エンジンオイルって何?

エンジンオイルとは、エンジンオイルの五大作用(メリット)、エンジンオイルを交換しないと…ほか。

エンジンオイルとは

エンジンオイルとは、エンジンの『潤滑油』。
人間で言う心臓にあたる『オイルポンプ』から、血液のようにエンジン内で循環をしています。
循環しながら、『摩擦(まさつ)』による摩耗から部品を守っています。
また摩擦抵抗を低くすることで、エンジンの動きもスムーズにしています。
エンジンオイルは、エンジンの健康維持に欠かせない重要なものなのです。

エンジンオイルの五大作用(メリット)

1.「 潤滑 」作用

オイルは金属同士の摩擦や磨耗を減らす作用です。油膜を作ってピストンの滑りをよくさせます。

2.「 密封 」作用

ピストンとシリンダーの間に油膜を作り隙間を防ぎます。ガスがクランクケース内に漏れ、ロスが発生するのを防ぎます。

3.「 冷却 」作用

金属の燃焼や摩擦によって発生する熱を吸収し、その熱を外部に放出させる作用です。焼き付けやオーバーヒートなどを防ぎます。

4.「 清浄分散 」作用

エンジン内部に付着するススやカーボンなどを、オイル中に無害な微粒子の状態で分散させる事でエンジン各部を清浄に保つ作用です。

5.「 防錆・防蝕 」作用

エンジン内部金属部分の錆の発生や、腐食を防止します。

エンジンオイルを交換しないと

1.粘りがなくなる

高温にさらされたりゴミや汚れで粘りがなくなる

2.酸化する

高温になると酸化してしまう

3.汚れる

カーボン・スラッジ・磨耗粉などの不純物が溜まり汚れる

4.量が減る

時間が経過すると蒸発・燃焼し、量が減っていく

エンジンオイルを交換しているエンジンとしていないエンジンの違い

定期的にオイル交換を行っているエンジン内部

30,000kmオイル交換を行ってないエンジン内部

エンジンオイルの賞味期限と消費期限

バッテリーの型番


情報:パルスター株式会社