この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Violin Concerto Import

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more



キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • オーケストラ: St Luke's Orchestra
  • 指揮: John Adams, Kent Nagano
  • 作曲: John Adams
  • CD (1996/4/2)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Nonesuch
  • ASIN: B000005J3B
  • EAN: 0075597936025
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 509,318位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
14:56
アルバムのみ
2
30
11:30
アルバムのみ
3
30
7:39
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
8:25
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
5:08
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
6:56
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
3:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 

商品の説明

Amazonレビュー

Turned loose on John Adams's surprisingly flexible violin concerto, the team of conductor Kent Nagano and soloist Gidon Kremer do justice to its passionate verve. Nagano leads the London Symphony Orchestra to the point of near-explosion as it approaches Kremer's sluicing take on the work. Kremer hits the right slipping scales and sometimes slashing skids like magic, with the orchestra seeping into the sound and leaping forward for Kremer to chase.

The sound is effusively rich and far distant from Adams's more pronounced studies in repetition and harmonic expansion. The rendition of Shaker Loops here dates from 1983, that is, it's in the hands of the Orchestra of St. Luke's rather than performed by string septet, for which it was premiered in 1978. While some prefer the economy of the smaller-ensemble recordings (particularly the Ensemble Modern's version), this Adams-conducted version has the force of a lurching train. It's dense and overflowing, repeatedly surprising the listener with its Trojan horse-like discovery of small innovations beneath the large-group expansiveness. --Andrew Bartlett

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 前半の「ヴァイオリン協奏曲」ではクレーメル特有のすすり泣くような音色が素晴らしいが、曲の方もアダムズ自身が「ポスト・ミニマリスト」としての自分の作品と本盤解説で語っているように、ミニマリズムから脱して、過去の音楽話法から現代の音楽を作り出そうとして、それに成功した作品である。委嘱団体のひとつがニューヨーク・シティ・バレエ団だっただけあって、音の旋回とリズムも明確な作品である。僕も静かな響きが印象的な第2楽章お薦めだ。(指揮はケント・ナガノ、演奏はロンドン交響楽団。他のレビュアーさんが指摘するほど、そんなにクレーメルに付いていけてないかなあ。。寧ろ、クレーメルを立ててるような印象を僕は持ったけど。)

 後半は自らの代表曲を作曲家自身が振った録音。(演奏はセント・ルークス管弦楽団。)この曲の場合、他の指揮者が振った録音を何枚か聴いたことがあるが、アダムズ指揮の本盤の演奏は少しテンポが速くて小気味良いのが興味深い。

 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
文句なしにいい.Violin Concerto は 2. Chaconne のバックのゆったり流れる(カンパノロジーのような)低音の響きがいい.Shaker Loops はオーケストラ版なので弦の響きが厚みが感じられる.Adams が指揮しているのが貴重だ.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
オーケストラの音色の変化・ダイナミックスがクレーメルに追いついていけない・・・当然だけどね。しかし、貴重な録音なので、持っていた方がいいですよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック