DTS:X特集

まるで映画の中に迷い込んだような没入感をもたらすDTS:X。概念の解説から、DTS:X対応ブルーレイタイトル、DTS:X環境を構築するためのシアター機器を特集。

DTS:X

DTS:Xとは

DTS:XとはDTSの誇るオブジェクトベースの新オーディオコーデックであり、音に包まれる新たな体験を提供するテクノロジーである。

より自然な音

DTS:Xは作品の持つ本来あるべき空間を視聴空間に再現し、より自然な音の再現を行う。

無限に広がる音の体験

お持ちのチャンネル数(スピーカー数)などにとらわれる事無く、音をあるべき場所、あるべき空間に配置し、自然界と同じ音を再現する。

制約のない自由なスピーカー配置

DTS:Xはスピーカーに関して特定の配置を要求せず、ユーザーの現在のセッティングにも対応する。

インタラクティブコントロール

DTS:Xを使えば、オブジェクトごとに自由に音量を上げ下げする事を可能とし、今までにない体験を織りなす。
例えば、今まで聞こえにくかった映画の音声のみ音量を上げ、より聞きやすくすることが可能。

既存ブルーレイでもDTS:Xを疑似体験

アップミックス技術「Neural:X(ニューラルエックス)」で立体音場がスケールアップ

DTS:X対応のAVレシーバーには、既存のコンテンツでも上下方向の成分を割振り立体音場をスケールアップする、アップミックス技術「Neural:X(ニューラルエックス)」が搭載されている。
この技術により、既存のブルーレイソフトでもこれまでのサラウンドでは体感できなかった立体的な音場が楽しめる

このアップミックス効果をより感じていただきやすい作品をピックアップ。