Panasonic Lumix GF7 & 新作レンズ 特集

毎日持ち運びたくなるカメラ~かんたん、キレイに、自分を撮影

Panasonic

毎日持ち運びたくなるカメラ~Lumix GF7

GF7自撮り作例(撮影:片岡三果)

自分撮り機能が充実しただけでなく、毎日持ち歩きたくなる小ささや豊富なレンズが魅力の一台

Panasonicのミラーレス一眼カメラ「DMC-GF7(以下、GF7)」の最大の魅力は、マイクロフォーサーズの持ち味を最大限に生かしたボディの小ささにある。

小型のレンズであれば、本体とレンズをセットにしても、コンパクトカメラに匹敵する大きさ、重さでレンズ交換可能なミラーレス一眼カメラを実現ている。

また、自撮り機能を充実。スマホ+自撮り棒では実現できない画質と画角を提供している。当然、一眼レフカメラなので、Panasonic自慢のレンズ群を用途に合わせて選択可能だ。

本特集では、複数プロによるレビューでGF7の魅力を紹介するとともに、Panasonicの最新レンズとの組み合わせによる世界の広がりや豊富な作例を紹介していく。

小さいのに高機能、自撮り機能が充実したGF7

“LUMIX GF7”

自分撮り機能を大幅に強化

GF7では自撮り機能を大幅に強化。

液晶モニターを反転させて、自撮り時にモニターを確認しながら撮影できるのはもちろん。さらに、体の動きに反応してシャッターを切る機能や、通常と反対側にもシャッターを用意して自撮り時でも右手でシャッターを押しやすくした機能など、数多くの新機能を取り入れている。

フェイスシャッターやフレンドリーシャッターなど、自撮り機能を強化

4枚まで連続撮影可能な「自分撮りシャッター」

・フェイスシャッター
顔・瞳検知機能で検出した顔を手などで隠してもう一度現すとシャッター動作を開始する機能。

・フレンドリーシャッター
検出した2つの顔が一定距離以内に近づくとシャッター動作を開始する機能。これにより、友達と二人で自撮りする際、顔を近づけるだけでシャッターを押すことなく撮影が可能になる。

左右どちらの手でも撮れる「ダブルシャッター」

通常自撮り時は、カメラ正面左側にシャッターがくるため、左手でシャッターを押さなければならなかったが、GF7は自撮り時に右側にある「Fn1」ボタンがシャッターボタンとして機能。右手で簡単にシャッターを切ることができるようになった。

キレイに撮れる「ビューティー機能」

自撮りをより美しくする機能として、肌を美しく見せる「美肌モード」を強化したほか、背景をボカして人物を浮かせる「背景ぼかし」機能、スリムに見せる「スリムモード」などを搭載した。

キッズモード搭載

動き回る子供を簡単に撮れる「キッズモード」搭載

GF7では、子どもの動きに応じてシャッタースピードが速くなり、被写体ブレを抑える「キッズモード」を搭載。前述のようにシャッタースピードが速くなるほか、連写設定になるので、複数枚から気に入った1枚を選ぶことが可能となる。

スマホ連動でジャンプポーズを簡単に撮れる「ジャンプスナップ」

GF7では、スマートフォンに専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすることで、スマートフォンの加速度センサーなどに反応し、ジャンプの最高到達点で自動的に撮影する「ジャンプスナップ」を搭載。一人では撮影の難しいジャンプシーンの撮影を容易にした。

初心者でも安心の「撮影設定リセットボタン」搭載

「設定をあれこれ変えているうちに元に戻れずに途方に暮れる……」、カメラ初心者にありがちなシーンもGF7は安心。本体背面のリセットボタンを押すことで撮影設定を初期設定に戻すことができる機能を搭載。間違って設定したり、設定が気に入らなくてもすぐ元に戻すことが可能だ。

プロレビュー一覧

Panasonic 新製品レンズ

LEICA G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.

ポートレートにおすすめな新作レンズ「LEICA G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.

「大口径で小さいレンズがほしい」「ボケた写真が撮りたい」

という方におすすめしたいのが、F1.7で美しいボケを活かした撮影を楽しめる新作の中望遠レンズ「LEICA G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.」だ。

35mm換算で85mmとなる焦点距離はポートレート撮影に適しており、人物を印象的にとらえられる点が特徴だ。大口径のF1.7ながら、長さ約50mm、重さ約130gと小型軽量を実現。

最短撮影距離は31cmと短いため、テーブルフォトの撮影にも活用できる。240fps駆動の高速AFと光学式手ブレ補正を内蔵することで、手持ち撮影でも手ブレを低減。“大口径ながら小型軽量”というマイクロフォーサーズならではのメリットを享受したレンズだ。

「LEICA G 42.5mm F1.7」の作例


LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.

