Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
ashurey カートに入れる
¥ 4,980
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
VISITORS(紙ジャケット仕様)
 
イメージを拡大
 

VISITORS(紙ジャケット仕様) [Limited Edition]

佐野元春 CD
5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 4,700 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、ぷんぷいはうすが販売し、Amazon.co.jp が発送します。  返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazon の 佐野元春 ストア

佐野元春のAmazonアーティストストア
すべてのミュージックやディスカッションなど.

キャンペーンおよび追加情報

  • 【限定版/初回版・特典について】Amazonマーケットプレイスの出品者が販売、発送する商品の場合は、出品者のコメントをご確認いただくか、出品者にお問い合わせの上でご注文ください。

  • 【Amazon CD買取サービス】 お手持ちのミュージックCDを、Amazonが買い取ります。買取価格は事前に検索可能。 CD買取サービスを 今すぐチェック

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

VISITORS(紙ジャケット仕様) + Cafe Bohemia + No Damage
合計価格: ¥ 9,614

選択された商品をまとめて購入
  • Cafe Bohemia ¥ 2,493
  • No Damage ¥ 2,421

この商品を買った人はこんな商品も買っています


登録情報

  • CD (2005/12/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 41 分
  • ASIN: B000BNM8GK
  • EAN: 4571191055866
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (27件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 音楽 - 429,303位 (音楽のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


 
1. コンプリケイション・シェイクダウン
2. トゥナイト
3. ワイルド・オン・ザ・ストリート
4. ブルーな日曜の朝
5. 訪問者たち
6. 君を汚したのは誰
7. カム・シャイニング
8. ニューエイジ

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

現地スタッフとのコラボレーションを含めてニューヨークでの生活体験から生まれた作品。ラップ/ヒップホップなど新しいブラック・ミュージックの要素を大胆に取り入れ、言葉とビートを際立たせた内容に。

Album Details

Limited edition Japanese pressing has been remastered and comes in a miniature LP sleeve. Sony. 2005.

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

星4つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
15 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 強烈な原体験 2011/2/11
By きくりん2号 VINE メンバー
形式:CD
「初めての日本語によるヒップホップ・アルバム」という文脈で語られることがすっかり常套句になってしまっている本作。それは確かに正しい捉え方であるのだけれども、そういった音楽的スタイル云々の面よりも、むしろ文字通り衝動にまかせ腹の底からそのままに路上に吐き出したような、圧倒的ボリュームの言葉にこそ、革新性があると思う。

「つかの間の自由をビートにまかせて転がり続けな」
「悲しみの果てに優しくなるほど優雅な気分じゃない」
「オレには危険のシルシが見える君とのコミュニケーション」
(コンプリケイション・シェイクダウン)

「オレを壊してほしいバラバラになるまで オレを壊してほしいめちゃくちゃになるまで」
(ワイルド・オン・ザ・ストリート)

「Come Shining(輝いておいで) Let's make Love tonight(今夜 愛を交そう)
 休みがとれるほどおだやかな世界じゃない」
(カム・シャインニング)

少なくとも、こんな身もフタもない、けれども途方も無くリアルな言葉を吐くアーティストは、それまでの日本のミュージック・シーンには間違いなく皆無だった。当時中学生だった僕は、このアルバムをプレーヤーにセットして一音めが鳴った時の衝撃と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:CD
「SOMEDAY」の大ヒットにより、一躍シーンの兆児となった佐野元春は、
国内の喧騒を離れて単身ニューヨークへと渡る。
当初の観光的な小旅行の予定が、
この世界と自分がどう対峙して生きるのか、という切実な問題に直面する
孤独で過酷な1年以上の長期滞在に変わろうとは、
当の本人でさえ予想していなかった…。

楽天的な観光気分(「TONIGHT」)は、
やがてNYという都市が求める<個人の存在価値>という問題意識に変わってゆく。
それに拍車をかけたのが、
現地で初めて出来た友人の突然のドラッグ死(「SUNDAY MORNING BLUE」)だった。
この街では、結局自分は異端者・訪問者・他者(「VISITORS」)に過ぎないのだろうか…?

アメリカ文化への<憧憬>が、
世界に対する摩擦・違和感という痛みを伴った<自己認識>へと変質し、
だからこそ新しく揺ぎ無い自分を築いていくんだ、というアンセム(「NEW AGE」)
へと覚醒していくドキュメント。

あまりにも早過ぎたヒップホップの導入、
メロディアスであることを放棄したかような徹底したリズム主義、
サビよりもそれに続くリフの方が重要な
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
16 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 佐野元春独特のかっこよさです 2008/6/14
形式:CD
久々に聴いてみたんですが、タイトルになっている曲”Visitors"は佐野元春にしかできない
物凄くかっこいい曲です。この曲今シングルとしてリリースしてみたらどんな反応なんでしょうか?間違いなく似たような曲はないので目立つとは思うんですが。
いやけど かっこいいですねこの曲、もったいない。
このレビューは参考になりましたか?
61 人中、53人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 これは君についての物語だ 2001/11/12
By カスタマー
形式:CD
「走りすぎていくタクシー 西行きのバスのクラクション」「馴れた顔ぶれがダンスの森に集う」「彼女はうつろなマーマレード」佐野元春の豊かなポエトリー表現はまさに先駆的で、彼の音楽をまねたミュージシャンは多いけれど、彼の詩を継承できたアーティストは誰もいないと思う。
都市にあふれる詩情。次々と紡ぎ出される啓発的な言葉の群れ。佐野元春の数あるアルバムの中でも、最も鋭角的なサウンドと歌詞で綴られたこの「VISITORS」は今聴いてもおそろしく刺激的だ。このアルバムに啓発されたのは、ミュージシャンだけでなく、きっと多くの詩人もそうだったに違いない。
僕は佐野元春の音楽によって、言葉というものの魅力、都会の持つ詩情というものを知ることができた。この「VISITORS」はそういう彼の作品の中でも頂点に立つ緊張感と革新性に満ちている。彼の軽快なメロディーにのって流れる言葉の美しさは、どうにも抵抗できないほど魅力的だ。こういう良質で革命的でもあった彼の作品は、確かに多くのフォローワーを生み出し、日本のポップスの方向を決定付けたように思えるが、結局のところ佐野元春自身に匹敵するだけの作品はでてきてないようにも見える。
「VISITORS」は、多分現代の日本文化の核として存在しつづけている、熱いマントルのようなものだ。もう一度たくさんの人がこのアルバムを訪れ、新たな表現の地平を切り開いていってくれたら、素晴らしいと思う。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 生命讃歌1984
たまたま今このアルバムをアナログで聴いてる。

New ageの生命讃歌っぷりがものすごい。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: ステビア・ポカリ
5つ星のうち 5.0 VISITORS 24bit Remastering
1982年、SOMEDAYで勢いをつけツアーも大成功のあと、No Damageを発表し、いきなりニューヨークへ旅立った佐野元春。... 続きを読む
投稿日: 17か月前 投稿者: 吉田寛之
5つ星のうち 5.0 「昔のピンナップはみんな壁からはがして捨ててしまった」。邦楽史で必ず語られるエポックメイキング作品。
佐野元春。その詩人性の高さは今日言うまでもない人ですが、ビートと日本語についての関係性をずっと探り続けていたアーティストですよね。だから今作で用いたラップという表... 続きを読む
投稿日: 2011/3/10 投稿者: うたずき
5つ星のうち 5.0 生涯で最も衝撃の一枚!
初めて聴いたのは、友人からLPを借りた時でした。
その時の友人が言ってました。... 続きを読む
投稿日: 2011/2/25 投稿者: ライハのツボ
5つ星のうち 5.0 佐野元春のブロンド オン ブロンド もしくはブリンギング イット オール バック ホーム
佐野元春さんの長いキャリアの流れ中で最も異色かつ革新的なアルバムです。
佐野元春にとってのブリンギング イット オール バックホーム... 続きを読む
投稿日: 2011/2/1 投稿者: hoboking
5つ星のうち 5.0 祝、30周年記念LIVEに行ってきました!!
かつて、村上龍さんは、佐野さんの「SOMEDAY」しかカラオケで歌わなかったそうです。... 続きを読む
投稿日: 2010/11/11 投稿者: スカーフェイス
5つ星のうち 5.0 ジャンルは「佐野元春」
佐野元春は基本的にかぶれやすい人だと思う。
言い換えればとってもピュアな人だ。... 続きを読む
投稿日: 2010/10/8 投稿者: ぽめろっく
5つ星のうち 5.0 気持ちのいい音・快感を感じる音の宝庫
... 続きを読む
投稿日: 2010/5/6 投稿者: noveltyhunter
5つ星のうち 5.0 今聴いても、《新しい》です。
日本で初めて、《アルバム単位》でヒップホップに挑戦したのは、《佐野元春》氏のこのアルバムだと思います。今のヒップホップの、いわゆる《韻を踏む》のとは違うやり方で、... 続きを読む
投稿日: 2009/8/30 投稿者: 新谷広規
5つ星のうち 5.0 佐野元春、異色の大傑作
1983年、単身渡米しその後発売された4枚目のアルバムです。
ヒップホップ、ラップに影響された曲もあるのですが、全体的にみると... 続きを読む
投稿日: 2009/8/23 投稿者: pztbh14
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック