Would you like to see this page in English? Click here.

新品を購入

または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
中古品を購入
中古品 - 非常に良い 詳細を見る
価格: ¥ 1,135

または
 
   
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Yessongs
 
その他のイメージを見る
 

Yessongs [CD, Original recording remastered, Import, Live]

イエス CD
5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,369 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
11点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
~おすすめ情報~【輸入盤 どれでも3点で10%OFF】【ALL991円】売れ筋輸入盤セール
各ジャンルの売れ筋輸入盤がALL991円!今すぐチェック。 ポップス | ロック | ハードロック | ソウル・R&B | ヒップホップ | ダンス・エレクトロニカ | ジャズ・フュージョン  ※マーケットプレイスの商品はセール対象外となります。

Amazon の イエス ストア

ミュージック

イエスのアルバムの画像

写真

イエス点の画像

動画

Artist Video
イエスのAmazonアーティストストア
215 点のアルバム、3点の写真、動画や1点のストリーミング用楽曲をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

Yessongs + Close to the Edge(CD+Blu-ray) + Fragile
合計価格: ¥ 4,888

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (1994/9/27)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import, Live
  • レーベル: East/West Records
  • ASIN: B000002J1Y
  • EAN: 0075678268229
  • 他のエディション: CD  |  カセット
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (29件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 21,163位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


ディスク:1
1. Opening (Excerpt From 'Firebird Suite')
2. Siberian Khatru
3. Heart Of The Sunrise
4. Perpetual Change
5. And You And I: A. Cord Of Life/B. Eclipse/C. The Preacher The Teacher/D. The Apocalypse
6. Mood For A Day
7. Excerpts From 'The Six Wives Of Henry VIII'
8. Roundabout
ディスク:2
1. I've Seen All Good People: A. Your Move/B. All Good People
2. Long Distance Runaround-The Fish (Schindleria Praematurus)
3. Close To The Edge: A. The Solid Time Of Change/B. Total Mass Retain/C. I Get Up I Get Down/D. Seasons Of Man
4. Yours Is No Disgrace
5. Starship Trooper: A. Life Seeker/B. Dilillusion/C. Wurm

商品の説明

Amazonレビュー

   ストラヴィンスキーが数小節流れるオープニングから熱心なオーディエンスはすでに大興奮――かつてはLP3枚組だった本作は、イエスが最良の状態にあるときの姿を伝えている。その結果、一躍プログレ・ブームを巻き起こすほど広く一般に親しまれることになった。ここに収められたチューンを聴けばそれもうなずける。

   「Heart of the Sunrise」は、イエスとしてはわりと地味なタイトルをもつ曲といえそうだが(ほかの曲名、たとえば「The Six Wives of Henry VIII」とか「The Fish (Schindleria Praematurus)」、あるいは「Total Mass Retain」と比べてみて頂きたい)、バンドの演奏は最高に熱い。中心となるのは、ジョン・アンダーソンのファルセットかと思うほどに高く伸びる声だ。リック・ウェイクマンの目もくらむばかりに壮大なシンセサイザー・サウンドは、全体のサウンドの基調となっているという以上に、ロジャー・ディーンによる不可思議なカヴァー・アート(CD2枚組となった今回のリイシューでは、そのほとんどが縮小あるいは削除されている)と視覚的に響き合うところが多かった。

   『Yessongs』が発表されたのはマーシャル・スタックス(ギター・アンプ)が全盛だった時代とあって、イエスは過剰なまでのハーモニー&メロディーと考え抜かれた複雑な構成の両立を楽々となしとげた。「Roundabout」は当時のイエスの最大のヒット曲。ここでは原曲に忠実に再現されている。残りは1970年代らしいやり方で――ライト・ショーやら視覚的なステージ演出やらを総動員して――楽しむべき曲だ。

   プログレ・ブームは数年で一段落し、入れ替わりにパンクの影響を受けたアート・ロックが台頭して、時代の流れを建物や食べ物についての歌(トーキング・ヘッズの『More Songs About Buildings and Food』)へと向けさせた。イエスは『Yessongs』でピークを迎えており、それらの歌よりもずっと壮大な内容(シベリアとか黙示録とか)を歌っている。だが、本作が当時を代表する名ライヴ・アルバムのひとつであることに異論はないだろう。1998年のヒップな映画『バッファロー'66』のサウンドトラックに使われたことに象徴されるように、少なくとも1曲のハイ・テンションなイエス・ソング(「Heart of the Sunrise」)は、1990年代につくられたドラマの中でも違和感を感じさせないだけの現代性をもっているのだ。(Andrew Bartlett, Amazon.com)

Product Description


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
14 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 初期YESのライブアルバムの傑作! 2006/6/4
By abjohn VINE メンバー
形式:CD
中学生の時に友人から聴かされて(当然、アナログ)、これまでプログレに抱いていた「暗い」「難解」という偏見が180度変わってしまった思い出のアルバムです。

このアルバムが録音されたのは1972年。すでにキングクリムゾンが圧倒的なパフォーマンスを展開していましたが、立場的には後発のYesがこの傑作の発表によってクリムゾンとはまた違った様式美で一定の地位を築き上げたことは間違いありません。

クリムゾンにはない武器として、美しいコーラス、分かりやすいメロディ、そしてスティーヴ・ハウのあまりに饒舌な超絶ギターの魅力がふんだんに盛り込まれたこのライブアルバムの至宝は、1972年当時としては異様とも思えるLP3枚組。あまりのボリュームの多さに尻込みしてしまったのを覚えています。

ここでYESの魅力を語るのは野暮ですが、彼らはスタジオミュージシャンというより、やはり完璧なライブバンドであるということが、改めて認識できます。

1枚目のラストを飾る「Roundabout」のイントロで響き渡るスティーヴ・ハウのギター。いま聴き直してもワクワクしてきます。
このレビューは参考になりましたか?
43 人中、39人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By Corybant VINE メンバー
形式:CD|Amazon.co.jpで購入済み
 1973年5月リリース
 まぁこれを聴いた時は魂消たね(文字通りタマゲましたよ)。「こわれもの」や「危機」も聴いていたけれど、「スタジオ盤でしょ?じっくり作ったんじゃないのぉ?」なんて呑気なことを言っていた矢先に発売されたのです。当時3枚組みというのは高校2年生の青年には非常に高価な買い物で、シカゴのカーネギーホール4枚組み以来の決死の覚悟だったのです(スカだったら悔しいからね)。

 期待の高まりを抑えられない「火の鳥」の長いオープニングの後、ドッカーンと1曲目が始まってからというもの兄貴と二人でお地蔵さん状態でスピーカーの前に釘付けになってしまった。「これライブ?」等とアホな会話をしつつ、空いた口が塞がらなかった。個人的にはクリス・スクワィァのベースに感激してしまった。当時ポールマッカートニーくらいしか弾いていなかったリッケンバッカーのベースがこんなに凄い音とは思いませんでした。アマバンドを組んで楽器を購入する時期でもあったので、欲しくて堪らなくなりましたが、50歳を越えた今でもまだ買ってません(やっぱ欲しいなぁ)。新加入のアラン・ホワイトが3日位で全曲覚えてツァーに出ていたなんて記事を読むと、生まれつきの才能っちゅうのは羨ましいもんだなぁと感じつつ、「いつか俺だって!」と17歳の青年は熱く自分の将来を夢見たものでした。(?)
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
27 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 もう、これは神がかってます 2005/9/14
形式:CD
30年以上前のハナシですよ。当時、彼らハタチそこそこですよ。まだ現役でやってる彼らもある意味スゴいが、本人たちもわかっているはず。「アレを超えるようなものはできないだろう」と。とくにスゴいのは、アラン・ホワイトが、このツアー直前に脱退したビル・ブラッフォードの代わりとして、半ば脅されるようにしてバンドに入れられた(らしい)が、3日間で全部曲を覚えて演奏したということ。イエスファンのあいだでは今でもブラッフォード支持が根強いが、74年頃、町の図書館でこのライヴ盤を何気なく借りて(!)聴いたが最後ブッ飛び、それからイエスにのめり込んだ私としては、ホワイトの評価がイエスファンのあいだでさえ不当に低いと思っている。
イエス時代のライブ音源の少ないブラッフォード在籍時の貴重な演奏(Perpetual Change, Long Distance - Fish)も収録されているし、他の方が書かれているように、Yours is no disgraceなどライヴならではのアドリブも満載で、初期の曲なのに古臭さを感じさせない。Close to the Edge, And You and I, Roundabout, Heart of the Sunrise ...いちいち語る必要なし。「9012ライブ」も「ハウス・オブ」も「シンフォニック・イエス」もそれなりに良いですよ。でも、生粋のイエスフ
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
29 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD
演奏の内容といい量といい、全盛期のイエスにふさわしい、ライブ盤の傑作。音質やバランスはベストとはいえないがそれでもなお余りある素晴しい内容だ。ラウンドアバウトや燃える朝焼けなどはもとより、パペチュアル・チェンジなどは音に厚みがあって音色が多彩になり、オリジナルよりもいいのではないかとさえ思わせる。ビルブラッフォードのドラムソロも聴けるし。

メンバーのソロパフォーマンスが一曲づつ収録されているが、特にクリス・スクワイアのベースがうなるthe fishや、リックウェイクマンが惜しげもなくテクニックを披露する〜ヘンリ8世と六人の妻より抜粋〜は圧巻である。

yours is no disgraceやI've seen all good peopleなどは、非常にロックらしいノリに仕上がっている。イエスってこんなにライブ栄えするバンドだったのか。これはやはり新ドラマーのアラン・ホワイトによるところが大きい。ハイテンションでエネルギーあふれる快演奏。彼もまた一流のロックドラマーであることはこれを聴いていただければお分かりいただけるだろう。

いろんな意味ですごいのはclose to the edge。賛否両論あるらしいけど、この曲をここまで再現しただけでも拍手を送りたい。

しかし、何度聴いても、starshi
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 超絶テク悶絶
初めてこのアルバムを聴いた時の衝撃を思い出しました。これが、Liveとは信じられません。いつ聴いても、良いものは良いですね。
投稿日: 5か月前 投稿者: へっぽこルアーマン
5つ星のうち 4.0 Best Album のようなアルバムですが完成度はやはりスタジオの方が上
このアルバムをYesのBestと言う人もいますが、私は?です。確かにライブでプログレをこれだけやれるのか、その再現性というかテクニックのレベルの高さには驚かされま... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: HIK
5つ星のうち 5.0 イエスにおける究極のライブアルバム
LPレコードと同じく2枚組み構成となっている。
一枚目では七曲目のリックウェイクマンのソロキーボードが哀愁を漂わせて印象的だ。... 続きを読む
投稿日: 15か月前 投稿者: 谷口鋭樹
5つ星のうち 5.0 当時の、日本公演を思いだします。
中学生の時、同級生と渋谷公会堂に観に行ったことを思い出しました。elpの、後楽園のコンサートを観に行った、友達と同じメンツでした。当時のドラムはアランホワイトです... 続きを読む
投稿日: 16か月前 投稿者: ned
5つ星のうち 5.0 一番おいしいところ
大昔、学生の頃、アルバイトで得たお金を必死に浮かせて購入したYessongs... 続きを読む
投稿日: 19か月前 投稿者: 2010年心の旅
5つ星のうち 5.0 音と詩と魂。それだけ。
1973年リリース。小澤征爾指揮のストラヴィンスキー『火の鳥』が静かに、そして着実に会場を包み込む中メンバーがステージに登場。緊張と期待と興奮が絶頂に達しかけたま... 続きを読む
投稿日: 2012/4/5 投稿者: NNNN
5つ星のうち 5.0 ロングドライブにもってこいの作品。
73年当時はストーンズ、ツエッペリン、パープル,クラプトンなどのファンでYESはそんなにでしたが、なぜか聞きたくてアルバイトでためたお金でおもいきって買った3枚組... 続きを読む
投稿日: 2012/1/16 投稿者: シバゾ-57
5つ星のうち 5.0 人が神になるとき
高校時代の思い出は、、と訊かれるとこのアルバムを聴いたことが一番の体験です。友人の家でレコードこのイエスソングズを聴きいつの間にか夜が白々と明けてゆくのを今でも憶... 続きを読む
投稿日: 2012/1/10 投稿者: テニスおやじ
5つ星のうち 5.0 イエス黄金時代のライヴ盤
73年発表の6作目。長い歴史のあるイエス初のライヴ盤で、全盛期のメンバーによる代表曲オンパレードの豪華盤でもある。3rdから4曲、『こわれもの』から4曲、『危機』... 続きを読む
投稿日: 2011/4/25 投稿者: おバカの国 寿
5つ星のうち 5.0 LPレコードの大きなサイズのロジャー・ディーンのイラストを楽しみながらこのアルバムを聴くというのは格別の『楽しさ』だった
1972年11月から12月(『パーペチュアル・チェンジ』と『遥かなる思い出/ザ・フィッシュ』の2曲のみ2月)録音。1973年5月18日リリース。録音時期の違う2曲... 続きを読む
投稿日: 2010/12/29 投稿者: voodootalk
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xbda1827c)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック