比較した機種は各メーカーの主力モデル

ブラザー DCP-J963N-W
今すぐチェック
エプソン EP-808AW
今すぐチェック
キヤノン MG7730BK
今すぐチェック

~本体サイズ比較編~

本体サイズの比較や同梱物、液晶モニター、トレイなどの比較。


まずは外箱の比較

キヤノンとブラザーは縦型の箱、エプソンは横型。

あたりまえだが、箱のサイズはプリンター本体のサイズにより微妙に違う。


箱を空けて、中身を出してみた

本体はビニール袋に入れられていて、発砲スチロールでしっかり固定されていた。

箱から出すときに体勢により腰にくる場合があるので注意しよう。


同梱物のチェック

基本的な内容物は以下の通り。

  1. 取扱い説明書
  2. クイックガイド(スタートガイド)
  3. 使用上の注意事項
  4. セットアップ用インク
  5. セットアップ用CD-ROM
  6. 電源ケーブル(エプソン、キヤノンのみケーブル単体が付属。ブラザーは電源ケーブルが本体に一体化されている。)
  7. メーカー純正写真用紙の試供品(キヤノン、ブラザーのみ)
  8. その他、メーカー独自の案内や便利な使い方などの冊子

スタートガイド、取扱説明書を事前に読んでおこう。また、失くさないように大切に保管を。


本体サイズの比較

本体サイズはエプソンEP-808Aが一目で小さいと分かる。
 
横幅は1.エプソン、2.ブラザー、3.キヤノンの順でコンパクト。
高さは1.エプソン、2.キヤノン、3.ブラザーの順でコンパクト。

キヤノンは、流線形なデザインが特徴的。エプソン・ブラザーは四角い。

横幅は1.エプソン、2.ブラザー、3.キヤノンの順でコンパクト。

奥行きは、エプソン・ブラザーがほぼ同じ。キヤノンがやや大きい。どの機種も背面がフラットになっていて、スペースを有効に活用できそう。

サイズ比較用として、一般的なポールペンと名刺ケースを並べて撮影。エプソンの高さはボールペンの長さとほぼ同じくらい。


液晶モニターの比較

ブラザーとエプソンは、液晶パネル部分の見やすい角度に調節できる。ブラザーは斜め45度くらいが限界だが、エプソンは90度まで可変できる。
キヤノンは、液晶パネル部分の角度調節はできない。液晶部分が本体と完全に一体化されている。
 
液晶モニターの大きさはエプソンが一番大きい。
キヤノンについては、液晶モニターに加え、印刷開始ボタンなどは液晶モニターの横に配置されている。浮かび上がってくるように点灯するアイコンが特徴的。


インクのセットアップを比較

インクの設置はブラザーが一番簡単で、向かって前面右側のフタを空けてセットアップする。
エプソンは、プリンターのフタの部分(コピー・スキャンをする部分)を上に持ち上げるとインクを設定する部分が露出する。
キヤノンは、液晶モニターの部分を開ける形。

尚、インクの色数は以下の通り。

ブラザー:ブラック・イエロー・シアン・マゼンダの4色インク。
エプソン:ブラック・イエロー・シアン・ライトシアン・マゼンダ・ライトマゼンダの6色インク。
キヤノン:ブラック(顔料)、ブラック・イエロー・シアン・マゼンダ・グレーの6色インク。

初期状態ではインクは設定されていないので、同梱のセットアップ用インクを設定しよう。

同梱されているインクには、「スターター」や「セットアップ」と書かれている。

インクセット後はこんな感じ。


トレイを比較

ブラザー、エプソン、キヤノンともに2段トレイ。
上段に、写真用紙、下段にコピー用紙を入れる。

エプソンとキヤノンについては、上段・下段それぞれに用紙を入れておけば、写真印刷・文書印刷どちらでも印刷ができる。
ブラザーは、用紙自体は上段・下段ともにセットしておくことができるが、写真印刷・文書印刷のどちらをするかによって、給紙トレイを手動で切り替える必要がある。

それぞれのトレイには用紙サイズに合わせた印が記載してある。

~実際に印刷してみた編~

印刷の感触や画質、印刷スピード、セットアップ用インクカートリッジで代替どのくらい印刷できるのか等を試してみた。

注意事項:
下記情報につきましては、独自の検証を行った上で掲載しておりますが、情報が変更されている場合、記載に誤りがある場合があります。これらの掲載情報により生じたトラブルや損害等については、Amazonは一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。掲載情報を利用または参考にしていただく際は、お客様の責任においてご利用・参照いただきますようお願いいたします。


セットアップ用インクでの印刷枚数

セットアップ用インクでどれだけ印刷ができるものなのかを試してみた。
※設定は各メーカーとも同じ設定

写真印刷:
メモリーカードダイレクトプリント
写真用紙は各メーカーの純正用紙
標準画質・補正なし設定

文書印刷:
スマートフォンプリント(各メーカーの専用アプリで、PDF文書を印刷)

印刷した写真・文書(カラー)は以下の通り。

写真は人物を2パターン入れた7種類。

文書はカラー印刷。

* 結果(セットアップ用インクカートリッジでの印刷)

全てのインクが完全になくなるまでの検証ではないため、最大の枚数ということではないが、「上記のカラー写真・文書の場合だとこれくらいの枚数」という参考値。

ブラザーのカラー印刷ができなくなった時点(イエローインクのみ空になった)で印刷を中止し、その時点でのインク残量を掲載しています。モノクロドキュメント印刷は可能ですので、下記が印刷可能最大枚数ではありません。ブラザーのプリンターもモノクロ印刷は可能な状態、エプソン・キヤノンについては、インク各色の残量が半分程度残っていた状態です。

印刷してみた実感としては、印刷する内容・色味やどの色が多く使われているか等によりカラー印刷の印刷枚数は変わる、という点。下記結果もあくまで参考程度でとらえることが必要。

ブラザー
写真:上記写真71枚(左上の人物 11枚、海 10枚、気球 10枚、シマウマ 10枚、夕日 10枚、下段の人物 10枚、芝桜 10枚)
文書:上記文書 カラー印刷60枚(2枚×30)

エプソン
写真:上記写真74枚(左上の人物 14枚、海 10枚、気球 10枚、シマウマ 10枚、夕日 10枚、下段の人物 10枚、芝桜 10枚)
文書:上記文書 カラー印刷60枚(2枚×30)

キヤノン
写真:上記写真70枚(左上の人物 10枚、海 10枚、気球 10枚、シマウマ 10枚、夕日 10枚、下段の人物 10枚、芝桜 10枚)
文書:上記文書 カラー印刷60枚(2枚×30)

* 上記印刷枚数時点でのセットアップ用インクカートリッジのインク残量

ブラザーのカラー印刷ができなくなった時点(イエローインクのみ空になった)で印刷を中止し、その時点でのインク残量を掲載しています。モノクロドキュメント印刷は可能ですので、下記が印刷可能最大枚数ではありません。ブラザーのプリンターもモノクロ印刷は可能な状態、エプソン・キヤノンについては、インク各色の残量が半分程度残っていた状態です。

ブラザーのマゼンダ、シアンは残っている。ブラックは残量が多いのでモノクロ印刷はまだまだ可能な状態。エプソン・キヤノンについては、インク各色の残量が半分程度残っていた。


写真印刷速度

写真印刷スピードについての検証。

写真印刷:
メモリーカードダイレクトプリント
写真用紙は各メーカーの純正用紙
標準画質・補正なし設定

計測:
5枚印刷し、印刷開始から1枚目が印刷完了(排紙された)となった時間、5枚目が印刷完了となった時間を計測。
印刷開始はプリンター本体の印刷開始ボタンを押した時点としている。

計測回数:
5回

印刷した写真は以下の人物写真。

子供の写真

写真印刷速度の結果

結果は以下の通り。※小数点以下は四捨五入
各メーカーとも当然ながらバラツキがある。最初の1枚目のプリントが速いのはキヤノン。エプソンは、2枚目以降の印刷が速く、速度が比較的安定している。


文書印刷速度(カラー印刷)

カラー文書印刷スピードの検証。

文書印刷:
・スマートフォンからのダイレクトプリント(各社のアプリ経由)
・PDFファイルの印刷
・端末はiPhone 5s
・用紙はAskul マルチペーパースーパーホワイト、紙厚 約0.09㎜

計測:
6枚(2枚×3部)印刷し、印刷開始から1枚目が印刷完了(排紙された)となった時間、3枚目終了時点、6枚目が印刷完了となった時間の3点を計測。
印刷開始はスマートフォンアプリ上でプリント開始を押した時点。

計測回数:
3回

印刷したものは以下の文書。

カラー文書

カラー文書印刷速度の結果

結果は以下の通り。※小数点以下は四捨五入

エプソンが速い結果となった。

 


文書印刷速度(モノクロ印刷)

モノクロ文書印刷スピードの検証。

文書印刷:
・スマートフォンからのダイレクトプリント(各社のアプリ経由)
・PDFファイルの印刷
・端末はiPhone 5s
・用紙はAskul マルチペーパースーパーホワイト、紙厚 約0.09㎜

計測:
3枚(1枚×3部)印刷し、印刷開始から1枚目が印刷完了(排紙された)となった時間、3枚目終了時点の2点を計測。
印刷開始はスマートフォンアプリ上でプリント開始を押した時点。

計測回数:
3回

印刷したものは以下の文書。こちらをモノクロ印刷した。

モノクロ印刷

モノクロ文書印刷速度の結果

結果は以下の通り。※小数点以下は四捨五入

1枚目はキヤノンが速い。エプソンは2枚目以降が速い。

 

写真画質

印刷した写真の画質を比較してみた。

写真印刷:
メモリーカードダイレクトプリント
写真用紙は各メーカーの純正用紙
画質:きれい
補正:あり
※エプソン:オートファインEX
 
 

人物写真_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


人物写真_2

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


海_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


海_2

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


気球

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


夕日_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


夕日_2

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


食べ物(室内)

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


花_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


花_2

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


花_3

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon


花_4

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からBrother、EPSON、Canonの順。

元の写真

左からBrother、EPSON、Canon