車のバッテリーガイド

自動車用バッテリー型式の見方、発電制御車対応カーバッテリーの説明ほか。

国産自動車用カーバッテリーの型番

型式の表示は、バッテリー本体の上面に記載があります。

バッテリーの型番


発電制御車対応 高性能バッテリーで燃費に貢献

発電制御システムとは

エコカー(省燃費仕様車)には、「発電制御システム(※1)」が採用されている。走行中のオルタネーターによる発電を、車両の走行状態、バッテリーの充電状態に応じて制御する事により、エンジン負荷を低減し、燃費の向上やCO2削減を図る技術である。 ※1 「充電制御車」等、メーカーによって呼び名が異なる。 2010年度には販売された乗用車中約35%、2012年度には45%が発電制御車になると予測され、今後発売される新車のほとんどに採用される予定。

 

発電制御車の仕組み

オルタネータの作動(発電)によるエンジンへの負荷を制御することにより燃費を向上。発進時などのエンジンへの負担が大きい時や、一定の充電量に達した時には、オルタネータを停止。その間はカーバッテリーからの供給によって電力をまかなう。反対に減速中などは積極的に発電し、カーバッテリーの充電量を回復する。

発電制御車の仕組み


 

発電制御システムの充電方式

発電制御車では、オルタネータの作動・停止に対応するため、頻繁に短時間での充電・大きな放電を繰り返す必要がある。そのため、カーバッテリーは充電量よりも放電量が多くなり、充電不足になりがち。発電制御車には、従来以上に短時間で多くの電力を蓄える充電特性と、オルタネータ停止中の電力を供給できる、充電受入性の高いカーバッテリーが必要不可欠になる。

発電制御システムの充電方式


 

発電制御システム搭載の国産自動車には発電制御車対応カーバッテリー

年々増加しているバッテリートラブル。買い物回りやサンデードライバー等の短時間・短距離走行を繰り返す自動車のカーバッテリーは充電される時間が短いため、充電不足になりがち。発電制御対応バッテリーはそんな方にもぴったり。

発電制御システムの充電方式