この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

WordPress逆引きデザイン事典[2.X対応] 大型本 – 2008/9/11


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界標準のブログツールであるWordPressの目的別リファレンス。インストールや基本設定、CSSやテンプレートタグを使ったブログのデザイン方法、他のブログからの移行やCMSツールとしての運用管理法、プラグインの活用法まで網羅。勉強中の人でも、現場ですぐ使いたい人でも、知りたいことをすぐに教えてくれる便利な一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高山/一登
1979年生まれ。Webディレクター。Web制作会社コムストラクトで5年間勤務後、2008年4月に株式会社キャンプフォーの設立に参加

大久保/アキラ
1982年生まれ。Webデザイナーとして数社の制作会社を経て、株式会社コムストラクトに勤務3年目

酒井/隆
1976年生まれ。2001年頃からNPO、市民団体、商店街を主な対象にWeb制作を行う。そのつながりで地域イベントの企画運営などにも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 大型本: 328ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2008/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479811667X
  • ISBN-13: 978-4798116679
  • 発売日: 2008/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 17.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 657,028位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

24 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 こだわりの毎日 投稿日 2009/5/6
形式: 大型本
WordPressの仕組み、導入からテンプレートカスタマイズまで、
幅広くまとめられています。

帯には「ボロボロになるまでひかれたい」という作者からの
メッセージも入っており、使えるものを本気で目指したんだな
と感じられます。

私は主にテンプレートタグについての参考にしています。
WordPressのテンプレートタグは非常に多く多岐にわたり、
しかもそれぞれで使える場所や場面が限定されるものが
あります。

そのほとんどをタグの分類、タグの使い方、実行例、標準では
どの部分で使われているのかなどを細かく画像で示して
くれています。
非常に分かりやすいです。

また、タグが使えるバージョンも左上に記してあるのが良いです。

コードと実行例を示すのは普通ですが、その使われている
ブログの状態を画像で示してくれているので理解度が進みます。
また、その使われ方を見て応用例を思いつくこともありました。

WordPress自体の管理や操作方法(投稿やシステム設定など)も
初めての人が使うには必要十分と思われる解説量です。

作者3人
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾンカスタマー 投稿日 2010/9/20
形式: 大型本
ほとんど、逆引きになっていない。
「逆引き」と言う、いかにも手早く・便利な言葉を悪用しているとさえ思われる。

これが逆引きなら、今までのWP本のほとんどが逆引きといえる。

さて、内容だが、いまさらながらのWPのセットアップから、ウィジェットなどの機能説明が2/3を占めている。

逆引きは残り1/3だけで、逆引きしたい項目、内容が薄く、結局ネットを調べることになる。

プラグインの解説も全然ダメ。(ページネーションはプラグイン無くてもできるし・・。)

WPを出筆、編集できるだけの力量を持った人たちが書いているのだろうか?と疑問を持つ。

同じ逆引きでも、MT版は「MTスーパーテクニック クリエイターが身につけておくべき新・100の法則」という非常に素晴らしい逆引き本が出版されているので、是非、「MTスーパーテクニック」を出筆、出版された方々にWP版を出版して欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック