この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ZANKI 斬鬼(仮面ライダー響鬼 キャラクターブック外伝) 単行本(ソフトカバー) – 2006/4/16


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 300


キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

出版社からのコメント

「—鬼か?」「鬼だよ」修羅の華、斬鬼。
その生き様の全記録。

今年1月に終了した人気特撮番組『仮面ライダー響鬼』のクライマックスで、壮絶な最後を遂げた関東の鬼<斬鬼>。惜しまれながら散った男の、軌跡を追う。

●撮り下ろしグラビア「ある日のザンキ」●松田賢二ロングインタビュー ●ファンが選ぶ「ザンキ名場面&名セリフ集」●松田賢二が選ぶ「ザンキ名場面&名セリフ集」●スタッフ&共演者が語る「ザンキの横顔」●松田賢二出演作品リスト ●オフショット写真集」・・・他

内容(「BOOK」データベースより)

人気特撮番組『仮面ライダー響鬼』のクライマックスで、壮絶な最期を遂げた関東の鬼“斬鬼”。惜しまれながら散った男の、軌跡を追う。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 84ページ
  • 出版社: 朝日ソノラマ (2006/4/16)
  • ISBN-10: 425703730X
  • ISBN-13: 978-4257037309
  • 発売日: 2006/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 29.6 x 20.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (5件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 638,182位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

20 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 あるき 投稿日 2006/4/17
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
俳優・松田賢二さんの写真集と考える方が正しいようです。

撮り下ろしの写真がとても素敵で、見惚れてしまいました。

一転、オフショットでは、お茶目な素顔も見せてくれたり。

役者としてのコメントが読めるのも良かったです。

『斬鬼』に関する資料的な部分は、もう少し欲しかったですが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 辰巳 投稿日 2006/4/15
形式: 単行本(ソフトカバー)
『仮面ライダー響鬼』の登場人物・ザンキ、そして彼を演じた俳優・松田賢二。

彼ら<2人>は、男も女も老いも若きもみんなをメロメロにする力強さと包容力で、主役をくうほどの活躍を見せてくれました。

そして番組が終了したにも関わらず、そんなメロメロなファンたちをさらにとろかすステキな写真集ができました。写真もインタビューも120%超の充実ぶりで、「作った人たちもファンなんだなぁ」と思わせる愛!を感じます。

ザンキさんが主役じゃないぶん、この本がザンキさんと松田さん、そしてファンの力!の賜物なわけで、こんな幸せな本はなかなかあるもんじゃないなと、ほんわか熱くなりました。お薦めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 suihou トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/10
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
鬼と民俗学的な興味からたまたま見始めた『仮面ライダー響鬼』DVD全12巻。何の先入見もなく普通にヒーロー物として見ていたのですが、登場以来、なぜか気になり、ラストに近づくにつれて、目が離せなくなってしまったのが斬鬼役の松田賢二さん。

ちょこっと出てきただけでも、目が素通りできない。この存在感は何なのか。

それが知りたくて本書を買いました。

『響鬼』の世界と関係のない、松田賢二さんの日常のような写真も撮り下ろしで入っています。意外にお茶目で明るい感じもあり、いろいろな役をきちんと作れる本格派の俳優さんなのだということもわかり、他の映画出演作品にも手をのばしはじめたところです。

しかし『仮面ライダー響鬼』のひとつひとつの話の解説に、松田さんが撮影の裏話やカットされた場面についてコメントしているページ、また監督やプロデューサー、共演者(特に轟鬼の川口さん)ら大勢に丁寧にインタビューした記事などを読むと、『響鬼』の世界が、どんなふうに立体的に立ち上がってきたのか、つまり脚本のストーリーがあり、それに監督が、松田さんにこうやってもらいたい、という意向をつけ、そして松田さん自身のアイデアや工夫がのり、すべてがあいまって立体的に1つの世界ができていったのだと、そのプロセス、経緯が実によくわかりました。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 村松仁子 投稿日 2014/1/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
斬鬼さん!しぶめでカッコよかったです。綺麗な写真で満足しています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 マウス氏 VINE メンバー 投稿日 2006/9/25
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仮面ライダーシリーズを見て、男として鳥肌が立ったこと、
そして涙したことは初めて。惰弱な若者ライダーなぞ不要だ、
と思わせる渾身の一撃を放ってくれました。
その中心は劇中、響鬼さんなのだが、心の中で最後に残っているのは
斬鬼さんだったと確信。
こういう先輩として後輩を指導していきたいと思えるイメージ。
とはいえ、本書はその内幕や素顔のイメージがつづられており、
鬼を身近に感じることができる良書。
響鬼ファンなら必見。
眺めているうちに、松田さんのファンになっている自分に
気がついたりもする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック