro。言う事はありません。
肘の関節は00ガンダムのMSの特徴である、腕に取り付ける仕様上
パーツの干渉の為95度程度。
膝に関してはHGと同程度です。
HGで問題だった股ですが、こちらはGNロング・ショートソードを
腰から飛び出す接続部をボールジョイントにすることで、納めた剣が腰に干渉しなくなり
難なく開けるようになっています。
(股開きポーズにすると、曲がって変な方向に取り付けられている様に見えてしまいますが、
 そもそもこれはこんな場所に取り付けるという設定そのものが問題だと思います。)
ロングソードとショートソードの刃はこちらのバージョンでもメタリックカラーです。
ここまでやってくれれば言う事はありません。
DXVer.とはリペア再現の有無とカラーリングの好みの問題でしょう。

難点は、商品によってフェイス部分が歪んでたりする事です。
購入される方は御注意ください。


TWIST ACTION FORM 仮面ライダー電王ソードフォーム
TWIST ACTION FORM 仮面ライダー電王ソードフォーム
価格: ¥ 1,320

6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 見た目は◎, 2009/3/21
= 耐久性:5つ星のうち 2.0  = 楽しさ:5つ星のうち 4.0  = 教育的価値:5つ星のうち 4.0 
他のアクションフィギュアシリーズと違い、
関節部分の玩具的な構造が表に見えない為、飾っておく分には
見た目非常に良いです。頭身は若干手足が長めかな?
軽くて全体のバランスが良いからか、素立ちでもそこそこ保ちます。
質感としてはかなり柔らかめ。アーマー部分なども軟質です。
デンガッシャーだけが硬質となっています。
(ブレード部分は外れませんので必殺技の再現はできません…少し残念です。)

難点としては針金を関節に使っているため余り派手に動かすのが不安になる事。
これに関してはパッケージにも注意事項が記されていますが…。
小手、ブーツは素体にはめているだけなのですぐ抜けることです。
マスクも同じなのですが、ある程度引くと引っかかる為に
ポーズの融通が効き、これだけは良好だと思います。


空の境界 上  (講談社ノベルス)
空の境界 上 (講談社ノベルス)
奈須 きのこ著
エディション: 新書
価格: ¥ 1,188

70 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 酷い, 2006/11/20
妙に推された感のするこの本ですが、まず読み辛いという事が第一に来ます。

次に単語の使い方が独特すぎて、意味不明になっている箇所が幾つか見られます。

これで話の内容が良ければまだ良いのですが、残念ですが理解出来る物ではありませんでした。

文章から「格好良く見せたい」という意志が嫌みなくらい感じ取れ、段々と読む気が萎えてきました。

この本が『新』伝記だと言うのなら何か間違っている気がします…。


ページ: 1