爆速なマクロレンズ「LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.

「テーブルフォトをもっと綺麗に撮りたい」「料理も撮りたいけど、街中スナップも」

という方におすすめしたいのが、新作マクロレンズ「LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.」だ。

このレンズは、35mm判換算時の焦点距離が60mmとなるマクロレンズ。最短撮影距離は10.5cmで、等倍マクロから風景撮影まで、幅広く使用できる点が特徴だ。マイクロフォーサーズマウントのマクロレンズとしては、35mm判換算60mm前後の画角は初となるという。

使ってみて驚くのは、そのAFの速さ。マクロレンズというと「なかなかピントが合わない/迷う」という印象を持つが、この30mmは驚くほど速く合焦する。

また、開放絞りはF2.8で明るいため、マクロ撮影だけでなく、通常撮影でも美しいボケ味を出すことができる点が特徴だ。また、240fps駆動の高速AFと光学式手ブレ補正機構「MEGA O.I.S.」を内蔵することで、手持ち撮影でも手ブレを低減。ランチ撮影から風景撮影まで、普段使いに適した一本だ。

「LUMIX G MACRO 30mm F2.8」の作例

GF7に合う、そのほかのおすすめレンズ

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH

広角域でおすすめのレンズ「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH

「より広い画角で撮りたい」「良い広角レンズはどれだろう?」

とお悩みの方におすすめしたいのが、広角ズームレンズ「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH」だ。

この7-14mmは、広大な大自然を捉えたり、遠近感を強調したユニークな写真が撮れる対角線画角114度の広角ズームレンズ。交換レンズとして気軽に持ち歩ける小型サイズと高い描写力を両立している点も魅力だ。

非球面レンズ2枚を使用し、ディストーションを徹底的に補正。さらに、ED(特殊低分散)レンズ4枚を贅沢に使い、色にじみやコントラストの低下の原因となる色収差を徹底して抑えた。

広角レンズにも関わらず、撮影可能範囲はズーム全域で撮像面から25cmと短いため、パースペクティブを活かした小物撮りにも使用できる、料理から風景撮影まで使える便利なレンズだ。

「LUMIX G VARIO 7-14mm」の作例


LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

一本で済ませたい人向け~おすすめの高倍率ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

「荷物を減らしたいので一本で済ませたい」「もっと望遠側が欲しい」

という方におすすめしたいのが、望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」だ。

このレンズは「35mm判換算 28-280mm」の高倍率。広角域から280mm相当の望遠域まで一本で撮影可能な点が魅力だ。重さ約265g・全長約75mmと高倍率ズームとしてはかなりの小型軽量化を実現している。

また、望遠時に気になる手ブレ補正も光学式手ブレ補正機能「POWER O.I.S.」を搭載したことで大幅に低減。ワイド端での近接撮影(30cm)、テレ端でのマクロ撮影(最大撮影倍率 0.25倍)に対応しているため、さまざまなシチュエーションに対応できる使い勝手の良い一本だ。

「LUMIX G VARIO 14-140mm」の作例


LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.

600mm相当の超望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.

「超望遠域で飛行機/鳥が撮りたい!」「超望遠の軽いレンズがほしい!」

という方におすすめしたいのが、望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.」だ。

このレンズは「35mm判換算 200-600mm」の超望遠ズームレンズ。600mm相当にも関わらず、全長約126mm、質量約520gの軽量コンパクトを実現した。これは、マイクロフォーサーズだからこそ実現できた点だ。

光学系はEDレンズ1枚を含む12群17枚構成。フォーカシングには独自のインナーフォーカシング方式を採用することで、全域で安定したコントラスト・高解像度が得られ、また、高速コントラストAFへの対応も可能にした。

また、望遠レンズで気になる手ブレ補正も光学式手ブレ補正機能「MEGA O.I.S.」を搭載したことで大幅に低減。手持ちでも撮影可能な600mm相当はそうそう無い。「超望遠域はほしいけど、装備は軽くしたい」に応える一本だ。

「LUMIX G VARIO 100-300mm」の作例