Androidアプリストア AmazonBabyPrecious Amazonポイント Amazon Cloud Drive adobesubs Amazon MasterCard nav_flyout_biss ミュージック 輸入盤 厳選タイトル2点で10%OFF 2016年春夏新作shoes&bag Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 出前特集半額キャンペーン 花粉対策特集 home コーヒーストア Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア
麗しのタカリナさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

麗しのタカリナさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 89
参考になった: 4916

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


麗しのタカリナさんが書き込んだレビュー (東京都中央区)
(VINEメンバー)    (トップ100レビュアー)   

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20
pixel
横須賀ロビン (白泉社文庫)
横須賀ロビン (白泉社文庫)
魔夜 峰央著
エディション: 文庫
価格: ¥ 607

5つ星のうち 5.0 横須賀在住の雪月家の物語!。, 2016/1/2
2004年出版、全307ページ、題名に出てくるロビンとは横須賀在住の雪月家の飼い猫の名前、ひとをおちょくる実に良い性格の美少年が出てくる所などは魔夜先生作品の味といえますね(笑)、しかし美少年イコール草刈正雄といった所に凄く時代を感じました(1970年代の作品ですね)ネタバレになるので大まかな事すら書けませんが、この驚きのストーリー展開は興味深いですね!、とても楽しく読む事が出来ました。


中森明菜 Live tour 2003~I hope so~ [DVD]
中森明菜 Live tour 2003~I hope so~ [DVD]
DVD ~ 中森明菜

5つ星のうち 4.0 2003年のライブ収録版デス!。, 2016/1/1
あなたは1980年代の歌姫をご存知ですか?、私は彼女の歌声を聞いただけでゾクゾクとしたものです!、こちらは2003年に行われたライブ会場で歌った様子が収録をされています、アルバム「不思議」からも実に幻想的な曲「乱火」「マリオネット」などを熱唱!、とても懐かしく感動的でした、他にも「ソリテュード」や「ライア」に「予感」などなど全19曲、選曲も良く大満足なライブに仕上がっていました。


妖怪缶詰 (第2巻) (白泉社文庫)
妖怪缶詰 (第2巻) (白泉社文庫)
魔夜 峰央著
エディション: 文庫

5つ星のうち 4.0 昭和52年から61年の作品集!。, 2015/12/29
昭和52年から61年の作品、妖怪話ばかりを一冊の本にまとめた第2弾!、全245ページ、渋い大人の吸血貴族現る!、他にもタロットカード使いに魔界を舞台とした不思議なお話、「悪魔の花屋」に「恐怖の宇宙人」、「霧の恐怖」、「美少年の魔性」、「悪魔と天使」、ブラックコメディのピリッと効いた「茸ホテル」など実にオリジナリティ溢れる不思議なお話ばかりで夢中になって読む事が出来ました。


ラシャーヌ! 3 (白泉社文庫)
ラシャーヌ! 3 (白泉社文庫)
出品者:株式会社 白泉社
価格: ¥ 570

5つ星のうち 5.0 叔父と甥の禁断の恋にドキドキ!(笑)。, 2015/12/28
1998年出版、全300ページ、1977年に雑誌「花と夢」にて40ページの読み切りでスタートをしたのがこの「ラシャーヌ!」だそうです、とても古い作品だったのですね、ビックリです!、2巻からスタートをした叔父と甥の禁断すぎる恋にドキドキです、身内の叔父と甥で実際に想像をしてみてイケる?と思ったりして!(笑)、その禁断すぎる恋故にくっついたり離れたりの繰り返し!、オリジナルティがあってとても複雑、それでいてギャグマンガとこれ、本当に面白いですね。


マイ・ラッキー・スターズ―わがハリウッド人生の共演者たち
マイ・ラッキー・スターズ―わがハリウッド人生の共演者たち
シャーリー マクレーン著
エディション: 単行本

5つ星のうち 4.0 ハリウットスターとしての特殊な人生記!。, 2015/12/27
1997年出版、全432ページ、女優のシャーリー マクレーン本人著の伝記本、実弟は女好きでも有名な1960年代の男性版セックスシンボルといわれた細身2枚目俳優のウォーレン ビーティ、ハリウットという特殊な世界に身を置き、初映画出演をしたのが20歳の時、それから40年以上、ひとに傷つけられ利用された事もとても多かったそうです、それ故、現実を憎み夢の世界で生きたいと望んだ、同じ人間としてとてもよく分かりますね、母親は元女優で演技のコーチ、父は音楽の教師、子供時代の心の飢えが人々の注目を集めたいという欲求となる、よく聞く話ですよね、同じ赤毛という事もあって1940年代の赤毛のセックスシンボルといわれた女優のリタ ヘイワースに惹かれダンスを習った事、初出演作がヒッチコック監督作品の「ハリーの災難」だったのですね、この作品はヒッチコック監督には珍しいブラックユーモア劇で正直、そんなに出来の良い作品ではありませんでしたね、冒頭部でシャーリーはハリウットが如何に特殊な世界か、プロ根性が如何に大切かを語っています、両親や親友の死においても仕事を最優先をした事、そして両親がそんな娘を誇りに思っていた事、すぐに泣く感受性が鋭く激しい気質を持つ性格なので普通に生きるのも大変と思う時があるそうです(解るなぁ!)ハリウットという特殊な世界で生きていると心霊を信じたり、変に現実離れをしてしまっているひとが多いのだなと彼女を含めて感じました、コーラスガールから女優へ、ハリウットで映画の撮影が始まる前に19歳の時に彼女は12歳年上のスティーヴ・パーカーと結婚をした、理由は自分の保護者がどうしても必要だったという単純な、だが切羽詰まった重要な事でもあった、1940年代に人気のあった「おとぼけコンビ俳優でコメディアンで歌手」のディーン マーチンとジェリー ルイスの不仲についても少し触れています、次作「画家とモデル」でちょうどスランプ期にあったジェリー ルイスと共演(歌手のフランク シナトラのマフィア好きは有名ですが、歌手のディーン マーチンがマフィア嫌いであったとは穏やかな彼のイメージに合っていますね)、夫のスティーヴは日本で芸能スカウトの仕事に携わっていたそうです、それも1950年代の事だというのですからビックリですね!、彼女は22歳で娘のサチを出産、母親となっていた、夫は日本、妻はハリウットと別居状態となったが離婚は考えなかったという、マフィアの大ボスとして恐れられていたサム・ジアンカーナとの接点に驚きました!、マフィアと芸能人との関係、映画監督には俳優を支配したがるタイプと自由に泳がせるタイプがいる事、当時、既婚者で7人の子の父親でもあった元コメディアン俳優で歌手のディーン マーチンに片思いをしていたそうです、歌手のフランク シナトラといえば、まだ年若かった頃の演技派女優のミア ファローとの突然の結婚解消劇が有名ですが、実は他の女性ともこうした突然の婚約破棄などを繰り返していたそうです、フランク シナトラと妖艶な美人女優のエヴァ ガードナーとの関係についても個人的な意見を述べています、興味深いですね、マフィアはエンターテイメントにとっては必要悪だと言い切るとは凄いですね、そして晩年のフランク シナトラ、そしてディーン マーチンの事も書かれていました、興味深いですね、まさかシャーリーの娘のサチが日本の学校へ通っていたとは、彼女はさほど親日家といったイメージでもないのでビックリです!、映画が一旦、始まったら髪型も体重も同じでなければならない、次のシーンでヒロインの顔がむくんでいたりすれば、たちまち観客は離れてしまう、「尼僧になりすました売春婦」の役で付けまつげをして、それが失敗だと気づいても、もう遅いのだ、本当の意味でのパワーとは内から出るものであって、名声や金などではない、私はその事を仏教から学んだと語っています、素晴らしい事ですね!、スピルバーグ監督作品「ポルターガイスト」の母親役のオファーが彼女にあったとは驚きました!、そして1982年、50歳間近で出会った作品こそ彼女の代表作となった「愛と追憶の日々」だった、娘の役を演じた女優のデブラ・ウィンガーは演技派でかなり気難しいインテリ女優だったみたいですね、シャーリーの母親は結婚そして子育ての為に女優の道を断念をした事をとても残念に思っており、自分の子供たちのどちらかを成功をさせたいと強く望んでいた様ですね、でもふたり揃って大スターとなるとは夢にも思ってはいなかった事でしょう、ダンサーと振付師とは一心同体、信頼関係がとても大切だという事、それは俳優と監督という、その場限りの薄っぺらな関係とは大きく異なる、興味深いお話ですね、女優となったきっかけはブロードウェイでコーラスガールとしてショーに出ていたシャーリーをスリラーの鬼才といわれたヒッチコック監督が観て気に入った事にあったそうです、凄い幸運ですよね!、彼女は自分は女優ではなく「ダンサー脳」なので、体育会系な努力家なのだと言っています、何か解りますよね、彼女が実に気難しいといわれているタフガイ俳優のマーロン ブランドと親交があったとはビックリですね!、彼の「死刑制度の反対集会に出て欲しい」と言われた事をきっかけに政治問題に深い感心を示す様になったが、その危険性についても語っています、絶世の美女といわれた女優のエリザベス テイラーとも長年の友人で彼女のクールな性格や大の動物好きな所なども語っています、シャーリーは1997年時点で40本以上の作品に出演をしており、テイラーの3番目の夫であったマイク トッドがプロデュースをした「80日間世界一周」にも多くのスターと共に出演、パラマウント社の看板スターだったベビーフェイスな俳優のグレン フォード、愛らしく子供の様な所があったという女優のオードリー ヘップバーン、コンビで何作かで共演をしたコメディのセンスがピカイチだったという俳優のジャック レモン、コメディの鬼才といわれたビリー ワイルダー監督はジャックには多くを求め、自分には何も求めなかったとか、役者としては辛い所ですよね、芸歴の長い彼女は1990年代のスター、俳優のニコラス ケイジや女優のジュリア ロバーツとも共演をしています、多くのスターと共演をした「何という生き方!」で共演をした俳優のポール ニューマンは寡黙で体型維持に必死だったとか(笑)、独身女性たちをトリコとした俳優のマイケル ケイン、映画での共演が縁で恋に落ちる事はあるが、大体が上手くゆかない、なぜなら出会いが現実でないからだ、「すれちがいの街角」で共演をした性格派俳優のロバート ミッチェムがちょうどそんな相手であったという、親子程に年の離れたマッチョでスターでありながらも何ら野心を持たない無欲な姿勢にも惹かれたと告白をしています、元々は孤児で貧乏と苦労を経て映画スターとなった今でも尚、まるで浮浪者の様な匂いを感じさせる不思議なひとだが、過去の心の傷が未だに癒えずに心を病んだままでいると感じたそうです、互いに結婚をしており、別れる気はなかった、ロバートとは上手くゆかない事は互いに解ってはいたが、愛さずにはいられなかった、それが「大人の恋」だと当時の心境を正直に語っています、1960年、共演作「恋をしましょう」で歌手のイヴ モンタンはアメリカのセックスシンボルといわれた女優のマリリン モンローと不倫、その末に彼女を捨て妻で女優のシモーヌ シニョレ(代表作「年上の女」)の元へ戻った、シャーリーが映画「青い目の蝶々さん」でモンタンと共演をしたのはちょうどその不倫劇の直後だった、この作品は日本各地でロケを行い、プロデューサーは夫のスティーヴだったそうです(彼は娘と東京の渋谷に住んでいた)モンタンはモンローの事を「とても劣等感に悩んでいた、彼女を助けたかった」と語り、「もし、妻が自分の許を去っていたらモンローと再婚をしていた」とも語ったというのですからビックリですね(どこまで真意であったかは不明ですが)せっかく日本で久しぶりに会えたのに夫のスティーヴは忙しそうで滅多に姿を見せなかったそうです(不思議な夫婦ですね)シャーリーはモンタンの事を年上のシニョレを妻とし、彼女が母親の様に彼に接して来る事に反抗する為に浮気を繰り返しているのであろうと考えていたそうです(笑)、長いハードなロケで他にはアメリカ人がいない中での気分をリフレッシュさせる為の不倫であったと書いているのにはビックリしました、芸能人は一般人とは異なるモラルの上に生きているのでしょう、映画は白黒からカラーとなり、機械的には技術は向上をしたがメイクや照明技術は損なわれ、脚本はいつでも気軽に手直しがされ、格式は失われ俳優は傲慢となり現在では映画そのものが劣化をしていると語っています、確かにそうですよね!、1970年代になると夢の世界であったハリウットは総ては過去のものとなり、民衆は映画スターを特別視しなくなった、人件費の高騰、テレビの進出のダメージはあまりに大きかった、そんな中でより利益主義となり芸術性などはまるで後回しとなる様になってしまった、時代ですね、若い頃は思い込みと無知だけだが、年齢を重ねる事で教訓を得て内面が磨かれてゆく、だが1972年に2本の映画、そしてテレビ番組ショーで失敗が続くと急に仕事が回って来なくなったという(38歳)、そこで彼女はダンス教室に通い厳しいダイエットで体重を20ポンド減らし、古巣であるステージの仕事に戻った、ショーは大成功を収めやがて映画の仕事も増えていったそうです、キャリアだけでなく、その時の実力が総ての厳しい世界なのですね、そして長年、別々に暮らしながら別れなかった夫のスティーヴに実は金づるにされ、大金を使い込まれていた事実が明るみに!、裁判にまでなったが離婚劇は実に醜く大変だったそうです、大金が絡めば、骨肉の争いとなるのはどこの国でもいつの時代でも同じ事なのでしょうね、正直、年代がバラバラで40代の頃の仕事の話の次に20代の頃の、そして次は30代の頃のと年代が飛び飛びで読みにくい所もありましたが、それでも有名女優の自伝本として興味深く読む事が出来ました。


歴史読本特別増刊事典シリーズ 日本「神話・伝説」総覧
歴史読本特別増刊事典シリーズ 日本「神話・伝説」総覧
吉成勇著
エディション: 雑誌

5つ星のうち 5.0 日本人ならば、ぜひ欲しい、この一冊!。, 2015/12/26
1992年出版、全480ページ、「日本神話」は魅力的な要素も含みながらも骨肉の争いばかりで野蛮で血生臭く、物語としては稚拙で読み物の基準に達していない、うーむ、確かにそうですね、古いものだから仕方がないといえばそうなのですが、「古事記」を読んで、そう感じました、だが古い物語には実際に起きた事件、その場所、人物などが多く含まれているという、日本を始めギリシャ、ゲルマン、エジプト、中国、インドなど様々な国に存在をする「神話」作物起源とされる女神の死、追い詰められ自殺をした女が霊となり祟るという話、財宝伝説、日本ならではの祟りがあるとされるもの(平治物語)江戸時代にもあった地震に対する様々な都市伝説、秋田県のナマハゲ、土地神の存在、浦島太郎伝説(玉手箱の煙が山にかかった、3代目がいるなど)日本民族の起源、神話と現実、陰陽道、「古事記」子作りの儀式にも表れた男尊女卑の精神、平安時代の貴族の愛欲の物語「和和泉式部日記」、そして「大鏡」、戦前の皇国史観、「天皇制と日本書紀」、不死に近い鉄の体を持ち鉄を好む鉄人伝説(弁慶がその鉄人説)橋姫伝説、古代ベトナムの雄王は中国人!?、仏教発生の地ビルマ説、ゲルマン神話と三点の神宝、物の怪の「遠野物語」、当麻寺に伝わる「中将姫伝説」と「死者の書」、「魏志倭人伝」と邪馬台国、「風土記」の神話伝説、奈良絵本「うばかは」(老女の皮)、「瓜子姫」、古事記に見られる日本の歴史的事実、奈良時代、大和政権と風土記、白黒ですが古事記の絵なども多数、掲載、世界の英雄伝説、歴史的有名人とその伝説(藤原道真、平将門など)、摂津源氏の祖である源頼光(今昔物語集)、陰陽師の安倍晴明、「平家物語」「吾妻鏡」母の胎内に18か月いて産まれたとされる弁慶伝説、「太平記」、父は織田信長の父の信秀の足軽(弥助)母は中納言の娘、後の豊臣秀吉、実話ではなかった「水戸黄門伝説」、しかし助さん格さんのモデルは実在をした、天草四郎(本名は益田四郎)天草は出身地、一揆(キリシタン農民一揆)勢力の大将的存在vs江戸幕府、日本の初代天皇、神武天皇(神である山幸彦の孫)、古事記ではその後、血生臭い天皇兄弟の骨肉の権力争いも描かれている、聖人・聖徳太子伝説、鬼使いで後に仙人となった役小角(えんのおづぬ)伝説、赤ん坊の時に大鷲に浚われその後、偉人となった良弁伝説、「小栗判官伝説」主人公は大納言の息子の小栗、美女に化けたり大蛇と契ったり、人食い馬が出たり、地獄に落とされたりもするファンタジー作品、「平家物語」「吾妻鏡」、法華経以外の信仰を拒否した日蓮聖人、「浦島太郎伝説」、伊邪那岐、伊邪那美の最初の子の蛭子が漂着をして恵比寿神として祀られた、後の室町時代中期頃より七福神のひとつとされる(水死体を恵比寿神として祀る風習すらあった!)様々な鬼伝説、(死霊、天狗、異界の神など)物の怪?水神?河童伝説(金物を嫌う)、富士山を作った巨人伝説、久米仙人伝説(色欲に負け飛行能力を失った仙人)、座敷童伝説、(老女の姿をした貧乏神)、「遠野物語」、異界から戻って来た女、「皿屋敷伝説」舞台は姫路城、中国から不老不死の仙薬を求め日本への旅(紀元前2世紀頃)、僧侶型天狗(日本)、中国民話から広まった天女伝説、貧乏人には優しくしよう、年神様伝説、異人にもらった人魚の肉を食べて八百比丘尼となった娘(若狭湾に人魚の像がある)、ルーツは中国!?、桃太郎伝説、青森に伝わる犬と人間の間の子孫たち伝説、水辺に棲む大蛇を水の神とする蛇信仰、平家の落ち武者達が村を作り隠れ住んだ場所が青森県にあったとされる「平家谷伝説」、朝日長者が財宝を自宅に埋めたとされる財宝伝説(秋田県稲川町)餅が白鳥に化け害をなす「風土記」、旅人6人を家に泊め殺害をし、金品を奪った事から祟られた「六部殺し伝説」急に家が栄えたりすると近所でこういう噂が流れたとか、60歳を過ぎた老人は捨てなければならない姥捨て山伝説(長野県更級、佐賀県伊吹山)、中国から伝わった酒の沸く泉伝説、殺した馬と結ばれ天に昇った娘が両親に送った蚕の糸で作った人形(おしら様)、松の精霊が惚れた美しい娘、阿古屋(山形市松寺)、「桑原桑原」と唱えると雷が落ちない(桑原の寺の井戸に落ちた雷を蓋をして閉じ込めた過去があるから)、松は木の形状から神の光臨する樹といわれている、地震を鎮めるという要石(茨城県鹿児郡にある)成長する石、子を産む石など石には神霊が宿るとされる、他、石にはひとの霊も宿るとされる、合戦で亡くなった武人13人を葬った塚「十三塚」(愛知県豊橋市に実在する)、山奥のどこかに理想郷があるとされる隠里伝説、富士山と竹取物語(富士の噴煙は不老不死の薬を燃やした煙)、宗神天皇の夢に大物主大神が現れ自分を祭れば国が平安になると言う、そこで三輪山に大物主大神を祭った(大神神社)、他、日本の歴史上の有名人辞典(明智光秀、安倍晴明など)、儀式伝説、日本中にある寺、神社などもカラーではないものの資料写真も豊富でフンダンに載っており、超ボリュームでかなりお得な一冊に仕上がっていました。
コメント コメント (1) | 固定リンク | 最新のコメント: Jan 27, 2016 3:43 PM JST


ラシャーヌ! 1 (白泉社文庫)
ラシャーヌ! 1 (白泉社文庫)
出品者:株式会社 白泉社
価格: ¥ 570

5つ星のうち 5.0 1977年作品、美少年ラシャーヌ現る!。, 2015/12/26
Amazonで購入(詳細)
1996年出版、全298ページ、初期の頃の「パタリロ」でも度々、登場をしていた、パタリロを絶世の美少年にした様なキャラことラシャーヌが大暴れ!?、人格が破壊をされているので(?)絶世の美少年なのに、まるでモテない、愛に飢えた美少年の超・迷走ぶりが笑えます!、1巻の頃は何と時代は1977年!、そんなに古い作品なのですね、ビックリです!!、この頃の魔夜先生の絵柄、やっぱり素敵デス!、ラシャーヌの宿敵ともなった美少年をはべらす中年のローゼン夫人が登場!、禁断、ミステリアス、怪事件と実に読み応えのある第1巻に仕上がっていました。


世界悪女物語 (文春文庫)
世界悪女物語 (文春文庫)
出品者:株式会社 文藝春秋
価格: ¥ 399

5つ星のうち 4.0 13人の時代に翻弄された悪女たち!。, 2015/12/25
2003年出版、全250ページ
1、「ルクレツィア ボルジア」
強欲な父と兄の道具とされ、性愛に辛い現実逃避を求めた女性、その波乱に満ちた人生を思うと悪女とするには少し可哀想な気がしますね。
2、「エリザベート バートリー」
16世紀末、高貴なハンガリアの貴族の娘、チェイテ城を舞台としたかつての己の美貌を取り戻そうとする狂った血の信仰に取り憑かれた彼女はあまりに有名、現在も永久幽閉をされた自城のチェイテ城跡地が残されています(土台のみ)。
3、「ブランヴィリエ侯爵夫人」
舞台は太陽王ルイ14世王朝時代の17世紀のパリ、ここで「連続毒殺事件」が起こる、犯人がこの侯爵夫人、父親は司法官、21歳の時に結婚、侯爵夫人となりそこで知り合った毒物学者の弟子のゴーダンという男から毒の知識を得て通称「遺産相続の粉」といわれる毒薬で実の父と邪魔な兄弟達を次々と毒殺した毒婦、毒殺魔の心理は興味深いですね、彼女を不死の悪魔とする小説が後に大ヒットをしたそうです。
4、「エリザベス女王」
ロンドン塔での幽閉生活から一変、25歳にしてイングランド国王位に就いた女帝、父王は悪名高いヘンリー八世、母(アン ブーリン)を早くに殺され、父に全く愛されず蛇の巣の中、地獄の様な生活をしていた彼女を悪女とするのはどうでしょうか、事実、彼女は国を滅ぼしたり、民を重税で苦しめたり、家来を殺して楽しんだりなどは全くしていません、むしろ国を発展をさせた女絶対君主として紹介をするべき人物ではないでしょうか。
5、「メアリー スチュワート」
16世紀、スコットランドの女王でありながら45歳の時に死刑を宣告された悲劇の女王、早くに父王を亡くし6歳でフランス皇太子と婚約、そして17歳でフランス王妃となるが早くも18歳で未亡人となる、故郷へ戻るはめに、後に政略結婚を拒み、己の愛を最優先させる人生を歩む決意をする、しかしそれが不倫愛へ、そしてその男の愛をつなぎ止める為の愚行へと彼女を走らせる事となるのです。
