¥ 3,714
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Women, Gender and Fascism... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Women, Gender and Fascism in Europe 1919-45 (英語) ペーパーバック – 2003/8/27


すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 7,074
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,714
¥ 3,137


Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


¥ 3,714 通常配送無料 詳細 一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について 注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。 この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめ買いで割引 対象商品最大5000円OFF「PCソフト」

  • 掲載画像とお届けする商品の表紙が異なる場合があります。ご了承ください。



商品の説明

内容紹介

What attracts women to far-right movements that appear to denigrate their rights?

This question has vexed feminist scholars for decades and has led to many lively debates in the academy. In this context, during the 1980s, the study of women, gender, and fascism in twentieth-century Europe took off, pioneered by historians such as Claudia Koonz and Victoria de Grazia. This volume makes an exciting contribution to the evolving body of work based upon these earlier studies, bringing emerging scholarship on Central and Eastern Europe alongside that of more established Western European historiography on the topic.

Women, Gender and Fascism in Europe, 1919-45 features fourteen essays covering Serbia, Croatia, Yugoslavia, Romania, Hungary, Latvia, and Poland in addition to Germany, Italy, France, Spain, and Britain, and a conclusion that pulls together a European-wide perspective. As a whole, the volume provides a compelling comparative examination of this important topic through current research, literature reviews, and dialogue with existing debates. The essays cast new light on questions such as women's responsibility for the collapse of democracy in interwar Europe, the interaction between the women's movement and the extreme right, and the relationships between conceptions of national identity and gender.

It will be read by undergraduate students of history, politics, sociology and women's studies, as well as by their teachers, and researchers in the field of the extreme right and women's and gender history.

著者について


Kevin Passmore is Lecturer in History at Cardiff University

登録情報

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック