Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
VS!!―正義の味方を倒すには (電撃文庫)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

VS!!―正義の味方を倒すには (電撃文庫) [文庫]

和泉 弐式 , 白羽 奈尾
5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 637 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

VS!!―正義の味方を倒すには (電撃文庫) + VS!!2 ―史上最悪の怪人― (電撃文庫) + VS!!3 ―アルスマグナの戦闘員― (電撃文庫)
合計価格: ¥ 1,955

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

俺は21号。悪の組織の下っ端戦闘員だ。キーって叫びながら、変身ヒーローにアッサリ倒されちゃう、全身黒タイツのアレだよ、アレ。キー。毎度毎度、新たな怪人に率いられ、懲りもせずにヒーローへと挑み、敗北ばかりの日々。ほんと、よくみんな飽きねぇな。というか、ヒーローに勝つなんて、無理に決まってるじゃん。そんなある日、史上最強の怪人“ジャバウォック”が誕生したという噂が流れたのだが、なんとソイツは―。怪人ですら敵わない無敵のヒーローに挑む、雑魚戦闘員の熱血ストーリー。

登録情報

  • 文庫: 323ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/1/7)
  • ISBN-10: 4048861603
  • ISBN-13: 978-4048861601
  • 発売日: 2012/1/7
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6  レビューをすべて見る (16件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 124,769位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
29 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 頑張る人へ 2012/1/7
By PPP
形式:文庫
戦隊モノの戦闘員目線で書かれた作品です。
既存の戦隊モノのルールをできるだけ踏襲しているので
何とかレンジャーを見たことのある人は読みやすいかと思います。

逆に全く見たことのない人には少し説明不足というか
想像が追いつかない所もあるかもしれません。

全体的には帯に書かれていたとおり『熱血アクション!』が売りな感じです。
戦闘員の私生活が見れるのも面白かったですね。
男女入り乱れた話ですが恋愛展開は薄めです。
ニヤニヤできるところは割と沢山ありましたけれどね!

ヒーロー側も悪の組織側もとても魅力的に描かれているため
どっちを応援していいんだかわかりません。

その上お互い真剣に殺しあいます。
超相対的弱者であり使い捨ての戦闘員がメインなせいで
展開が一転二転する戦闘はヒヤヒヤしっぱなしです。

悪の組織であるアルスマグナの動きが会社を彷彿とさせますね。
さながら戦闘員はサラリーマンです。
ラノベですので対象年齢は中高生かと思いますが
社会人の方のほうが共感性は強いかもしれません。

上の言うことは絶対だよなぁ…
なんて生活を送ってる
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
23 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 シビアな世界観 2012/1/10
形式:文庫
あらすじや口絵イラストからコメディ的な悪の戦闘員モノかと思っていたのだが、
読んでみて結構ハードな世界観で驚いた。
同僚である戦闘員は普通に正義の味方に切られて消滅しているし、登場キャラの
四肢が切断されているような描写もあるし。

なので、戦闘員たる主人公が女の子に囲まれてウハウハ展開のまま正義の味方を倒す、
といったものを求めている人には残念ながらその期待には添えない内容になっていると思う。

ただ、そういった先入観を捨てて読めば話の設定やストーリー展開は練られたものであり、
終盤のバトルも主人公が突然未知の力に目覚めて…といったやっつけでは無く、相手を調べ、
自分たちの力を把握し、その上で戦略を練って戦うといったもので、楽しんで読むことができた。
(正義側があそこまで強いと判っているのに悪側は怪人を一体ずつ投入して撃破されていた等、
 細かい突っ込み所はあるが)

しかし…
読んでいる側は当然主人公が属している悪の組織側を応援したいのだが、その組織は作中では
描写はされていないものの一般市民を死傷させている事件も起こしているだろうし、何より主人公たち
戦闘員を組織が使い捨ての道具のように考えているので、なかな
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:文庫
前半は特に盛り上がることもなく、
また日常系の作品かぁ…と嫌な予感がしたが、
中盤からあれよあれよと熱いバトルが展開され作品に引き込まれた。
よもやこんなに熱い作品とは不意打ちでした。

