中古品:
¥ 6,882
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: リーフレット、説明書あり。DVD3点良好。ケースは少し擦れあるも良好ですよ。この商品はAmazon配送センター が商品を保管し、注文後ただちに梱包・発送を丁寧に行ないますので、安心・安全です。◆配送後のお問い合せもAmazon.co.jpが全面サポート致します!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

WWE リック・フレアー ネイチャーボーイ [DVD]

5つ星のうち 5 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 6,535より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 【最大70%OFF】DVD・ブルーレイ春のセール(2016年5月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リック・フレアー
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2008/09/26
  • 時間: 480 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001B9CMQ4
  • EAN: 4988104049216
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 143,804位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

伝説の王者、リック・フレアーのすべてがここにある! 殿堂入りとともに華々しいキャリアにピリオドを打ったリック・フレアー。 36年間のキャリアを綴ったDVDが3枚組のボリュームで登場! AWAでの下積み時代のエピソードや九死に一生を得た飛行機墜落事故の話など本人のインタビューも交えて紹介。 輝かしいNWA・WCW時代からWWEに至るまでの試合映像はファン必見。若かれしフレアーの姿も満載。 そして何といっても感動的なレッスルマニア24の引退試合はもちろんノーカットでお届け。 特典映像では翌日のRAWで行われた引退セレモニーの模様が。 さらに放送終了後の会場の様子も収録しており、あの人物の登場が見られるのもこのDVDならではの特典! 涙無しでは見られない、まさに永久保存版のDVDだ! 【収録内容】 ◆Disc1◆ 【本編】 リック・フレアーの生い立ちから、WWE引退までを本人のインタビューを交えてドキュメント形式で描く 【特典映像】 本編で収録し切れなかった部分と、リック・フレアーのプロモ映像 ◆Disc2◆ ・NWA王座戦:リック・フレアー vs. ケリー・フォン・エリック (1982.8.24) ・NWA王座戦:リック・フレアー vs. ハーリー・レイス (1983.8.31) ・NWA王座戦:リック・フレアー vs. スティング (1988.3.27) ・NWA王座戦:リック・フレアー vs. テリー・ファンク (1989.7.23)ほか ◆Disc3◆ 【本編】 ・リック・フレアー vs. ”ラウディ”ロディ・パイパー (1991.10.28) ・リック・フレアー vs. リッキー・スティムボード (1994.4.17) ・リック・フレアー vs. トリプルH (タブー・チューズデイ2005) ・リック・フレアー vs. ショーン・マイケルズ (レッスルマニア24) 【特典映像】 ・リック・フレアー引退セレモニー (2008.3.31 RAW) ・リック・フレアー名場面集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

殿堂入りと共に華々しいキャリアにピリオドを打った伝説の王者、リック・フレアーの36年間のキャリアを綴った3枚組DVD。AWAでの下積み時代のエピソードや飛行機事故の話など、その生い立ちからWWE引退までを本人のインタビューを交えて振り返る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 大味なアメリカ人に繊細な日本人のわびさびはわからない? でも、泣いたり、ほんわかした気持ちにしてくれた映画は、ほとんどハリウッド製。二位は能天気イタリア、三位は気取り屋フランス。全盛時、新日本プロレスはショーアップされたアメリカンプロレスや全日本を否定したが、新日本は凋落し、WWEは世界を制した。猪木ほどのカリスマはなかったが、ノアに参加したレスラーは皆三沢を慕い、馬場さんへの恩義で全日本を守った川田も三沢を慕っていた。そしてがんを克服した小橋。プロレス界全体が地盤沈下していく中、一人ノアが輝きを放ったのはその辺に理由があったと思う。
 さて、エンターテイメントであることを公言してはばからないWWE。確かにしょうもない面も多いが、よく見ると、友情とかリスペクトとかが透けて見える試合がちりばめられている。日本に少ない二世、三世レスラー、兄弟レスラーが多いのも、優良な業界の証拠では? かつて、日本マットを席巻したワイルドペガサス、2代目ブラックタイガー、マレンコ兄弟は、スタンハンセンの道を選ぶことなく、主戦場をアメリカに求め、長年の苦難の末、クリスとエディは20周年のレッスルマニア、しかもマジソンスクエアガーデンで頂点に。最後は勝てないクリスと酒やクスリに溺れ自業自得の事故まで起こした人生の落伍者エディにチャンスを与え続けたビンスマクマホンJrは、如何に卑劣な役を演じようと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ネイチャーボーイ リック・フレアーのプロレス人生を、自身のインタビューと当時の映像を交えながら振り返る自伝的作品と、AWA,NWA,WCW,WWE時代の試合、NWA時代のプロモ映像を2枚のDVDにまとめた、計3枚の豪華版。
レッスルマニアでのショーン・マイケルズとの引退試合は勿論、翌日のRAWでのHHH主催“フレアー感謝祭”も収録。RAW放送終了後に、こうゆうイベントにはあまり参加しないアンダーテイカーまで登場して、フレアーの功労を讃えるシーンはオールドファンにはジーンとくるシーンでもあります。
他にも随所にフレアーがいかにアメリカのプロレスラー達にリスペクトされているかが取って解るシーンが散りばめられています。
あとNWA時代のプロモが秀逸です。ブロンドをなびかせ、ティアドロップをかけた、あの懐かしのフレアーがたっぷり。“スリックリック”、“スペースマウンテン”などの名フレーズが度々登場します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何といってもお勧めは生い立ちから引退までをドキュメンタリーとインタビューで構成しているDisc1。

国際プロレスへの初来日時のアウトローズからのイジメのエピソードやSBグラハムに憧れて絞りのTシャツを着ている若きフレアーの姿はみんなが知っているフレアーのイメージから想像出来ないもので楽しめる。

NWA世界王者になってそれ以後はほしいものは何でも手に入れていったかの様に思えるフレアーだけどWCW時代の知られざる苦悩やホーガン引き抜きの裏側、ホーガンとのギャラの比較なんかはファン必見って奴?

WCW時代が一番不遇だったんだろうなぁ・・確かに痩せているもんな。話聞いてると鬱状態だし。

「世界一のレスラー」、「過去最高のレスラー」等など最上級の形容詞をつけられるフレアーだけど今年3月のWMでの引退試合によって世界一幸せなレスラーになったと言ってもいいんじゃないだろうか?
過去の名レスラーは数多くいれどもあそこまで素晴らしい引退試合をしたレスラーはいないんじゃないだろうか?大体レスラーの末路って悲惨なことが多いからね。悲しいことだが・・
比較できる引退試合は?っと考えてみてもA・猪木さんの引退試合くらいしか浮かんでこない。猪木さんの引退試合と比べてみてもプロレス大会として世界一の規模で
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック