¥ 2,786 + ¥ 350 関東への配送料
通常3~5週間以内に発送します。 販売元: Ergodebooks_Ships_From_USA

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Vivid Import, Extra tracks, Original recording remastered

5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,786
通常3~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Ergodebooks_Ships_From_USA が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:3¥ 2,281より 中古品の出品:7¥ 1,025より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Living Colour ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • Vivid
  • +
  • Time's Up
総額: ¥3,882
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/9/3)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Extra tracks, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Sony
  • ASIN: B00006IK2S
  • EAN: 0696998598522
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 214,818位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Cult Of Personality
  2. I Want To Know
  3. Middle Man
  4. Desperate People
  5. Open Letter (To A Landord)
  6. Funny Vibe
  7. Memories Can't Wait
  8. Broken Hearts
  9. Glamour Boys
  10. What's Your Favorite Color?
  11. Which Way To America
  12. Funny Vibe (Funky Vibe Mix( (Bonus Track)
  13. Should I Stay Or Should I Go (bonus Track)
  14. What's Your Favorite Color (LeBlanc Remix) (Bonus Track)
  15. Middle Man (Live) (Bonus Track)
  16. Cult of Personality (Live( (Bonus Track)

商品の説明

Amazonレビュー

Living Colour's exceptional debut is strong all the way through--there simply isn't any weak material on this album. Generally classified as hard rock, Vivid also contains touches of funk and jazz to keep things interesting. Living Colour were also one of the few bands of their time to write politically conscious songs that never sound preachy. They take on politicians ("Cult of Personality"), slumlords ("Open Letter"), modern life ("Desperate People," "Glamour Boys"), and the gap between rich and poor in America ("Which Way to America?"). Outstanding music and lyrics, and Corey Glover's strong singing, make these songs simultaneously entertaining and thought provoking. The 2002 reissue is fleshed out with five bonus tracks, including a live version of "Cult of Personality" and a cover of the Clash's "Should I Stay or Should I Go." --Genevieve Williams


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 全ては10曲目。後半のワウ・ギターが炸裂するパートがカットされている!ボーナス・トラックがいっぱいくっつくのはCD時代だから止むを得ないとしても(それにしても『ビスケット』とだいぶかぶる)、元のアルバムを編集しちゃあいかんでしょうが。それとも本人達の意思なのか?
 なお、もちろんアルバム自体の価値は変わらない。ブラックロック云々とかはどうでもよく、鋭い切れ味の「カルト・オブ・パーソナリティ」、痛快なリフが脳味噌を掻き混ぜる「ミドル・マン」、問答無用の恰好良さの「ファニー・バイブ」。故に「フェイバリット・カラー」の編集は解せん。歴史的名盤は本人達と言えど考えてやってほしい。旧盤なら文句なく星5。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
天才ギタリスト=ヴァーノンリードが在籍していた黒人ロックバンド。ミクスチャーロックですね。疾走感がすごくて、やはり聴いててスリリングですね。特にヴァーノンの切り込んでくるギターが最高です。フリーキーなギターがしびれます。そういうわけでこのアルバムは評価が高いわけです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1曲目が2011年の夏に大ブレイクしたWWEスーパースターCMパンクのテーマ曲です。今聞いても新しい素晴らしく、いつも口ずさんでしまう名曲
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1988年リリース。ミックジャガーにスカウトされてデビュー、またストーンズの前座も経験している。全員が黒人のメンバーで。全員の演奏レベルはかなり高い。後期にはベースにダグウインビッシュが参加してた。
白人優位のヘビーメタル文化に黒人バンドが『ミクスチャーを武器に』なぐりこんできた。カリビアン、フリージャズ、ラップ、ソウル、ファンク、ツェッペリン的ハードロックなどのエレメンツをコマーシャルフォーマットで料理した。一部にはミックジャガーがプロデュースした作品もはいっている。
ギタリストの才人=バーノンリードはフリージャズでも有名な人物でかなりのアルバムに参加したりしてニューヨークアンダーグラウンドシーンの重要人物。ドラムのウイリアムカルホーンもグルー!ビーで重いドラムを叩く。楽曲の完成度も高いが、アルバム全体の統一感もよい。
ミクスチャーと言う黒人の得意技=ジャズ、ファンク、ブルーズが底辺にあるので=を用いて過激にしかけた、ミクスチャーハードロック爆弾
バーノンリードのギタープレーはギタリストなら聴くべきだ。
10点中9点
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はる 投稿日 2007/9/7
形式: CD
こういう音楽は日本人にはぜったい無理と感じさせるほどのDNA満載。超バカテクギターテクニックはベックとは別の世界。パワー。スリリング。ベースもシビれます。とにかくカッコいい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 88年発表の1st。デヴュー当時は、”黒いLED ZEPPELIN”と言われていた。天才ギタリスト、ヴァーノン・リード率いる、黒人4人のミュージシャンが創り上げるサウンドは、ヘヴィ・メタルでもなく、ファンクでもない、まさにジャンル分類不能と言えるもの。もう何百回と聴いているが、今聴いても全く古さを感じないし、むしろ、何回聴いても新鮮である。
 (1)CULT OF PERSONALITY 、(2)MIDDLE MANは、ヘヴィでカッコイイし、黒人ならではのファンキーなギター・ワークが印象的な(6)FUNNY VIBE、(10)WHAT'S YOUR FAVORITE COLOR?、南国チックな(9)GLAMOUR BOYなどがオススメかな。中でも、TALKING HEADSのカヴァーである(7)MEMORIES CAN'T WAITは超クールでカッコイイ。
 この独特のノリとグルーヴは黒人ミュージシャンじゃないと出せないんだよなぁ。その後のアルバムもいいけど、一番バラエティに富んだ楽曲が聴けるのはこのアルバム。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック