Naokiさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

Naokiさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 93,513
参考になった: 1034

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


Naokiさんが書き込んだレビュー (東京都)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
pixel
「人見知り」は案外うまくいく
「人見知り」は案外うまくいく
吉岡 英幸著
エディション: 単行本(ソフトカバー)

71 人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 俺は「超超人見知り」だ, 2006/9/28
「人見知りのままでもいい」

「人見知りは立派な個性、長所の一つだ」そんな著者独自の

考え方は、読んでいてすごく気が楽になりました。

ですが僕には当てはまらないアドバイスが多いと感じました。

なぜなら僕はこの本で紹介されている「超人見知り」以上に

臆病な人間だったからです。

言うなれば「超超人見知り」ってとこでしょうか。

例えば著者は

「人見知りの人間は共通の趣味を持った人間に対しては打ち解けて

話ができる」と言っていますが、僕の場合そんな人間を見つけても

「こんなことを話したら変に思われてしまうのでは?」と恐れて

その話題を出すのを避けてしまう人間でした。相手に自分から

アプローチすること。他人との間合いを詰めること。それ自体を

恐れてしまうのです。

また「人見知りの人間は少ない人間関係を大切にするから

友達の数は減らない。むしろ増えるだけ」とも言っています。

しかし僕の場合は「少ない人間関係」でさえ保てないほど臆病な

人間。僕に対して歩み寄り、仲良くなろうとしてくれた人に対して

ほとんど心を開くことができない。そのため彼らは「やっぱり

心を開いてくれなかった・・・」と失望して僕の元を去っていき

ました。

僕よりも程度の軽い人見知りに向けて書かれた本です。


雨上がりの急な坂道
雨上がりの急な坂道

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 思い出の曲, 2006/9/14
レビュー対象商品: 雨上がりの急な坂道 (CD)
僕がこの曲に出会った経緯は運命的です。

あるスーパーと、あるCDショップで2連続でこの曲がBGMとして

流れているのを聞きました。情景が浮かんでくるすばらしい歌詞だと

思ったので、かろうじて覚えていた「雨上がりの急な坂道」という

ワードで検索してみたところ、ちょうどこれがヒットしました。

歌っているのは、当時僕が見ていた「NARUTO」という

アニメの主題歌「悲しみをやさしさに」を歌っていたのと同じ人。

すぐに取り寄せて聴いてみました。

雨上がりの急な坂道

きらきら輝き放つから

迷わないで駆け上がりたい

Good bye Good luck

Forever summer days...

冒険すること。

前へ進むこと。

傷つきながらも、歩き続けることの大切さ。

何回も繰り返せば、強くなっていける。

たくましくなれる。

だから、前へ進もう。

輝いていた「あの時期」を思い出して。

そんな気持ちになりました。

すごくいい曲です。


中村天風と植芝盛平 氣の確立  幻冬舎文庫
中村天風と植芝盛平 氣の確立 幻冬舎文庫
藤平 光一著
エディション: 文庫

24 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 合気道の先人, 2006/9/11
合気道開祖植芝盛平氏の弟子、藤平光一さんの自伝のような

本です。修行時代、戦争時代、そしてタイトルにある

お二人との出会い。そして共に過ごした時間。

生きた体験が書かれていて、すごく面白かったです。

どちらも神格化されることの多い中、著者の冷静な視点から見る

人間味あふれた、長所も欠点もある2人の姿が描かれています。

僕が読んで感じたのは「やっぱりすごいな」ということ。

この2人と、著者の藤平さん。

すごく工夫されておられて、この人たちが日本を引っ張ってきたんだと

すごく納得できました。

このような「技を極めた人」という姿にはすごく憧れます。


人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
舛田 光洋著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,296

22 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 すごく面白い, 2006/8/14
「ブロークンウィンドウの法則」と

「あなたの部屋は、あなた自身である」という言葉。すごく心に

染み込みました。目の前の障害に目を背けて、夢物語を追いかけていた

未熟な自分に気付かせてくれました。

この本に出会ってからもう1ヶ月たちましたが、地道に掃除を続けて

います。こんなに継続できるとは思ってもいませんでした。


サッカー ファンタジスタの科学 (光文社新書)
サッカー ファンタジスタの科学 (光文社新書)
浅井 武著
エディション: 新書

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 選手向けの本ではない, 2006/8/9
これは、選手向けの本ではありません。どちらかというと
「科学的なウンチクが好きなサッカーファン」が、読み物として
楽しむような本です。

ストイコビッチ選手のインサイドキックなどについて科学的な考察が
してありますが、それを実戦にどう活かすのか、ということについては
まったく書いてません。というよりそんな類の本ではありません。

ただ文章時代は面白く、分かりやすいのでためになる内容だと思います。


エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)
エンリケ・バリオスの魔法の学校 (超知ライブラリー)
エンリケ・バリオス著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,728

34 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 小説ではない, 2006/7/23
タイトルからして「ハリーポッター」のような魔術学校を舞台にした
物語かと思ったのですが、そうではありませんでした。ガイドに
導かれて自分が魔法学校の建物の中を歩き回り、それぞれの部屋
の中で教師たちから教えを受ける。という形式の本です。


斎藤一人の「世の中はこう変わる!」
斎藤一人の「世の中はこう変わる!」
小俣 貫太著
エディション: 単行本

4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 食糧危機、エネルギー枯渇?, 2006/7/6
食糧危機、およびエネルギー枯渇なんて起きない。

そんな斉藤一人さんの主張がとても納得でき、なるほどと思いました。

人口爆発による食糧危機なんて、起きるわけがない。

なぜなら、今は「ヒト余り」の時代だから。

荒れた土地を農業で使うための技術が開発されるだろう。

エネルギー問題は、起きない。

石油の値段が上がれば、代替エネルギーへの転用が進むだけ。

そんなシンプルな主張で、すごく心が軽くなりました。

世の中の悲観主義者の唱える「環境破壊、地球の問題」が、実は

「困ったことは起こらないんだ」と思えたからです。

もちろんほかにも問題は山積みですが、すくなくともこの2つの

トピックについては問題ないと心から思えました。

斎藤一人さんの時代を読む目は、すごいです。


いい男はマーケティングで見つかる
いい男はマーケティングで見つかる
アボカド・アッシュ著
エディション: 単行本

6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 メッセージを一致させる, 2006/7/5
僕がこの本を読んで一番役に立ったのが「自分から発信されるメッセージを一致させる」というところです。

これまで僕は、「まじめな、勉強熱心な人間」として周囲から見られていました。でも本当の自分は「優しくて、繊細で、わが道を進む」タイプの人間。自分の内部と外部の評価のギャップが激しくて、いつも苦しんでいた記憶があります。「俺はこんな人間じゃないんだ!」「ありきたりのレッテルを貼らないでくれ!」そういつも思っていました。

ですがこの本を読んで、それは結局自分のせいだったんだと分かりました。自分の望むタイプの人間として周囲から見てもらえるように外見(髪型や服装など)を築き上げる必要があったんだと知りました。これからは「どうすれば他人からそう思ってもらえるだろうか」と考えて服などを選びたいと思います。


斎藤一人塾 寺子屋講演会1 心のみそ汁スープ(笑)
斎藤一人塾 寺子屋講演会1 心のみそ汁スープ(笑)
斎藤 一人著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,296

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 「普通の人」の講演会, 2006/6/21
タイトルの「心のみそ汁スープ」というのの元ネタは

「心のチキンスープ」というシリーズ本です。斎藤一人さんらしい

ギャグが効いています。

さて、内容のほうですが僕個人としては多少期待はずれでした。

斎藤一人さん自身のCDの内容についてはすばらしいです。

ですがその他4人の講師による講演は、何となく物足りなさを

感じました。

良くも悪くも「普通の人」。

それなりの苦労をされていらっしゃるようですが、そこからご本人の

導き出した結論は「普通」。

これといって新しい学びとなるような内容ではありませんでした。

「自分と同じような、どこにでもいる人の体験を聞きたい」

そう感じている人なら、買いです。

ですがその他一人さん関係(ご本人、およびお弟子さんたち)の

本と比べると、学びとなる部分は少ないと僕は感じましたね。


奇跡のスーパービジョン―超能力仙道最奥義 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
奇跡のスーパービジョン―超能力仙道最奥義 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
Sichir Takafuji著
エディション: ペーパーバック

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 上級テクニック, 2006/6/19
「秘法超能力仙道入門」の続編である本です。
「お話」はほとんどなく、具体的なトレーニング法とそれにまつわるエピソードなどがメインに書かれています。

中心となっている「スーパービジョン」の開発法は、今(2006年)で言う
「右脳開発」とほぼ同じです。
僕がこの本を一番評価できる点は「どうすれば上に行くことができるか」について
書かれていること。

例えば右脳開発の第一人者である七田眞さんを例に取りますと。
ただトレーニング方法が明記されているだけで「どうすれば人間としての
能力の高みに上ることができるのか」と言うことに関しての記述は少ないように
感じます。初心者向けの内容に終始している。

ですが高藤聡一郎さんのこの本は「どうすれば上にいけるのか」という視点
のもと、順番にステップアップするトレーニングが書かれています。

こういった「トレーニング本」というのは、どうしても
「ただ同じトレーニングを、飽きもせずずっと繰り返せ!」という
構成になってしまいがちです。
ですからそうではないという点で、非常に評価できます。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6