最近のラノベは萌え媚びの内容でテンプレオンパレードの
縮小再生産作品が横行する中、
このような作品が正当な評価を受けていることに安心した。

まだ荒削りな部分はありますが(それでも最近の新人の中では頭ひとつ抜けてる)、
今後の展開への期待を込めて星5で。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By ヤボ夫 トップ500レビュアー
形式:文庫
新人さんの作品、地味目なタイトルと表紙ということで読むのが半年も遅れた事に大反省してます
自分が掃いて捨てられるだけの一山ナンボの負け犬だと思い込んでる貴方
すぐに手にとって読みなさい、目からウロコと涙がボロボロ落ちます

正義の変身ヒーローに「キー!」とか「ヒー!」とか奇声を上げながら数を頼んで押し寄せた揚句
必殺技どころかキックかパンチの一撃で退場するのがお約束の存在「戦闘員」の一人が主人公です
この主人公にはピンチになると目覚めてくれる「真の力」も「封印された禁断の秘技」もありません
あるのは「俺たちはヒーローに勝てる道理なんか無い」という諦めと
仲間内からも「戦闘の度に消極的な戦いで生きて帰ってくる」と侮蔑されながら「生き残る事が勝利なんだ」と開き直る負け犬根だけです

そんな彼が組織の切り札でありながら逃げ出した「史上最強の怪人」と出会い、負け犬根性で覆い隠していた本来の「負けん気」に目覚める前半戦
自分を生み出した組織に「戦闘員は役立たず」と見切られ、「史上最強の怪人」との別れでヒーローに戦闘員の意地を掛けた戦いを挑む事を決意する後半戦
実力差のあり過ぎる相手に面子も何もかも投げ捨てて不格好でも知恵と戦略だけで怪人の手を借りる事無く勝利を追い求める姿に
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 もっと評価されてもいいと思う
戦闘員21号が戦隊ヒーローに本気で勝ちにいく!という設定が秀逸でした。
圧倒的強者に立ち向かう圧倒的弱者の物語です。... 続きを読む
投稿日: 5か月前 投稿者: あいりん
5つ星のうち 4.0 企画がまず面白いね
発想勝ち
設定読んだ時点で読みたい度MAXでした。... 続きを読む
投稿日: 11か月前 投稿者: ユウク
5つ星のうち 2.0 設定は面白そうだったのですが
戦闘員視点での物語ってことで期待したのですが、どうも持て余してる感が拭えません。
以下ネタバレを含んだ感想です... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: 紅蓮かいな
5つ星のうち 5.0 桜ちゃんが可愛かったので5
 最後の集団戦闘シーンのテンポが良くて、中盤以降のシリアスな流れからテンション上がりっぱなしだった。... 続きを読む
投稿日: 18か月前 投稿者: たろう
5つ星のうち 5.0 じつは深淵はテーマがあるのか!?
考えてみると、常に死と隣り合わせの「悪の組織の戦闘員」ってどんな死生観をもっているのだろう?... 続きを読む
投稿日: 23か月前 投稿者: にょんたか!
5つ星のうち 5.0 これは・・・・
この作品は、ヒーロー系に出てくる戦闘員(ニーイチ)が正義のヒーローと戦う(関わる?)話なのですが最近のラノベには余り見られない「熱血感」がある気がします。続きを読む
投稿日: 2012/2/11 投稿者: hayaho
5つ星のうち 5.0 電撃の本気。
最近ライトノベルがどれも同じにしか見えない方。
これはガチです。
投稿日: 2012/2/3 投稿者: Aufu
5つ星のうち 5.0 とにかく熱い!
普段は単発モノっぽい作品は買わない主義なんですが、
宣伝ポップの「戦隊ヒーロー」「戦闘員視点」の言葉に引かれて買ってしまいました。... 続きを読む
投稿日: 2012/2/3 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 4.0 アイディアの勝利か
華やかなヒーローの舞台裏、人知れず戦うヒーローの悲哀、まぁこの辺りは... 続きを読む
投稿日: 2012/2/1 投稿者: オオトリちゃん
5つ星のうち 5.0 丁寧な作りで良いと思う.
今時珍しく硬派な作品.
基本的には少年漫画のノリであるが,悪役視点なので新鮮味はある.... 続きを読む
投稿日: 2012/1/31 投稿者: 志村
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xada738d0)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック