そして明日の世界より― 初回限定版 がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 国内正規品。全体的に良好。disc盤面2枚とも(ゲームdisc1枚+サントラCD1枚)、非常に良好です。説明書良好。外箱良好。アマゾンが梱包発送します。お急ぎ便可能。代引可能。コンビニ受取り可能です。アマゾン専売品のため、【【在庫確実】】
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 12,440
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: カミカン
カートに入れる
¥ 17,480
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: 稲省堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

そして明日の世界より― 初回限定版  [アダルト]

プラットフォーム : Windows Vista
5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 14,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、わくわくほくほく本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 12,440より 中古品の出品:17¥ 6,249より


キャンペーンおよび追加情報

  • 毎週土曜日配信アダルトPCゲームメールマガジン。ランキング、新作情報、人気タイトルのAmazon.co.jp限定商品情報をお届け。 いますぐ登録サンプルはこちら

  • 過去に発売された名作タイトルが復刻・廉価版(Amazon.co.jp限定簡易開封パッケージ(FFP*)仕様)で登場。復刻希望リクエストも随時募集中! いますぐチェック

  • セキュリティ対策を万全に : いま一番売れてるセキュリティソフトいますぐチェック

  • PCソフト定期購入(サブスクリプション):グラフィックソフトやセキュリティソフトの最新版を、使いたい期間だけ使える。1か月から利用可能。 今すぐチェック


動作環境

  • プラットフォーム: Windows Vista
  • メディア: DVD
  • 商品の数量: 1

よく一緒に購入されている商品

  • そして明日の世界より― 初回限定版
  • +
  • G線上の魔王 通常版
総額: ¥21,418
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


製品概要・仕様

動作環境:

  • 対応OS:Windows2000/XP/Vista
  • メデイア:DVD
  • その他:[初回特典]オリジナルサウンドトラックCD未定

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B000VK5A9K
  • 発売日: 2007/11/22
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

四方を海に囲まれたちっぽけな島に住む主人公はいたって平凡な18歳。 幼馴染や親友、転校生の少女達と共に、小さな学園に通い、騒がしくも平穏な日々を過ごしていた・・・そう、あの日までは・・・。「この小惑星は秒速32キロメートルで大気圏に接近・・・地表に衝突します」突然の宣告。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

自分にとって本当に大切なものって何でしょうか
それは繰り返される日常の中で簡単に見つけることができるでしょうか

私は、このなんでもない現実の中でそれに気付けた人はとても幸運だと思います
例えばよく「ありふれた日常が何よりの幸せ」という歌い文句を耳にしますが、
その意味を本当に理解できる人がどれほどいるというのでしょう

この物語において起こる不運・・・星の衝突ですが
これは主人公たちにとっては不運であると同時に幸運でも有り得ます
一見何を言いたいのかわからないかも知れませんが・・・
でもそうなんですよね
本当に大切なもの、自分に偽りの無い気持ちってのは、日常を離れた非日常において
それを失くす直前、若しくは失くしてからでしか気づけないのです
いつもそれと向き合って生きていけたらいいんでしょうけど・・・
何も起きない日々のなかではそれは埋もれてしまうんですね
あるいは自分たちが「大切なものを覆い隠してしまう雑音」が多い日常に流されているという言い方もできます

この主人公達も終わりゆく世界、限られた時間の中で
それぞれの大切なものと向き合い、そして彼らなりの答えを得ることになります
それが日常へ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
舞台の設定と、そっから展開する可能性の物語としては非常に素晴らしいのは確かだよ、うん。
ただ……こいつら、人間じゃないと思う。言い換えれば、役割でしかない。というのも、登場人物一人ひとりが、それぞれの感情を持ち合わせていないように感じた。生きてない。ただただ、割り当てられた、その場で演じるべくを演じてる。そう思えてならない。人間的じゃない。それによって世界を回してる。
「この状況で、こいつはこんな立場で、こいつはこんな動きで……」っていうのを、物語を形作るために決めて駒みたいに扱うのはよくある(とはいっても、生の感情ではないので嫌われてる)ことだけど……少なくとも、エロゲでやっていいこととは思えなかったな。だって、四人から昴に向けられる感情が機械的、義務的になってる。感情移入できないとかじゃない。感情そのものは痛いほど感じられる。なのに、その感情自体が人工物みたいで、物語を機械の基盤とするなら感情がその部品みたいで、どうしても拒みたくなる。感情が「芽生える」でなく「あてはめられる」って感じ。不自然というか。それが気持ち悪い。台詞からもにじみ出てる。
理屈とか、聞いてる分には「ああ、そうだな、なるほど」とは思えるのに。たぶん、感情までもが理屈になってるんだ。
「好き」っていう結果が先行してるというか。好きなのはわかるけど、そこに至る因果の因の部
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
家計、加奈、もしらば、こなかな、こんにゃく、車輪、G線、黒ちゃん、オルタ、keyシリーズ、snow、etc……
泣きゲーの代名詞的な作品は数々ありますし、プレイしてきましたが、一番胸にきて、今でも心に深く刻み込まれているのは多分、この作品です。

ED曲と流れるタイミングが絶妙過ぎるというのも大きな一因ではあるのでしょうが、EDを聞きながら主人公たちの絆を思い描かずにはいられなくさせられるのは、間違いなくそこまでの過程を描いたシナリオの力です。
共通で育んだ友情。個別で築いた愛情。それらをこれでもかと集束させた、グランドフィナーレ。
てっきり隕石チュドーン。俺らの絆は永遠だぜー的な、設定のマニュアルに添った全体的に陳腐なものになるのではないかと危惧していたのだが、クリア後、その後数日に渡って主人公たちの思い出に浸らされるとは思わなかった。

かにしの、こなかなの主人公と比べれば凡人の主人公だが、普通はみんな凡人だ。そして、この主人公は最高の凡人だった。
ヒロインたちも一人一人に食い込んだ形で話が描かれ、だからこそtrueでは滅亡を前にして、今、彼女たちが何を考え、行動しているのかが良く分かった。
だから突飛な物語に現実的な深みを感じられ、心行くまで堪能できたのだろう。
極端な話、自暴
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とても感動的な作品。

終わっていく世界に対する主人公の苦悩、
「日常」を揺るがせまいと奮闘するヒロインたち、
それでも変わってしまう世界。

それぞれの心情が丁寧に描かれていて心動かされること間違い無しです。

ただ、中だるみ感が否めないのが少し問題。
しかしラストはそんなものがどうでも良くなるほど秀逸でした。

やってみて損は絶対にしない作品だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー