この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Walkabout―美しき冒険旅行 単行本 – 2004/7


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,500


キャンペーンおよび追加情報


この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

飛行機事故で大自然の中に放り出された幼い姉弟。大人になるため放浪の旅をしているアボリジニの少年。この三人が出会ったとき、遙かなる旅が始まる。

内容(「MARC」データベースより)

大人への通過儀礼として旅を課せられたアボリジニ部族の少年は、飛行機事故で生き残った少女と弟に出会う。つかの間の擬似家族を形成した3人が、文明社会から隔絶された大自然の中で生き抜いていく。72年角川書店刊の再刊。

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 清流出版 (2004/07)
  • ISBN-10: 4860290887
  • ISBN-13: 978-4860290887
  • 発売日: 2004/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (1 件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,134,322位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ハメット 投稿日 2010/6/14
形式: 単行本
この映画をみたのは20代後半でした。Walkabout(放浪)する姉を演じていたジェニー・アガターのういういしい演技と美しい肢体、オーストラリアの乾いた風景にしばらく身がふるえる思いがしたことをおぼえている。唐突に、キッチンでたたずむ女性があの少女とかさなるラストシーンが得も言われない雰囲気をかもしだしていた。
角川文庫でこの原作を読んだとき、出だしからずいぶん違うなあとしり、そしてラストは文明の近くにたどり着くまででした
再読して、ブッシュボーイの克明な描写が多かったことと、案外はやく悲しい別れがやってきたことに意外なおももちがした。これが実話だと思う読者がいても不思議ではないだろう。(かくいうわたしもはじめ読んだとき、ノンフィクションの読み物だっと思った。)なお、文庫版では、挿絵が数枚いれてありました。
Walkaboutとは映画化されたときにあらためてつけられた書題名です。本作品が1959年に出版されたときは、「Children」だったそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック