DVDかブルーレイか・・・。

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

並べ替え: 古い順 | 新しい順
このトピックの全投稿47件中1件から25件までを表示
最初の投稿: 2009/02/28 15:20:05:JST
悩める邦人さんのコメント:
今、某「コンプリートBOX」(数万¥)の購入を検討しています。
傾向として、リリースの順番はまずDVDが出て、その後にブルーレイが出ます。
今後の事を考えると、ソフトはすべてブルーレイを購入した方がいいのか迷っています。
個人的には画質的にはそんなに拘りありはないのでDVDでも十分なのですが、
せっかく買っても数年で見れなくなってしまうのかな・・・と気になります。

見た目の画質・音質・寿命含め、そんなに違うものなのかも分かりません。

ソフトのリリースの順番を見ると、なんかDVDは今がピークで、今DVD版を買わせて、将来BD版も買わせようとしているようにも感じ取れます。
だったら最初からBD版を買うべきかと悩んでいます。
ご意見聞かせて下さい。

投稿日: 2009/02/28 17:02:40:JST
てつさんのコメント:
>今DVD版を買わせて、将来BD版も買わせようとしているようにも感じ取れます
まさにそのとおり!ですがやはりそこは『商売』ですからいたしかたないところだと思います。
いずれはBDの廉価版による再リリースもあるでしょうし、さらには次世代のメディアが登場してBDも一世代前のものに…なんてことも。
今すぐにでも観賞したいか、特典の有無、予算は?などなど個人の優先順位次第。

リージョンフリーのプレーヤーお持ちでしたら北米盤も検討してみてはいかがかと。
北米盤でもアニメDVDのコンプリートセットでの再リリースがいくつかあり大半は
日本盤の半値以下で入手可能です。
収録されている映像特典やオーディオコメンタリー、オープニング、エンディングの英語/日本語表記など
の日本盤との差異はありますがオリジナルの日本語音声も収録してあるので本編を観る分には差し支えないかと。
日本でDVD化されてない作品の北米盤は昔のビデオマスターの流用があるかもしれません
たいていは画質や音質も日本盤に比べて著しく劣るものではありません。
ただジャケットデザインやブックレットなどは貧弱で日本盤に軍配上げざるをえない。

ディスクの寿命は保存環境に左右されるとはいえ、一般的に言われるように直射日光と高温多湿を避け所定のケースに入れて立てて保存すればそれほど気にすることも無いかと。
レーザーディスクとは違い少なくともCD並の耐久性はあるはずなので極端に神経質にならないでいいのでは?と思います。

投稿日: 2009/03/04 1:38:45:JST
Siriusthirdさんのコメント:
フルハイビジョン環境があって、予算が許して、それに見合う内容のソフトならBDをお勧めします。
逆にいうと、上記の3条件が満たされてないなら、DVDで良いかと。

例えば、アニメのマクロスF等は、アナログTVで見ちゃうと、DVDとさほど変わりませんが、フルハイビジョン環境で見ちゃうと、
こんな所まで書き込んであるのか!って驚く程で、もう元の環境へは戻れません。
逆に、貴方の言う、コンプリートBOXが昔の映画やアニメだったら、どれだけリマスターだ何だといっても、元々の画質以上には
出来ない訳です。

ちなみに、個人的感想ながら、DVDはこの先10年は規格として生き残ると思います。
既に再生環境が普及してますし、廉価版ソフトもDVDで出るでしょうから。
ちなみに、CDという規格が市場に出てからおよそ、20年以上経っています。
CDもまだまだ現役でしょ?スタンダードとなった規格はそう簡単に無くならないと思いますよ。

前の投稿への返答(返答日時: 2009/03/06 1:08:56:JST )
悩める邦人さんのコメント:
書き込みありがとうございました。
3つの条件は満たしてないですし・・・。
今は、BDが続々とリリース、同時リリースという売り方が主流になりつつありますが、よく見極めないといけないですね。DVDもこれだけ普及してますから、今後も発売されるでしょうし、例えソフトが発売されなくなっても、BDプレイヤーでも鑑賞できるわけですから・・・・。
BDがレーザディスクみたいに、短命で終わる可能性も・・・もう少し安くなってから・・・なんて考えて、ハードを買うのに踏み切れず、様子見が続いています。

投稿日: 2009/03/07 16:10:09:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2010/02/19 21:24:32:JST)
まあ、コンテンツの素材次第だとは思いますが… 元の素材がデジタル製作のアニメやビデオ素材で4:3ノーマルのSD(標準画質)ならDVDで十分でしょう。(単純なアップコンバートでは画質向上につながらない) しかし、元の素材がハイビジョン素材(ベースバンド)ならともかく、フィルム、ましてや35ミリなどの素材となると事情が変わってくる。今の技術レベルからすると、徹底的にクリーニングして(ゴミ除去)取り込んだ上で1コマずつ丁寧にレストアして4k×2kマスターをつくり、そこからBDを製作する、ことはたやすいこと。(勿論全てという訳にはいかないが) 結局はつまるところ、ユーザーに画質・音質のこだわりがあるか否かで自ずと答えが出るのでは…?
BDを購入しようか悩まれている方へ:安価なBDプレーヤーならかつての廉価LD/CDコンパチ位の価格(3万前後、モノによってはそれ以下)でありますよ。ここ(Amazon)やほかのサイトで調べてみては?BDもDVDも短命で終わるとは考えにくいと思われます。(ハイビジョンのネット配信時代がすぐに来るとは思えないし、日本の(広い意味での)レコード文化が簡単に廃れるとも思えない。)

前の投稿への返答(返答日時: 2009/03/07 19:49:00:JST )
てつさんのコメント:
先日、BDは少なくともCD並の耐久性はあるはずなので〜、とか書いてましたが
CDは多少手荒に扱っても読み込みに支障なかったり、キズ付いても研摩して修復出来たり
と意外とタフなんですがBDにはそんな耐久性はありませんでした。
CDと比較しても圧倒的に保護層が薄いのでBDのキズを研摩して修復とかほぼ不可能。
ハードコート処理してあるとはいえCDと同様に多少手荒く扱えるメディアとは言い難いです。

DVDで買うべきかそれともBD出るまで待つか?とコレクターは悩みどころです。
しかし、DVD化された作品が将来必ずしもBDで販売されるかどうか、
作品によっては微妙な不確定要素を孕んでいるものがあります。
かつてビデオテープやLDではリリースされたものの、諸般の事情でDVD化はおろか
封印されてしまった作品は数多くあります。
またLDでは収録されていた映像特典や音声特典がDVDやBDではオミットされたりもあります。
権利関係や世情によって観る機会が失われる可能が少しでもある作品は入手出来る時に入手しておくのが良いかと。
買って後悔するよりも買わずに後悔するのがより精神的ダメージは大きいですし。

投稿日: 2009/06/24 6:23:46:JST
nullさんのコメント:
作品によるんじゃないかと思いますよ。
商業主義に乗せられるのも癪ですが、自分がどれだけその作品に金を出せるかが重要ではないかと。
私は当初からDVDの画質が嫌いなのでどんないいい作品でもこれからDVDは買わないですが。

前の投稿への返答(返答日時: 2009/06/25 1:00:33:JST )
投稿者により編集済み(最終編集日時:2009/07/04 13:38:01:JST)
Yonechiさんのコメント:
私がもし「悩める邦人」さんの立場だったらブルーレイ版を購入します。正直今更旧式のメディアである
dvdなんかで見たくないです。ブルーレイの高画質・高音質を体験した者としてはいくら作品が
面白かろうが素晴らしかろうがdvd版はもう買いません。ブルーレイとdvdのクォリティーの差に
ついてですが、それなりの視聴環境がなければあまり差はないです。sdブラウン管テレビ
映像を見たり、テレビのスピーカーで音を聴いているのであれば、ブルーレイ版を買う意味
あまりないです。ちょっと差があるくらいです。

でもハイビジョンのテレビや5.1chサラウンドシステムなんかを揃えると、ブルーレイとdvdの差は
非常に顕著になって現れてきます。dvdの映像がどれだけ粗いか、dvdの音がどれだけ薄っぺらいかが
分かります。ブルーレイの映像はきめ細かくて小さい部分もハッキリ見えます。ブルーレイの音は
dvdよりも更に厚みが増していてリアルです。

視聴環境によってブルーレイ版を買うか、dvd版を買うか決めた方が良いです。

追伸>> 以外と知らない人が多いので(以前は私も知りませんでした)、付け足しです。
      フルhdのテレビとbdプレーヤーだけでは“フルhdで見れません”。5.1ch分のスピーカーや
      それに対応したアンプとbdプレーヤーだけでは“5.1chで聴けません”。
      重要なのが『ケーブル』です。

      フルhdで見るなら映像のケーブルは『コンポーネント端子』『d端子』『dvi端子』『hdmi端子』の
      いずれかに接続できるものが必要です。5.1chで聴くなら音声のケーブルは『光デジタル』
      『同軸デジタル』『hdmi端子』のいずれかに接続できるものか、5.1ch分のアナログ端子に
      接続できるものが必要です。

投稿日: 2009/06/25 20:58:20:JST
[投稿者により削除済み(削除日時:2009/10/26 5:52:25:JST)]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/07/05 2:07:23:JST )
ktkrさんのコメント:
環境さえそろってればBDを一度みるとかなりの違いに戻れませんがそろってなかったり昔の作品ですとBDにしたところでDVDと差が余りなく値段かんがえるとDVDでよろしいかと。

前の投稿への返答(返答日時: 2009/07/05 14:58:22:JST )
tokyohotさんのコメント:
僕は、DVDをコンプリートしたのでBDの発売はさすがにいらっときました
この会社の売り方は、生誕何周年記念BOXとかいって同じメディアでも2回は出します
それもあきらかに2回目のほうが安くて画質がよくなります。おそらくBD版も4年ぐらいたったらTV版、劇場版完全コンプリートBOXみたいのでると思います。
DVD版の長所をあえていうならカリオストロの城だけDVD版とBD版で発売元がちがうのでいろいろ意見が分かれるようです。話ではBD版は金曜ロードショーを編集してつくったらしく画質じたいはBDなんで綺麗らしいんですけど揺れやゴミがでるらしいです

じっくり考えてきめても物はなくならないので、決めかねているうちに新しいのがでるかもしれませんね

投稿日: 2009/07/09 1:46:08:JST
さやたろうさんのコメント:
DVDでも大丈夫だと思いますよー
ビデオからDVDになった時と違ってハードウェアの形状は同じサイズのディスクですから下位互換性が無くなることはないでしょう。
パソコンでも最大8.5GBの十分な容量と頒布性を持つメディアとして今後もソフトウェアの供給はDVDでされると思うので
DVDというメディアが無くなることはまぁしばらくは無いと思います。
ブルーレイの利点はリージョンが北米と一緒になったので北米版のアニメとかが出たら買う意味はあるかもしれませんねー?
それまでは特にHD制作で且つ作画を売りにしているアニメ以外は別にDVDでもいいと思いますよ。個人的には

前の投稿への返答(返答日時: 2009/07/09 21:26:31:JST )
MKATOさんのコメント:
それはそれで制作費の節約になってその分作画の質が上がるならありだと思います。HDで作っておきながらSD放送しかしないとこよりよっぽどまし。

前の投稿への返答(返答日時: 2009/07/10 12:46:13:JST )
かずとさんのコメント:
レーザーディスクは20年は現役だったので規格としては短命とは言えないと思いますよ。
ただ普及率はそれなりでしたがね(^^;

投稿日: 2009/07/13 19:44:51:JST
WAOさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