6、「カトリーヌ・ド・メディチ」
醜い容姿な為に夫のアンリ2世に全く愛されず、元々、陰険な性格であったが黒魔術、悪魔崇拝者となったという、あの地球滅亡の大予言をしたノストラダムスとも親交があったというのですから驚きですよね!、夫王アンリ2世の死後、3人の病弱で暗愚な息子達は次々に王位に就くが皆、短命であった。
7、「マリー アントワネット」
幼く愛らしい事は身分によっては大きな罪のひとつとなる、その典型的な例がフランス王妃のマリー アントワネットであろう、だがもし、ルイ16世がもう少し頼れる国王であったのならば、彼女が悪女といわれる様な事はなかったのかも知れませんね。
8、「アグリッピナ」
ローマ帝国暴君王ネロの実母アグリッピナ、実兄はカリグラ帝、兄の帝位を狙う程に野心家であったという、兄の死後、新帝となった叔父の皇妃となる(3度目の結婚、33歳)がその後、夫である皇帝を毒殺、鬼の様な悪女だが最後は実子ネロに殺させる事となる、気弱な息子ネロに権力欲に捕われた母親という構図は新説で興味深いですね。
9、「クレオパトラ7世」
絶世の美女といわれた女優のエリザベス・テイラー主演の「クレオパトラ」が史劇としてもあまりに有名ですが、実際にはどの様な女性であったのだろうか、彼女が野心的にローマの英雄のシーザーやアントニーに近寄り自国を復興させようとしたのは確かだが、それは女王としての責務を全うしただけであり、優れた女王の証といえるでしょう、シーザーやアントニーと初めてエジプトで会った彼女はまだとても幼く、後に17歳で8歳下の弟と結婚をした事など、とても興味深い歴史ですね。
10、「フレデゴンドとブリュヌオー」
6世紀後半のヨーロッパでは王朝で王の子供達による実に醜い骨肉の財産争い、殺し合いが頻発をしていた、そんな時代に実在をした身分の低い野心的な悪美女と身分高い美しいふたりの兄弟妃の物語。
11、「則天武后」
「支那の三女傑」といわれる女丈夫のひとり(他は漢の高祖の妃の呂后、清の文宗の妃の西太后)いわば女独裁者であり夫の死後、妾であった女の手足をもぎ、カメに入れた程に残忍な悪女でもある、中国の悪女は残忍さといいスケールが違いますね!。
12、「マグダ・ゲッベルス」
狂独裁者ヒトラーの片腕であったゲッベルス博士の妻、1901年ベルリン生まれ、演説をする彼の姿に惚れ、早くからナチ党に入党、1年後に彼と結婚、幹部である氏との結婚には当然、ヒトラーも参列をしている、芸術家肌同士の夫婦で贅沢な暮らし、夫の浮気、離婚の危機と色々とあったものの最後は第2次世界大戦に敗れ、ヒトラーと夫と子供達と共に自殺をする事となる、だが彼女自身が悪女であった訳ではないであろう。


わが青春に悔なし[東宝DVD名作セレクション]
わが青春に悔なし[東宝DVD名作セレクション]
DVD ~ 原節子
価格: ¥ 2,544

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 戦後直ぐにこうした作品が作られた事に驚きました!。, 2015/12/24
1946年公開作品、日本が戦後すぐの時代にこうした作品を製作、公開をしていたとは驚きです!、民主化の波の浸透が如何に早かったかが解る作品という意味でも興味深いです、主演は日本の聖女とまでいわれた女優の原節子、戦前は戦意高揚映画に多く出演をしていた彼女がこうした作品に主演をしている事、大日本帝国、そして敗戦、民主化という日本の歴史を考えさせるものがありますね、軍国主義を完全に間違い、正しくない事と否定をし、かつての日本を完全に否定をしている作品です、主演の原節子がそれまでよりも少しふっくらとしています、彼女の作品に多く出演をしている名女優の杉村春子の演技も素晴らしい!、内容も実に濃厚で観応えのある作品に仕上がっていました。


聖剣伝説2
聖剣伝説2
出品者:玉造商店
価格: ¥ 6,980

5つ星のうち 4.0 時代を感じる本格アクションRPGゲーム!。, 2015/12/24
レビュー対象商品: 聖剣伝説2 (Video Game)
1993年発売スーパーファミコン版本格アクションRPGゲーム、発売は「ファイナルファンタジー」シリーズでお馴染みのスクエア社、「人間は地球を汚し欲に捕らわれ戦争を繰り返す、その行いが神々の怒りに触れ、神々は神獣で人間を滅ぼす事を決めた!」実に濃厚なストーリーに個性豊かな登場人物達、ボタン操作でのバトルは慣れるまでは大変ですがコツを掴むと大ダメージを与えられますよ!、やり応えのある物語展開でサクサクと楽しくプレイをする事が出来ました。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11-20