この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

Way It Is Import


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 2,474より 中古品の出品:7¥ 164より


Amazon アーティストストア

すべてのミュージック、フルストリーミング用楽曲、写真、動画、バイオグラフィー、ディスカッションなど
.

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


登録情報

  • CD (1991/10/5)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: RCA
  • ASIN: B000002W93
  • EAN: 0078635590425
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 174,062位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


1. BaOn The Western Skyline
2. Every Little Kiss
3. Mandolin Rain
4. The Long Race
5. The Way It Is
6. Down The Road Tonight
7. The Wild Frontier
8. The River Runs Low
9. The Red Plains

商品の説明

Amazonレビュー

Bruce Hornsby is now best known for his stints playing keyboards with the Grateful Dead and for his involvement in such post-Dead projects as the Further Festival. An incomparable keyboard wizard whose skills are widely admired while his albums are consistently underrated, Hornsby's greatest commercial success is slipping rapidly into the past. His 1986 debut, The Way It Is (recorded with his band, the Range) is the high watermark of his career commercially, having sold several million copies and spawned a trio of hit singles, including "Mandolin Rain," "Every Little Kiss," and of course, the No. 1 smash, "The Way It Is." Overall, it's Hornsby's most tuneful album, though not necessarily his most accomplished work. His is a catalog that is long overdue for reevaluation. --Daniel Durchholz

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Mow Henry 投稿日 2009/8/30
形式: CD
今回の紙ジャケット化でボーナストラックの追加よりも喜ばしいことで、アコーディオンを弾くブルース・ホーンズビーが、ぶれて写っているやつです。
音は2006年リマスタリングのものを使用し、封入の解説・歌詞・対訳のブックレットも2006年再発時のものを使用。インナースリーヴも付いています。
ソニー傘下に入ったことで紙ジャケット仕様の価格設定も安くなりました。
ボーナス・トラックは日本盤未発売の[Intersections‾]から2曲収録されていますが、バッハのAria da Capoを導入部にしてThe Way It Isに流れていく演奏はすばらしいです。何故国内盤がでないのでしょう?

余談ですが、2008年にこのアルバムはSHM-CDで発売されています。
2009年春にソニー傘下に入ったので、今後はBlue-spec CDで発売されるはずですので、たぶん唯一通常素材を含む3つのCDを比較できるアルバムになると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 boke VINE メンバー 投稿日 2003/10/9
形式: CD
デビュー前から、ソングライターとして評判を呼んでいたブルース・ホーンズビーのデビュー作。1作目とは思えないハイテンションな演奏。卓越したソングライティングと非の打ち所のない出来になっています。全体的にはカントリーフレバーあふれるロックアルバムなんですが、ピアノのタッチはジャズっぽい。そんな彼らのエッセンスが詰まった1枚。次作はカントリーより。3枚目はロックより。ソロになってからはジャズよりといろいろな方向性を出していますが、このアルバムを聞くとそのすべてが納得できる内容です。このアルバム発売当時、ヒューイ・ルイスといっしょに来日して、今はなき後楽園球場でコンサートを行ったんですが、なんともいなたい格好でアコーディオン弾いてたのが印象的でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 rebel0312 投稿日 2005/6/2
形式: CD
アメリカン・ポピュラー・ミュージックの系譜をたどる上でも重要な作品であると言わざるを得ない大傑作。全編に漂うカントリー・フレイバーがとても心地よく、でもこれまで聴いたことのないサウンドがとても印象的で、かつどこかで聴いたことがあるような感覚を得る不思議なアルバムである。
最大のヒット曲であるM-5の印象が強いので、全編ピアノ曲かと思いきや、実際に聴いてみるとギター中心の曲もあったりして、多彩なアルバムだ。単なるピアニストではなく、総合的ミュージシャンとしてのホーンズビーの実力が遺憾なく発揮されている。また彼のシンガーとしての魅力もかなりのものだ。特にM-8の絶唱は感動的で、必聴ものである。
アメリカン・ロックの行く末を支えるバンドとしての実力は充分にあったのだが、商業的にはこれ以降振るわなかった。結局、ブルース・ホーンズビーはヒット・チャートに現れた最後の「ミュージシャン」だったのだな、と思う。しかし、その才能は多くのアーティストに愛され続けている。この人は本質的には、ミュージシャンズ・ミュージシャンなのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ブルー・ミーニー 投稿日 2005/11/12
形式: CD
 大ヒット・シングル「ザ・ウェイ・イット・イズ」が収録されたデビュー・アルバム。やはりタイトル曲が最もインパクトが強く、ブルース・ホーンズビー独特のピアノはそれだけで魅力的なものがある。この曲があまりにも強烈な為、他の曲が少々かすんでしまうのだが、何度も聴いていくうちにじんわりとはまっていくアルバムで、これがデビュー・アルバムとは思えない完成度の高さに当時、多くのミュージシャンや評論家から絶賛されていたものだ。ピアノのみならず、ブルース・ホーンズビーのボーカルも注目に値するものであり、感情豊かなその歌声は心を揺さぶられるものがある。80年代、あふれかえっていた産業ロック、エレクトリック・ポップとは全く無縁の雰囲気を持ちながら全米NO1を放つ快挙を成し得たのは、楽曲の良さはもちろん、人間味を感じる温かいサウンド、ボーカルが新鮮に若いリスナーの耳にも届いたからだろう。あのデイヴィッド・フォスターもブルース・ホーンズビーを絶賛しており、「どうやったらそんなピアノが弾けるのか?」と聞いたところ、ブルース・ホーンズビーは「とんでもない!君のプレイを手本にしてるんだよ」といったやりとりがあったらしい。笑
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
6 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/5/3
形式: CD
1986年リリース。1年半以上チャート・インし200万枚以上売れるとともにグラミーの最優秀新人を獲得。プロデューサーにヒューイ・ルイスが3曲参加している。
何といっても心に残り続けるのは、ブルース・ホーンズビーの弾くピアノの音だ。ピーター・バラカンはキース・ジャレットに似ていると言っているが僕はそうは思わない。エレピ風に聴こえる音の拾い方も良くて、ブルース・ホーンズビー独自の音である。MTV世代はブルース・ホーンズビーがピアノを弾く姿が焦げ茶っぽい映像と共に脳裏に残ってはいまいか?(●^o^●)
詩はなかなか辛辣である。『The Way It Is』は、『しょうがない、それが現実だ』と訳せる。『しょうがない、それが現実だ』なのは『人生』であり『Segregation(黒人と白人の隔離)』であり『アメリカ公民権法(1964年成立)』のようだが、ブルース・ホーンズビー自身はしょうがないなどと微塵も感じていないのが感じ取れる。
素晴らしいピアノに乗って歌われる辛辣な詩。大好きなアルバムだ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   



フィードバック