投稿日: 2009/07/14 15:13:16:JST
祠千秋禄さんのコメント:
DVDは少なくともあと5年は元気だと思いますがBlu-rayが主役になっていると思います。
私の場合はDVD,Blu-rayと両設定あれば確実にBlu-rayを選びます。画質はもちろんのこと大抵音質も良いわけですし、昨年末に韓国電機大手のサムスン電子の幹部が「ブルーレイは5年で消える」などと水を吹っかけるような発言がありましたが規格が統一されて1年半たった今、DVDレコーダーの出荷量をBDが追い抜きましたし(状況からして当然ではあるが…)、最近では再生機器のメーカーも安価で積極的に参入しています。ノートPCなんかでもBDが主流になりつつありますしね。特にsonyとパナソニックは若干方針は違えどBD普及に本気を出さなければいけないのでこの国にいる以上嫌でもBDの流れが続くでしょう。DVDもそうですが日本→アメリカ→ヨーロッパと普及していくはずですし北米ではDVDも普及はまだまだ不十分なんて雰囲気もあったりするのでどれだけ時間が掛かるかはわかりませんが…。フルHDのテレビ、PCモニター等以前に比べれば物凄く安いですよね。それらで視聴するとその違いが顕著に出ます。どうぞご検討あれ。
DVD設定のみでお悩みであれば購入してしまうのが一番ですよ。今はとても悩みますよねホント。

投稿日: 2009/08/30 5:32:16:JST
[投稿者により削除済み(削除日時:2009/08/30 23:14:44:JST)]

投稿日: 2009/09/05 15:08:24:JST
投稿者により編集済み(最終編集日時:2009/09/09 22:47:15:JST)
ひーさんのコメント:
私は作品が良ければ画質はそこまで気にしない人間でして(綺麗に越したことはないけど)
DVDで十分なんですが、実際最近のDVDでそこまで悪い画質ないですし…(テレビ次第
今でこそDVD&ブルーレイ同時発売ですがこれが「ブルーレイのみ」になったら
しょうがないかな。
いまいちな作品までがブルーレイで出るとなんかもったいない気がします。

電気屋さんでもDVDとブルーレイの画質の見比べがありましたが、そんなに気にならなかった
暗い部分の物が見えるかどうかくらいな?
良いテレビだとどちらでもよいと思います。

それよりも、ここぞとばかりに過去作品をブルーレイでリリースするのはどうなんでしょ。
アニメなんか絵は古臭いのに色だけ明るくなっただけとか…ブルーレイが活かされてるのかどうか微妙なものが。
まあ商売なんでしょうけど…

そのうちブルーレイもUMD位まで小さくなったり…てのはないか。そうなったらDVDが消えますね。
今まだビデオテープが生きてますし…(まだ売れてる)

投稿日: 2009/09/18 0:12:26:JST
RYさんのコメント:
市場の普及率ではDVD
業界の生産性でもDVD
という現実があるので、個人的にDVD一択ですね。
個人的な感想ですがBDの難点は以下の通り(PS3でBD体験)
1.取扱の難しさで、デリケートすぎる点
2.ディスプレイコスト。結局HIDM対応PCディスプレイ使用
3.BDの次世代ディスクが既にテスト段階。 HVDやら五次元ディスクやら・・・ 容量単位はテラだそうです。
LD同様消滅とまでは言いませんが、現在の世界景気を考えてもDVDの市場を覆すには少々難があるきがします。
もっとも、PCで読み込むことを前提なら既に実装されたモデルが出回ってるので、消えるて再生できないという事態にはならないと思いますよ。

投稿日: 2009/10/17 18:44:50:JST
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/10/20 18:57:22:JST )
えだちゃんさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/10/20 19:06:42:JST )
えだちゃんさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/10/20 19:11:21:JST )
えだちゃんさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/10/20 19:16:32:JST )
えだちゃんさんのコメント:
[多くのお客様がこの投稿は参考にならなかったと投票しています。 投稿を表示する. 参考にならない投稿をすべて表示する.]

前の投稿への返答(返答日時: 2009/10/31 20:51:36:JST )
[投稿者により削除済み(削除日時:2009/10/31 20:52:48:JST)]
‹ 前 1 2 次 ›
[コメントを追加する]
このクチコミにメッセージを追加する
商品リンクを挿入する際は次の形式を使用してください: [[ASIN:ASIN 商品名]] (詳しくはこちら)
サインインが必要です
 


アニメトピック一覧の最近のトピック (21件のクチコミ)

 

このトピック

トピックの場所: アニメトピック一覧
参加者数: 37
投稿総数: 47
最初の投稿:  2009/02/28
最新の投稿:  2011/11/12

New! 新しい投稿があったらEメールでお知らせ
更新情報を受信している人数: 5人

クチコミを検索