¥ 3,000
  • 参考価格: ¥ 3,473
  • OFF: ¥ 473 (14%)
通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Why Music Moves Us がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Why Music Moves Us (英語) ハードカバー – 2009/4/8


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,000
¥ 3,000 ¥ 2,749

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



上質なアート
「Amazon Fine Art」では、著名なアーティストや新進気鋭のアーティストの絵画、版画、写真、混合メディア、ドローイングをご紹介。 関連商品: 和書 | 洋書 | 雑誌

商品の説明

内容紹介

Music has extraordinary power to move us, but how and why does it affect us? What is going on, emotionally, physically and cognitively when listeners have strong emotional responses to music? This is a highly readable, original and philosophically important book for anyone who has ever been moved by music.

レビュー

'Combining philosophy, psychology, and music history, Why Music Moves Us is a remarkable multidisciplinary achievement. Bicknell offers a fresh take on the emotional power of music by exploring a neglected but vital element of the Romantic aesthetic: the musical sublime'

- Theodore Gracyk, author of Rhythm and Noise and Listening to Popular Music

'For Bicknell, who fully understands music's ability to arouse and represent emotions, music is of moral benefit in educating them' - Times Literary Supplement

'...a more collaborative approach to understanding music...' British Journal of Asthetics

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 165ページ
  • 出版社: Palgrave Macmillan; 2009版 (2009/4/8)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0230209890
  • ISBN-13: 978-0230209893
  • 発売日: 2009/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 13.5 x 2 x 20.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,285,132位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

Amazon.co.jp にはまだカスタマーレビューはありません
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 5つ星のうち HASH(0x8cfe4ce4) 1件のカスタマーレビュー
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 Steve Schwartz - (Amazon.com)
形式: ハードカバー
A professional philosopher tackles a thorny question that has probably occurred to almost every music lover. The deceptively simple title hides a field of land mines. Many a really fine mind has hit them. Bicknell gives a whirlwind tour of thoughts on the subject from the ancient Greeks to the present and, unusual for a philosopher, draws on many disciplines other than her own. She also draws on a wide range of music, classical and pop. However, her relative unfamiliarity with the span of classical music often lets her fall into sloppy speech, simply because she hasn't heard enough. Nevertheless, her lapses are few. For this kind of text, she writes clearly (at least you're not reading Kierkegaard or Kant), but be aware that this is indeed philosophy. The thought is pretty dense. I managed about ten minutes a shot (3 minutes a page) before I had to put the book down for a while and digest. All this is just to say that it won't read as quickly as a Robert Parker. Still, it's a slim book of a little more than 150 pages, and Bicknell illumines many dark corners. She herself admits that her conclusions are provisional, but even her thoughts along the way grip you. I particularly liked her notions of the "social" nature of music and of music as a "cognitive object" as well as a mood-alterer. I wouldn't call this an easy read, but I did enjoy it quite a bit.
このレビューはお役に立ちましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック